生涯学習ブログ

学び直し、リカレント教育がテーマの菅野敦也のブログです。

観蓮節

造化の妙と邂逅と、岡山の先生。 @ 観蓮節 2008.7.20

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
造化の妙と多生(たしょう)の縁を記録するページ

後楽園 観蓮節の、即非蓮(そくひれん) 2008.7.20「 茶席にて、先達に学ぶことしきり 」

画像は2008年7月20日、朝の4時よりハスの開花が観賞できる、観蓮節(かんれんせつ) の1ショット。

日曜未明に起き出し、そそくさと家を出る。 月あかりに照らされ、恒例行事の早朝開門めがけ、岡山後楽園に馳せ参じ。

夜明け前の静寂、入園後も幻想的な情景を求めて歩は急ぐ。 さて相方は、当日限定の点心(お弁当)が気になり、歩を急ぐ。

蓮の開花と造化の妙に心酔し、まもなく陽は昇る。

そうして特設の点心売り場にて、ひょんなことから 茶券・点心セット券 を譲り受け。 旨し点心を堪能した後、はじめての茶席へと。

( ※ 一般的に造化とは、神々により創造されし天地万物、自然のこと。 タイトルにみせる妙は、人智をはるかに超えた霊妙の略称 )

[ ↓ YouTubeで観賞する千葉公園の大賀ハス。 右上の写真は、観蓮節にて展示のハス、即非蓮(そくひれん)。 注) 音が出ます ]


( ※ 邂逅(かいこう)の意は一般的に、思いがけない偶然の出会い。 事象すべてを必然と捉える筆者は、善い巡り合いと咀嚼し、記述した )

旭川(岡山市)にて詠まれた御製歌の碑 2008.7.20「 茶会にて、他生のご縁 」

(画像は2008年7月20(日)、岡山後楽園 南門を出て左、まもなくの地点にある御製歌の石碑)

扇子も袱紗(ふくさ)も、楊枝も懐紙さえ持たず、あるのは茶券のみ。 そんなうつけの私の隣には、親切な御仁が座していた。

まさに、一樹の陰一河の流れも他生の縁(前世のご縁を意図する成句。 出展として、平家物語、説法明眼論(円通述)が有名)。

茶会の中でその後で、親しみ込めた挨拶を受けるその方は、小学校にて40年、教鞭を執られた高邁な岡山の先生だったのだ。

師の目に私は、茶席に迷い込んだ やんちゃ坊主に映ったと思われる。 手のかかる子ゆえ、可愛がってくれたと、ひたすら感謝。

< 御製 > きしちかく 烏城(うじょう)そびえて 旭川 ながれゆたかに 春たけむとす (昭和42年、陛下のお詠みになられた御製歌)

その後、先生想い出の御製歌碑に謁見することに。 この日は観蓮節より茶会へ転ずる必然の、人生の先達との邂逅がありました。


『もっと♪岡山』|1. 岡山の自然2. 岡山の歴史3. 岡山の文化4. 岡山の産業


【 編集後記 】

よわい80に達するM先生の、毅然とした教えの理念が教育界を覆う暗雲を、吹き飛ばしてくれた気がします。 末長く宜しくお願い致します
 

ホーム岡山紀行>邂逅>観蓮節08岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山後楽園 「茶つみ祭(ちゃつみまつり)」 2007.5.20

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!
後楽園の季節の行事を紹介するページ

茶つみ祭
画像は 2007年5月19日(日)

岡山後楽園で催された「茶つみ祭(ちゃつみまつり)」の様子(茶つみ祭は「お田植え祭」と並ぶ後楽園の二大農事祭)。

300年を超す後楽園の歴史のなかで粛々と、歴代藩主のノドを潤す茶葉を育んだ茶畑に、今年も収穫の時期が訪れました。

岡山後楽園の「茶畑」 後ろの土手山と調和する風景が美しく

茶つみ踊り
収穫祝う嬉しさに、時代を遡る楽しさも。

画像の「茶つみ踊り」を披露してくれたのは、美作(みまさか)市海田(かいだ)の娘さんたち。

後楽園の野点(のだて)
そんな自然の風物詩にあわせて、野点(のだて)も催され。

やわらかな陽の光を頂く茶摘みと茶会。

野遊びとは、それが殿さまの遊び方。

野点傘の朱色が美しく緑とマッチする、はるか昔に洗練されたその光景。

茶摘みは楽し
野点の上品な淑女の雰囲気と、振り返れば陽に輝く茶畑と。

その茶葉を摘むのが元気な娘さん。 勤しむ茶摘みと優しいそよ風。

心の充足が、まもなく空腹を誘い出す。

後楽園の茶つみ弁当「お庭そだち」
画像は後楽園特産品ブランド『お庭そだち』を冠する、茶つみ祭限定の「茶つみ弁当」。

後楽園の茶葉を使って炊き上げた茶飯のおむすび。 おかずもしっかり添えられ350円。

とってもおいしゅうございました(嬉)。

ゆるり、食後の散歩へと。

茶畑を奥に進む「千入の森(ちしおのもり)」を、抜けて色づく梅林へ。

紅白魅せた梅の木の、次は青い梅の実も。

引き返す桜林に、赤く染まったサクランボ。

茶つみ娘さん
茶畑へ舞い戻ると、新緑に浮かぶ茶摘みの娘さん。

紺がすりの着物に眩しい黄色と赤だすき。 手甲脚絆(てっこうきゃはん)と姉さんかぶり。

新緑がとても美しく「自然って本当にイイですね」と、どこからともなく聞こえた気がします。 

さて、日曜日の岡山市内はイベントだらけ。

画像は「おひさまアートバザール2」。

後楽園の帰り道、アーティストが一堂に会する岡山の芸術市場が面白く、すっかり長居することに。

旭川のほとり「石山公園」の日曜日を取り巻く熱気。 手工芸とパフォーマンスの楽しい時間はいくらあっても足りません。

さらにイベントのハシゴへと。

画像は毎月第3日曜日 開催「オランダ通り祭り」の路地風景。

ベンチャーズ流れるライブゾーンに露店が並ぶ賑やかなオランダ通り。

岡山のイベントは最高潮。 そんな熱気を冷まそうとしたのか、水道管が外れる冠水ハプニングもありました。

記憶に残る凄い一日(茶摘み祭と岡山のイベントをご紹介)。


『もっと♪岡山』|1.岡山の自然2.岡山の歴史3.岡山の文化4.岡山の産業


【編集後記】
観蓮節(かんれんせつ)に向け
庭園内の蓮の葉はスクスクと成長中。

蓮の開花を観賞する岡山後楽園の行事「観蓮節(かんれんせつ)」は2007年7月15日(日)。

午前4時の開園がこれまた楽しみ。


ホームサイトマップ後楽園アルバム>茶つみ>ホタル鑑賞会岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山後楽園「花葉(かよう)の池」の小瀧 2007.5.7

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!
後楽園の庭園美を紹介するページ

特別名勝 岡山後楽園の「沢の池」
画像は日本三名園 特別名勝 岡山後楽園の沢の池(さわのいけ)より唯心山(ゆいしんざん)越しに撮影したもの。

唯心山は池田継政公の時代に築かれた約6mの小山。

立体的景観を愉しむ先人の叡智。

植え込まれたツツジやサツキの紅白、鮮やかなキリシマツツジが咲き終え、左手に見える清楚な白を楽しむところ。

「花葉の池(かようのいけ」の立て札
画像は平成18年 観蓮節(かんれんせつ)に撮影したもの。

その唯心山より右手にパーンして見えてくる、こんもり茂る森。

そこに位置する「花葉(かよう)の池」を目指して歩を進め。

「花葉(かよう)の池」の小瀧

花葉の池の小瀧
庭園を美しく演出する曲水(きょくすい)の、

石組みされた小瀧を巧みに潤す眺めにウットリしてみたり。

これも「わびさび」に違いない。 わびさびの語源は侘びと寂び、そんな趣も……。

花葉の池の小滝
平安時代の遊宴、曲水の宴(きょくすいのえん)を想わせる、

そんな懐古感も漂って。

知るはずのない宴を疑似体験させる、時間を遡るような不思議な空間。

花葉の池と能舞台「栄唱の間(えいしょうのま)」
モノでなく、お金で買えるものでなく、ただそこに佇むだけで得られる満足感。

いわば心の充足感。

わびさびの概念に合致するかは別として、日本の美意識がここにある。

今風に言うならば、心和むヒーリングスポットという表現も。

大立石(おおだていし)の立て札
先の画像、池をまたぐ橋の中央左で観光客が足を止め、

眺めているのは「大立石(おおだていし)」。

巨大な花崗岩を90数個に割った後、運んで組み直したという記述。

花葉の池「大立石(おおだていし)」
石の目を削って隙間を作り、材木を差し込み水につけ、膨張させて割っていたそうな。

大型重機などない時代、先達が絞った知恵に力を合わせ、築かれた庭園。

今日も感嘆を与える先賢に、自ずと頭が垂れる次第です。

2007年7月15日(日)の観蓮節(かんれんせつ)に向け、蓮はスクスク成長中。


『もっと♪岡山』|1.岡山の自然2.岡山の歴史3.岡山の文化4.岡山の産業


【編集後記】

後楽園の茶畑 2007.5.7の様子
後楽園の茶畑の、緑に輝く茶葉と森。

収穫待たれる「茶つみ祭」は2007年5月20日(日)。 茶つみ踊りなど、これまた楽しみ。


ホームサイトマップ後楽園アルバム>花葉の池>お茶処岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ