生涯学習ブログ

学び直し、リカレント教育がテーマの菅野敦也のブログです。

餃子

パクチー餃子の作り方。 香菜(コリアンダー)のレシピ

ブログネタ
『 レシピmomo 』 に参加中!
エスニック餃子の作り方を画像で紹介するページ

パクチー(香菜)餃子の完成
パクチー生産屈指の名産地。岡山のパクチー(岡パク)を使った香菜(シャンツァイ)餃子。

パクチーの風味よく、おいしくできました !!


【 材料 30個分 】  ( 完成まで約1時間 )

香菜(パクチー)餃子の材料・豚ひき肉 150g ・キャベツ 1/8玉(180g程度) ・パクチー 3枝(15g程度) ・パクチーの根 1本

・餃子の皮 30枚 ・大阪王将など(お気に入りの)餃子の素 適宜 ・ゴマ油 大さじ1 ・サラダ油 ・好みの餃子のタレ
( ※ 餃子の素を使わない本格餃子はコチラ


【 パクチー餃子の作り方 】

1.みじん切りしたパクチーの根を、キツネ色になるまでゴマ油でゆっくり炒め、冷ましておきます。

2.キャベツ・パクチーはみじん切りにして、軽く水気を切り、水分量を適度に整えておきます。

3.ボウルに、ひき肉・餃子の素を入れて粘りが出るまで手で練り、根(1.)・キャベツ・パクチー(2.)を入れて混ぜ合わせ、10分ほど冷蔵庫で馴染ませタネの完成。

4.タネ(3.)を餃子の皮で包み、サラダ油をひいたフライパンに並べて中火で熱し、餃子の1/3の高さまで熱湯を注ぎ、フタをして4分ほど蒸し焼きにします。

5.フタを開け(残っている湯は捨て)て油を足し、ほどよい焼き目がついたら出来上がり。


【 チェックポイント 】

焼き立てはパクチーの香りが強く、冷めると香りは落ち着き風味の良い餃子になるので、パクチー通にはアツアツ & 生パク添えをオススメします〜(=^・^=)追パクv


【 編集後記 】

このたび使ったのは、JA岡山さんの直売所で購入した岡山のパクチー。 岡山パクチームの Facebookページ “ 岡パク ” も、ご覧くださいませ〜 ^^ノシ


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > 香菜餃子 > 焼き餃子 > リンク
Copyright (C) 2005-2013 SunVerdir. All Rights Reserved.

餃子の作り方。 焼きギョウザのレシピ

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!
焼きギョーザの作り方を画像で紹介するページ

餃子の完成
餃子の皮のもっちり感。 ほわっと染み出る、野菜と肉のジューシーな旨味。 ピリッと醤油だれ。

白いご飯も、ビールも団らんも、大盛りに!?


【 材料 24個分 】  ( 完成まで約1時間 )

ギョーザの材料・豚挽肉 150g ・市販の餃子の皮 ・玉ネギ 1/4個 ・キャベツの葉 2枚 ・長ネギ 1/4本 ・ニラ 1/4束 ・ニンニク 1片 ・ショウガ 1片 ・ごま油 大さじ3

・塩 ・コショウ 少々 ・醤油 大さじ1.5 ・オイスターソース 大さじ1 ・紹興酒 大さじ1 ・中華だしの素 小さじ1 ・ラード 大さじ1

(餃子のタレ) ・醤油 ・中華黒酢 ・ラー油 お好みで


【 ギョーザの作り方 】

1.玉ネギ・キャベツ・長ネギ・ニラは みじん切り、ニンニク・ショウガを、おろします。

2.ビニール袋に挽肉を入れ、白っぽくなるまで練ります。

3.ニンニク・ショウガ・ごま油 大さじ1 を入れて練り、塩・コショウを入れて練り、醤油・オイスターソース・紹興酒・中華だしの素を加えて、さらに練ります。

4.次に、玉ネギ・ラードを入れて練り、キャベツ・長ネギ・ニラを入れ、さっくり練り込み、10分ほど冷蔵庫で休ませます。

5.タネ(4.)を、餃子の皮の中央に載せ、皮のフチに水をつけ、端から たぐってヒダを付け、餃子の形に包みます(中国より伝わる金運招く縁起の良い形)。

6.ごま油 大さじ2 をひいたフライパンを強火で熱し、餃子を並べ(フタをしないで)底に軽く焼き目がつく頃(目安は2分)、熱湯 50佞鴆子のまわりに流し入れます。

7.フタをして弱火に落とし、水分がなくなるまで(目安は8分)蒸し焼きし、フタを開け、底にこんがり焼き目をつけて(目安は2分)出来上がり。


【 チェックポイント 】

ハネ(餃子の底のパリッとした薄皮)をつけるときは、蒸し焼き後に、水溶き片栗粉 大さじ1 を回し入れ、こんがり焼きます。


【 編集後記 】

人気の餃子は、種類も豊富。 焼き餃子をベースに、蒸し餃子、揚げ餃子、水餃子、スープ餃子など、応用してみては。 ゆう


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > 焼き餃子 > 水餃子 > リンク
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

水餃子の作り方。 ギョーザのレシピ

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!
水ギョウザの作り方を画像で紹介するページ

水餃子の完成
ビールとギョーザ、ギョウザでライス、ラーメン餃子と、引っ張りだこのギョーザを「水餃子」に仕上げます。

そんな餃子は、野菜たっぷりのバランス栄養食。


【 材料 20個分 】  ( 完成まで約1時間 )

水餃子の材料・豚挽肉 400g ・水餃子の皮 ・ニラ 1/2束 ・長ネギ 1/2本 ・ショウガ 1片 ・ゴマ油 大さじ2

・塩 小さじ1強 ・コショウ 少々 ・砂糖 小さじ1 ・顆粒中華だし 小さじ1 ・醤油 大さじ1 ・オイスターソース 大さじ1 ・水に溶いた鶏ガラスープ 50奸 Ε蕁璽 大さじ2

【 水餃子のタレの材料 】

(1) ・中華黒酢 大さじ2 ・針ショウガ 適宜 ・ラー油 少々  (2) ・ニンニク 1/2片 ・エシャロット 1/2個 又は長ネギ 1/4本 ・麻辣醤(マーラージャン)又は豆板醤 小さじ1 ・甜面醤 大さじ1 ・醤油 ・水 少々 ・ゴマ油


【 水ギョーザの作り方 】

1.ニラ・長ネギ・ショウガを、みじん切りにします。

2.ビニール袋に、挽肉・ショウガ・ゴマ油を入れ、白っぽくなるまで練ります。

3.塩・コショウ・砂糖・中華ダシを加えて練り、さらに、醤油・オイスターソース・鶏ガラスープを加えて練ります。

4.最後に、ニラ・長ネギ・ラードを入れ、さっくり練り込んだら、10分ほど冷蔵庫で休ませます。

5.タネ(4.)を餃子の皮の中央に載せ、皮のフチに水をつけ、半月形に包みます。

6.餃子(5.)を折り曲げ、左右両端のミミを重ね、水で貼り合わせます(中国より伝わる金運招く縁起の良い形)。

7.たっぷり目のお湯を沸かす間に、2種類のタレを作ります。 (1)は、材料を混ぜるだけ。

(2)は、ゴマ油でニンニク・エシャロットを焦がさないよう低温で炒め、麻辣醤・甜面醤・醤油・水を混ぜて仕上げます。

8.沸騰したタップリのお湯にギョウザを入れ、再び沸騰をはじめたら、カップ1杯の差し水をして、6-7分ほど茹でて出来上がり。


【 チェックポイント 】

しゃぶしゃぶ同様、2種類のタレで異なる味わいを。 麻辣醤(マーラージャン)は、ラーメン、パスタなど、辛党をうならせる薬味です。


【 編集後記 】

具材は、カニ、エビ、ホタテと、海鮮を加えて風味良く。 水餃子は、湯豆腐など鍋の食材に、うってつけ。 便利なレシピです。 ゆう


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > 水餃子 > シューマイ > リンク
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ