生涯学習ブログ

学び直し、リカレント教育がテーマの菅野敦也のブログです。

そば団子の作り方。 和風おやつ(甘味)のレシピ

ブログネタ
『 レシピmomo 』 に参加中!
そばだんごの作り方を画像で紹介するページ
そば団子の完成

日本食文化(和食)のユネスコ無形文化遺産登録に際し、その歓びを、和のおやつで表現 ^^。

第一弾として、そば団子で参ります!


材料 3-4人分 】  ( 完成まで約30分 )

そばだんごの材料
・そば粉 70g ・もち粉 50g
・きび糖 5g

・熱湯 70cc
・つぶ餡 お好みで


そばだんごの作り方 】

1.ボウルに、手粉(そば粉)20g を入れておきます。

2.別のボウルに、そば粉 50g ・もち粉・きび糖を入れて菜箸(さいばし)でかき混ぜ、熱湯を数回に分けて注ぎ、そぼろ状になるまで かき混ぜます。


3.タネ(2.)を手で軽くこね、ひとまとまりになったら手粉のボウルに移し、均一になるまで手でこねます。

4.タネ(3.)を直径 3cm ほどの棒状に伸ばし、スケイパーで適当に切り、それを丸めて指先で平らにつぶし、団子のカタチに整えます。

5.たっぷり目のお湯を沸かして そば団子を入れ、団子が浮いてから2分ほど茹でて水に放し、器に盛りつけ つぶ餡など好みの甘味を添えて出来上がり。


チェックポイント

そば粉だけではタネが まとまりにくいので、もち粉を加えています。 つぶ餡のほか、きな粉や みたらし餡をかけるなど、お好み色々楽しんで!


編集後記

無形文化遺産の登録により、和食はもとより和の甘味や日本酒など、様々な日本の食べ物や飲み物が世界の注目を集めそう。嬉しいですネヽ(=´▽`=)ノ


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > そば団子 > つぶあん > リンク
Copyright (C) 2005-2014 SunVerdir. All Rights Reserved.

つぶあん(小倉餡)の作り方。 餡子のレシピ

ブログネタ
【 レシピmomo 】 に参加中!
粒餡(つぶあん)の作り方を画像で紹介するページ

あんころ餅のような 餡子餅の完成
世界の注目集める日本の食文化。 次のブームは、伝統受け継ぐ和菓子、餡子(あんこ)かも!?

先賢の智恵の賜物に、感謝を添えて作ります。


【 材料 あずき300g分 】  ( 完成まで半日ほど )

つぶ餡(小倉餡)の材料
・小豆(大納言) 300g

・グラニュー糖 450g ・塩 少々


【 餡子(あんこ)の作り方 】

1.小豆の4倍の水を鍋に入れ、ひと晩、小豆を浸します。

2.鍋(1.)を強火で熱し、沸騰したら茹でこぼし(ザルにあけ)、あらたに小豆の4倍の水を鍋に入れ、小豆を戻します。

3.鍋(2.)を強火で熱し、沸騰したら茹でこぼし(2回目)、あらたに小豆の4倍の水を鍋に入れ、小豆を戻します。

4.鍋(3.)を強火で熱し、沸騰したら茹でこぼし(3回目)、小豆の頭がかぶる程度の水を鍋に入れ、小豆を戻します。

5.鍋(4.)を弱火にかけ、水が減らないよう差し水をしながら、小豆が軟らかくなるまで、30分ほど煮ます。

(これを布巾でこし、絞り汁に砂糖を加えてじっくり煮詰めると、こし餡づくりのコースに入ります)

6.砂糖を2-3回に分けて鍋(5.)に加え、中火にかけて完全に煮溶かし(目安は5分ほど)火を止め、3時間ほど置いて冷まします。

7.鍋(6.)の小豆をザルにあけ、煮汁のみを鍋に戻し、かきまぜながら半量になるまで、中火で煮詰めます(目安は20分)。

8.鍋(7.)に塩を加え、小豆を戻して中火にかけ、粒をつぶさない程度にへらで練って(目安は15分)出来上がり。


【 チェックポイント 】

砂糖を入れてからは焦げやすいので、しっかりヘラでかき混ぜます。 餡子を餡玉(あんだま)にして、冷凍保存すると便利です。


【 編集後記 】

つぶあんが完成したら、1. おしるこ 2. どらやき 3. お饅頭 など、あんこを使った和菓子レシピも、宜しければ。 ゆう


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > つぶ餡子 > 柏餅 > リンク
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ