生涯学習ブログ

学び直し、リカレント教育がテーマの菅野敦也のブログです。

神戸

岡山〜神戸 日帰りバスの旅 リンクする街

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!
岡山から神戸を散策する日帰りバス旅行記の3ページ

神戸朝日ビル(旧 神戸証券取引所)
画像は2007年9月8日(土) 17時前

ルイ・ヴィトン、エルメス、グッチなど、ブランドショップが集う旧居留地のファッション街 北端にそびえる神戸朝日ビル。

建築家 渡辺節氏が設計した神戸証券取引所(1934年築)の外壁を高層ビルとマッチングさせた見事なデザイン。

地階はシネマコンプレックス(複合映画館)「シネ・リーブル神戸」。

宮城道雄先生 生誕の地 岡山市&神戸市の芸術リンク発見♪

世界的筝曲家 生誕の地
画像は筝曲家 宮城道雄(明治27年-昭和31年)先生 生誕の地の顕彰碑

新春に清清しさを添える筝曲「春の海」。

師は8歳で視力を失うも その才能を開花させ、作曲・新楽器開発など多彩な音楽活動に傾注。

フランス人ヴァイオリニスト ルネ・シュメーとセッションを行い、世界的評価を得た昭和4年発表の名曲が「春の海」。

日本のお正月は春の海ではじまる、そんなキャッチもありそう。 先賢の功績を称える「宮城道雄記念館」は東京都新宿区。 

Ikuta road(いくたロード)から望む 神戸朝日ビル
画像は生田ロードにて振り返り見た神戸朝日ビル

都会の高層ビル裏で宮城翁 生誕の碑と出会い、後で調べて分かったこと。

随筆「雨の念仏」など文筆家の評価も高い宮城道雄氏は、岡山が輩出した文豪 内田百寮萓犬反突Г任△辰燭箸いο叩

岡山駅ホームに望郷の想いを垣間見る名作「阿房列車」の百間先生を通じ、岡山と神戸の歴史的リンクを只今発見。

さらに神戸に親しみを覚えたり……。

ミント神戸(通称 ミントビル)
そんな楽しい日帰りバス旅行の発車時刻は近づいて(画像は三宮バスターミナルを懐に納めた ミント神戸)。

いくたロードを山に向かって駆け込む先は、パン・洋菓子の神戸の人気店「イスズベーカリー」さん。

さくっとパンを仕入れてバスへと急ぐ。 ガード下商店街を三宮駅へとグングン、目指すはミントビル。


画像はミント神戸の1階、三宮バスターミナル

ラッキーな7番ホームで待ち合わせているのは、岡電エクスプレス神戸の岡山行き。

ウルトラマリンのようなコバルトブルーのバス。 あたかも美しい瀬戸内の海を今、越えて来たかのような鮮明な青。

そうして大阪に住んだ頃、憧れ歩いた神戸の街に別れを告げ、愛する岡山へと発車オーライ(岡山〜神戸 日帰りバス旅行の徒然に)。


『もっと♪岡山』|1.岡山の自然2.岡山の歴史3.岡山の文化4.岡山の産業


【編集後記】

岡山〜神戸間はバス回数券使用で片道ナント1,630円。 ステキな街同士をリンクする高速バスも、これまた素適♪  
 

ホームサイトマップおいでんせぇ岡山>神戸>神戸岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山〜神戸 日帰りバスの旅◆〇櫃軍 南京町

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!
岡山から神戸を散策する日帰りバス旅行記の2ページ

ラ・ルーチェ前のベロタクシー
画像は2007年9月8日(土) 15時前

「太陽の動きにつれ、変化する光りは愛のシャワー」と謳う

神戸元町商店街のアーチ「ラ・ルーチェ」は、世界的ガラス造形作家 三浦啓子氏の作品

その前に停車する1台のベロタクシー(VEROTAXI)。 そう少し前、横浜 山下公園前で初めて見かけた自転車のようなそれ。

ベロタクシーは港町がお気に入りらしい……。

神戸中華街「南京町広場」 日本三大中華街の神戸といえば 南京町

神戸南京町広場
画像は神戸のオアシス 南京町広場。

120年前、兵庫港開港の年に誕生したと言われる活気ある商店街。

街のキャッチは「南京町はいつだって、神戸のオアシスだ」と、とっても元気。

そんな広場に干支の石像12体がお目見えしたのは平成元年(1989年)。

しかも十二支+13番目にパンダ像があるというトリビア的 面白話がネット上を賑やかしているから是非、ご検索のほど(笑)。

元祖 豚饅頭のお店
画像は通称 ぶたまん、日本の豚まん(肉まん)スタイルを確立した元祖 豚饅頭の老祥記さん。

入社まもない20年前、東京のバイヤー先輩諸氏とともに立ち寄って以来のお付き合い。

時代の流れと風情の変化はあれども、変わらないのが豚まんの旨さと並ぶ人の列。 やっぱり今日も長蛇の列(凄)。

曹家包子館(ソウケ パオツーカン)
大勢のファンを集める人気店の向かい側。

確かイタリアンかフレンチのレストラン跡に、老祥記の新店舗「曹家包子館(そうけ ぱおつーかん)」がオープン!?

何でも椎茸豚肉包という、しいたけ入り豚まんで もてなすそうな。 さりとて浮気心をグッとこらえて老舗の列へ。

天津包子(ケンチンパオツー)♪
パカッと裂いた豚饅頭に覗く、溢れんばかりの肉汁。 ほおばるにはアツ過ぎる、しかし待ちきれず。

この旨さの秘密は、醤油で味付けしたネギを混ぜ込んだ豚バラ肉のミンチの香ばしさと、麹で発酵させた秘伝の皮の風味。

もっちり硬い独特の食感、肉汁が織り成すハーモニー…。

その味を幾時間、書き綴って何ページ、お伝えするは至難の業。 〜岡山より神戸中華街に遊ぶ 南京町の食べ歩記〜

『もっと♪岡山』|1.岡山の自然2.岡山の歴史3.岡山の文化4.岡山の産業


【編集後記】

一味唐辛子をふった醤油で頂く絶品豚まんで お腹パンパン(喜)。 従い、南京町の必食スポット 民生 さんは次回のお楽しみ♪
 

ホームサイトマップおいでんせぇ岡山>神戸◆神戸岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山〜神戸 日帰りバスの旅 ,┐戮辰気麥江

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!
岡山から神戸を散策する日帰りバス旅行記の1ページ

神戸ポートピアホテルを望む ポートアイランド南公園
画像は2007年9月8日(土) 11時前

岡山発 岡電バスの終着点、ポートピア'81会場跡地 ポートアイランド南公園より撮影した神戸ポートピアホテル

船をイメージしたオーバル(楕円)の外観と、

フランス リヨンの三ツ星レストラン「アラン・シャペル」国外唯一の支店を有すという国内屈指のエグゼクティブホテル。

到着早々 館内見学をさせて頂き、南公園〜UCCコーヒー博物館〜JR新神戸駅(同ホテル 送迎バスにて)へと散策開始。


画像は新神戸駅より三宮へゆるりと下ったフラワー通り左折スグの「丸高中華そば」神戸二ノ宮店。

和歌山ラーメンは「井出商店」を堪能してから、確か1年ぶり。

「岡山から神戸にのぼって何で、和歌山ラーメンなん?」 そんな自問する間はなく、店舗奥のカウンターへと足早に。

「焼飯セットとライスセット、ゆで玉子2つにアト餃子…」 前日、元祖 和歌山ラーメンが神戸に!?と聞いた瞬間の即決だった。

物心ついた頃からのラーメン通に 堪えられない美味がアリ(嬉)。 先の候補「欧風料理 もん(オンマウス2枚目の画像)」は次のお楽しみ。

福の神「えびす様」総本社(西宮市)
さて、この旅の本題は、えべっさん詣(画像はゑびす宮総本社 西宮神社の表大前)。

大きな鯛を釣り上げる七福神のえびす像は日本各地でみられ、その書き方も 夷・戎・蛭子・恵比須・恵比寿など、多種多様。

海(水辺)の神様として裾野を広げた えびす神信仰も今日、商売繁盛の福の神として祭られるのが一般的であるようです。

その総本社が西宮えべっさん(関西方言)。

えびす宮総本社の表大門 ニッコリ笑顔で参拝したい えびす様

旧居留地 十五番館(旧 米国領事館)
画像はCafe de Kobe旧居留地十五番館

神戸旧居留地

日頃の報恩感謝を無事に終え、舞い戻りたる旧居留地(神戸市街)まで。

旧居留地とは1858年(安政5年)、江戸幕府の鎖国政策の終焉により開放(開港)した外国人のための特別区(横浜港湾風情)。

日米修好通商条約の締結以降、神戸旧居留地は歴史を紡ぎはじめ、西洋文化の開花から独特の文化を今もなお醸成中。

お洒落な神戸のファッション・ストリート
画像は異国情緒漂う旧居留地のブティックゾーンに華々しく、淑やかに溶け込む ルイ・ヴィトン神戸店。

港町を闊歩するお洒落さんが“粋”を楽しむファッションストリート。 とっても都会的で走る車もカッコイイ(憧)。

そんな芸術的進化を続ける街の左側(画像)にご注目!

街全体が美術館 ミュージアム構想
建設工事区域を間仕切る洗練された防護壁。

書かれていたのは「文化の象徴としてここにその姿を印した…」と記すアートなメッセージ。

その中、さらなる驚きは「旧居留地ミュージアム構想」。 衝撃を受けたキーワードが「デザイン・コントロール」。

それにより、街を丸ごとミュージアム・ゾーンとして再生しよう!との構想の狙いは、世代や国境を越えた文化の発信。

どおりで、目につくフェンスもハイセンス。 「街全体が美術館」とキャッチするイマジネーションは脱帽モノ。

岡山カルチャーゾーン が誇らしく重なって…)

神戸では、C. A. P.(The Conference on Art and art Projects)ハウス が元気に街づくりを進めています。


そうして政令指定都市を目指し伸びゆく岡山の、街づくりに学ぶヒントが山ほどに(感謝)。 〜神戸市街 旧居留地散策より〜

『もっと♪岡山』|1.岡山の自然2.岡山の歴史3.岡山の文化4.岡山の産業


【編集後記】

名水百選 宮水の珈琲店
お目当ての一服どころは 環境省の名水百選 「宮水」を使った 神戸にしむら珈琲店

「宮水発祥の地」の石碑は えびす神社の西宮市。 薫る神戸のカフェと酒 えべっさん参拝にて なお旨し。 水のご縁が面白く
 

ホームサイトマップおいでんせぇ岡山>神戸 神戸岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ