生涯学習ブログ

学び直し、リカレント教育がテーマの菅野敦也のブログです。

鍋料理

芋煮(いもに)の作り方。 里芋の郷土料理のレシピ

ブログネタ
『 レシピmomo 』 に参加中!
里芋煮の作り方を画像で紹介するページ

里芋煮(さといもに)の完成
巣ごもりライフの醍醐味は、おうちごはん。 旬の食材、里芋を使って、おうち芋煮会をはじめます。

ワイワイ楽しくお芋をつつきましょ〜。


【 材料 2-3人分 】  ( 完成まで約1時間 )

芋煮(いもに)の材料里芋 400g ・牛うす切り肉 150g ・玉コンニャク 130g ・ゴボウ 1/2本 ・シメジ 1株 ・白ネギ 1/2本

・水 600cc ・だし醤油 適宜 ・砂糖 大さじ2 ・酒 大さじ1 ・(お好みで)うどん 1-2玉


【 里芋煮の作り方 】

1.ゴボウはささがき、シメジは石づきを取り小房に分け、ネギは斜めうす切りにします。

2.皮をむいた里芋を水から茹で、煮立ったら茹でこぼし、軽く水洗いし、コンニャクは下茹でしておきます。

3.鍋に水を入れ、うどんのかけだしの濃さを目安に だし醤油を加え、砂糖・酒を入れます。

4.鍋(3.)に、里芋・コンニャク・ゴボウ・シメジを入れて中火で熱し、煮立ったら弱火に落としフタをして、15分ほど煮ます。

5.里芋が柔らかくなったら牛肉・ネギを入れ、ひと煮立ちしたら火を止め出来上がり。


【 チェックポイント 】

鍋に残った汁に、うどん玉を入れて食べるのが、芋煮会のオーソドックスな楽しみ方とのこと。 七味や柚子こしょうで風味を添えて!!


【 編集後記 】

農産物直売所が増えているお陰で野菜の選択肢が増え、野菜のレシピも増加中。 これからの季節、温野菜のレシピに力を入れようと思います^^


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > 里芋煮 > 肉じゃが > リンク
Copyright (C) 2005-2010 SunVerdir. All Rights Reserved.

鍋焼き饂飩(うどん)の作り方。 定番お鍋のレシピ

ブログネタ
『 レシピmomo 』 に参加中!
鍋焼きうどんの作り方を画像で紹介するページ

鍋焼き饂飩(うどん)の完成
鍋焼きうどん……。 そう聞こえただけでワクワクするのは、なぜ? 温ったまるから? もちろん。

具だくさん!? OH いぇ〜す We Love it !


【 材料 1人分 】  ( 完成まで約30分 )

鍋焼き饂飩(うどん)の材料
・うどん 1玉 ・うどんだし 1パック ・卵 1個

・天ぷら ・カマボコ ・シイタケ ・エノキ ・三つ葉 ・黄ニラ ・長ネギ ・刻み柚子 ・七味


【 鍋焼き饂飩(うどん)の作り方 】

1.カマボコは薄切り、シイタケは飾り切り、エノキ・三つ葉・黄ニラはざく切り、長ネギは斜め切りにします。

2.土鍋に、うどんつゆを張り うどん玉を入れ、シイタケ・エノキ・三つ葉・長ネギ・刻み柚子を並べます。

3.土鍋(2.)を中火で熱し、煮立ったら天ぷらをのせて卵を割り入れフタをして、2-3分煮込んで火を止め黄ニラを散らして出来上がり。


【 チェックポイント 】

鍋のまま給仕するので、具材を綺麗に並べて見栄えよく仕上げます。 味わいを深め、色彩を楽しむ野菜として、今回は黄ニラを入れました。


【 編集後記 】

鍋焼きうどんの魅力は奥深く。 具の旨味が相互に調和し、織り成す深い味わい。 個別のお鍋でいただく、独占欲を満たしてくれる感覚も!?


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > 鍋焼き > 生姜饂飩 > リンク
Copyright (C) 2005-2010 SunVerdir. All Rights Reserved.

“桃太郎トマトおでん”の作り方。 鍋料理のレシピ

ブログネタ
『 レシピmomo 』 に参加中!
トマトおでんの作り方を画像で紹介するページ

トマトおでんの完成
グルタミン酸(旨味成分)が豊富なトマトを、おでんタネにするならば、美味しいのは、当たり前。

おでんの人気者として、話題を呼びそう!?


【 材料 2人分 】  ( 完成まで約1時間 )

桃太郎トマトおでん鍋の材料・トマト(中玉) 2個 ・黄ニラ 少々 ・大根 10cmくらい ・ゆでタコ 少々 ・ゆで卵 2個

・厚揚げ 2個 ・ちくわ 2個 ・平天 2枚 ・ゴボ天 2個 ・コーン天 2枚 ・昆布 3個

・水 1000cc ・だし醤油 適宜 ・みりん 大さじ1 ・砂糖 大さじ2 ・へぎゆず 5片 ・米 ひとつまみ ・塩昆布 ひとつまみ


【 トマトおでん鍋の作り方 】

1.トマトは、湯むきしておきます。

2.ざく切りにした黄ニラを、器に入れておきます。

3.大根を3等分に輪切りして皮をむき、面取りをして隠し包丁を入れ、水と米の入った鍋で20分ほど茹でます。

4.厚揚げ・平天・ゴボ天・コーン天を軽く湯通しして、油を落としておきます。

5.鍋に、水・だし醤油・みりん・砂糖・へぎゆず・昆布を入れて中火で熱し、大根・ゆでタコ・ゆで卵・厚揚げ・ちくわ・平天・ゴボ天・コーン天を入れ、弱火で18分ほど煮ます。

6.鍋(5.)にトマトを入れ、2-3分ほど煮て温まったら火を止めます。

7.黄ニラの入った器(2.)にトマトのみを入れてツユを張り、塩昆布をのせて、トマトおでんの完成。 残りのタネを別の器に盛り付け、おでんの出来上がり。


【 チェックポイント 】

トマトおでんは単独の料理として、別の器に盛りました。 黄ニラは香りと食感を活かすため、鍋に入れず、ツユの余熱で仕上げています。


【 編集後記 】

煮崩れしにくい桃太郎トマトを使って前回は“トマト鍋”を、今回は“トマトおでん鍋”を作りました。 材料のトマトは、岡山県産 桃太郎トマト。


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > トマトおでん > おでん > リンク
Copyright (C) 2005-2009 SunVerdir. All Rights Reserved.

葱鮪鍋(ねぎまなべ)の作り方。 メカジキのレシピ

ブログネタ
『 レシピmomo 』 に参加中!
メカジキのネギマ鍋の作り方を画像で紹介するページ

葱鮪鍋(ねぎまなべ)の完成
ねぎま鍋の起源は、余り物の鮪のトロを鍋にした、江戸時代の庶民の知恵にあるそうな(Wikipedia)。

庶民の食材メカジキで、ねぎま鍋を作ります。


【 材料 2-3人分 】  ( 完成まで約30分 )

ねぎま鍋(ネギマ)の材料・メカジキ 200g ・白ネギ 2本 ・セリ 1束 ・舞茸 1株 ・豆腐 小1パック

・だし 600cc ・酒 60cc ・醤油 60cc ・みりん 60cc ・豆板醤 小さじ1 ・柚子こしょう ・粉山椒 ・そば等


【 ねぎま鍋の作り方 】

1.メカジキは太目の拍子木に切り、ネギは4cmくらいのぶつ切りに、セリはざく切りにします。

2.舞茸は手でほぐし、豆腐をやっこにしておきます。

3.鍋に、だし・酒・醤油・みりん・豆板醤を入れて中火で熱し、ひと煮立ちしたら、ネギ(1.)を入れます。

4.鍋(3.)に、メカジキ・豆腐・舞茸・セリの順に入れ、5分ほど煮て、出来上がり。


【 チェックポイント 】

お好みにより、柚子こしょうや粉山椒を添えて風味良く。 ねぎま鍋のツユは濃い目なので、締めには、蕎麦が合うようです。


【 編集後記 】

本マグロの価格高騰に伴い、我が家の食卓にメカジキが、頻繁に登場することに。 ざっくり半値の感覚ですものね(苦笑)。


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > ねぎま鍋 > 寄せ鍋 > リンク
Copyright (C) 2005-2009 SunVerdir. All Rights Reserved.

未来の食、新たな責任の時代と、鍋ほかWeb。

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
リスクコミュニケーションほか備忘録のページ

湯豆腐の完成
「 食の安全・安心おかやま 」

2009年1月20日(火)、リスクコミュニケーション in 紀文&岡山県環境保健センターに参加。

この日は、米国 第44代 オバマ大統領が誕生した記念の日。 就任時刻、正午の1分後にホームページを更新、と報じられていた(驚)。 国民との対話にブログやビデオ、メール配信等、インターネットを最大限に駆使する方針と続けられ。

さて、蟲文食品 岡山総社工場より環保センターを目指すバスの車窓に、山緑を眺め、グリーン・ニューデールを想う。 「大きくも小さくもない、賢い政府を創る」とする大統領に呼応し、グリーンカラーとしての貢献を思索していた。

環境に優しい、新たな責任の時代に相応しい、公正な判断力を習得しておこう。 そんな考えから、リスクコミュニケーターに応募する。 参加者の一行は、視察の最中、休む間もなく質問をする、意識の高い人の集まりだった。

行政、企業、住民の情報共有により、信頼関係が築かれる。

[ 農林水産省チャネル maffchannel ( YouTube利活用による農林水産省のページ ) ― 食料の未来を確かなものにするために ― ]


信頼が深まる新時代のWebサイトに教わること、山の如し。 無名だったオバマ氏を、大統領に導いた、コミュニケーション・ツールとも。

鍋ほか推進プロジェクト バナー
「 新たな時代のWebプロジェクト 」

只今、“鍋ほか推進プロジェクト”に名を連ね。
 
日本の広報にも、変革の波が訪れる。 こと、農林水産省のYouTube利活用が素晴らしい。 そこに貢献したく、エントリー。 鍋料理の普及活動で、地産地消、家族団らん、健康増進、エコも促進しよう、という内容。

新たな責任の時代、Webが担う役割は、高まるばかり。

サンベルディエールは、Web利活用による地域活性化を目指す、“Webニューデール政策”を提唱し、ホワイトでもブルーでもない、環境と農林水産業の グリーンカラー としての働き方を、岡山より提案して参ります。 Yes, We Can!!

Change 改革は、You ではなく、We 私たちが実現するのだから。


もっと岡山!!|1. 岡山の自然2. 岡山の歴史3. 岡山の文化4. 岡山の産業


【 編集後記 】

シンク・ビッグ、ドリーム・ビッグなど、オバマ大統領の未来を見据えた、魅力的な語録が続々と( ChangeDotGov 大統領のYouTubeチャネル )。


ホーム > サイトマップ > 食のコラム > リスクコミュニケーター > 鍋特集
Copyright (C) 2005-2009 SunVerdir. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ