生涯学習ブログ

学び直し、リカレント教育がテーマの菅野敦也のブログです。

煮豚

ゆで豚の味噌漬けの作り方。 もろみ味噌のレシピ

ブログネタ
『 レシピmomo 』 に参加中!
茹で豚もろみ漬けの作り方を画像で紹介するページ

茹で豚の味噌漬けの完成
ちょっぴり時間はかかるけど、調理工程はいたってシンプルな、茹で豚の味噌(もろみ)漬けを作ります。

味噌と豚肉の、好相性を楽しむレシピです ノシ


【 材料 2人分 】  ( 完成まで半日〜3日 )

ゆで豚もろみ漬けの材料・豚ももブロック肉 300g
もろみ味噌 100g ・酒粕 15g ・ミリン 大さじ2

・水 適量 ・酒 大さじ2 ・ネギの青い部分 1本分 ・生姜スライス 2枚 ・セージの葉 3枚 ・黒コショウ(ホール) 6粒


【 茹で豚みそ漬けの作り方 】

1.豚肉を鍋に入れ、肉の頭がかぶる程度に水を注ぎ、酒・ネギ・生姜スライス・セージの葉・黒コショウを入れて中火で熱し、煮立ったら弱火に落とします。

2.湯が減った分だけ水を足しながら1時間ほど茹で、火を止めフタをして放置し、人肌に冷めたら肉を取り出します。

( 茹で汁を使って作る、玉子スープをオススメいたします ^^ )

3.器に、もろみ味噌・酒粕・ミリンを入れて混ぜ合わせ、肉(2.)の全面に塗りつけラップで包み、さらにホイルで包み、冷蔵庫で(最低5時間から 2-3日)漬け込みます。

4.肉(3.)の繊維を断ち切るように薄く切り、皿に盛り付け、白髪ネギや柚子コショウなどを添えて出来あがり。


【 チェックポイント 】

茹でる際、湯を入れすぎると豚肉が踊り形がくずれ、少ないと湯面から出た部分が硬くなるので程よい量で茹で始め、湯が減ったら水を足しましょう。


【 編集後記 】

豚肉料理の人気上昇を感ずる今日この頃。 ボジョレー・ヌヴォーを意識して、豚肉のオードブルをイメージした盛り付けに徹しました〜♪


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > 茹で豚 > 煮豚 > リンク
Copyright (C) 2005-2011 SunVerdir. All Rights Reserved.

煮豚(にぶた)の作り方。 チャーシュー丼のレシピ

ブログネタ
『 レシピmomo 』 に参加中!
煮豚の作り方を画像で紹介するページ

煮豚(チャーシュー)の完成
煮豚と焼豚、チャーシュー(叉焼)と聞けば、どちら? 本来は、焼き豚を指すそうです。

ご興味のある方は、叉焼(Wikipedia)にて。


【 材料 2-4人分 】  ( 完成まで約2時間 )

煮豚(にぶた)の材料・豚肩ロース、豚バラ肉ブロック(1本約250g×2を使用) ・長ネギ 1/2本 ・しょうがスライス 3枚 ・水 200cc

・酒 100cc ・みりん 100cc ・醤油 130cc ・はちみつ 80g


【 煮豚、チャーシュー丼の作り方 】

1.鍋に、豚肉・ぶつ切りした長ネギ・しょうがスライス・水・酒・みりん・醤油・はちみつを入れます。

2.鍋(1.)を中火で沸かし(煮立ってアクが出たら取り除き)、フタをして弱火に落とし、1時間半ほど煮込みます。

3.煮込みの途中で水が減ったら適量の水を加え、肉が軟らかくなったのを確認して火を止め、そのまま冷まします。

4.豚肉(3.)を厚めに切り、お好みの野菜と一緒に器に盛り付け、煮豚の完成。

5.ご飯に、海苔・煮豚・刻みネギ・ワサビをのせ、ゴマを振り、チャーシューどんの完成です。


【 チェックポイント 】

冷えて固まった煮汁(残ったタレ)の脂を取り除き、密閉容器に入れて冷蔵庫で保存しておき、次の煮豚作りや、料理の調味料として使います。


【 編集後記 】

goo辞書でチャーシュー(叉焼)を調べてみたところ、豚肉を〜天火で焼いたもの。 〜焼き豚。 と記されておりました。 なるほどっ。


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > 煮豚 > 豚角煮 > リンク
Copyright (C) 2005-2009 SunVerdir. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ