生涯学習ブログ

学び直し、リカレント教育がテーマの菅野敦也のブログです。

東京

岡山 - 横浜 - 東京、おのぞみの旅行!! 2008.6.28-29

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
岡山から馬車道(横浜)、柴又(東京)を旅するページ

のぞみ早特往復きっぷ(岡山 - 東京)「 リスクを背負ってトクトクきっぷ 」

JR岡山駅から東京駅まで、最速のぞみ(N700系)利用なら、およそ3時間20分。

今回の上京に際し、岡山 - 東京往復 26,000円の特別企画乗車券(トクトクきっぷ)、のぞみ早特往復きっぷを購入。

購入期限は1週間前まで、しかも往路の指定列車に遅れると、特急券の新規購入が必要な、高いリスクを織り込む割引チケット。

その分、是が非でも乗車するのだ、という意識も高まった。 そうして新型のぞみN700系の乗り心地の良さとお得さに、結果、ご満悦。

馬車道(横浜市)の朝 2008.6.29(天候小雨)「 おのぞみの馬車道へ 」

JR岡山駅を出発した のぞみ20号は、時刻表に従い3時間で新横浜駅に到着。

JR横浜線を乗り継ぎ関内駅、そこから今日の宿、馬車道を目指して急ぎ足。 チェックインすぐさま、桜木町の おばさまのお宅へと。

ほどなくランドマークタワーを真横に眺める紅葉坂を下り、洋食キムラ 野毛店 (ヨウショクキムラ) まで散策したり(ご馳走様でしたー)。

港町の潮風が心にしみる、横浜の夜でありました。

男はつらいよ、車寅次郎像と柴又駅 2008.6.29「 寅さん、おのぞみの人情喜劇 」

画像は2008年6月29日(日)、川魚料理 川千家 (かわちや) の帰り道に撮影した柴又駅(東京都葛飾区)。

柴又と聞けば「帝釈天でうぶい(産湯)をつかい〜」とフーテンの寅さんの、お決まりのくだりを思い出す、大勢のファンもいらっしゃる。

そんな参道の雨風情が心にしみる、柴又でありました。

[ ↓ YouTubeで観る寅さん。 注) 音が出ます ]


↑ 男はつらいよシリーズ第9作のマドンナは永遠の乙女、吉永小百合 女史( 第9作 男はつらいよ 柴又慕情 HDリマスター by Amazon. )。

東京駅19番ホーム のぞみ(N700系)43号 2008.6.29「 おのぞみの(N700系)43号 」

(画像は2008年6月29(日)、JR東京駅19番ホーム)

大きな旅行カバンを運ぶお父さん、シンデレラ・エクスプレスを想わせるカップル、東京みやげ「ごまたまご」を手にした おのぼりさん!?

あぁ、それは私たち……、臆することなく押すシャッター。

横浜 - 東京、流れの速い都会への旅なれば、疾風の如く、のぞみN700系で駆け抜ける!! おのぞみの旅行は、やはり素適でありました。


『もっと♪岡山』|1. 岡山の自然2. 岡山の歴史3. 岡山の文化4. 岡山の産業


【 編集後記 】

柴又のみなさま、桜木町のおばさま、この記録誌面にて此度の感謝を申し上げたく。 お世話になり、ありがとうございます
 

ホーム岡山紀行>東京08>東京07岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

桜木町(横浜)へゆく おのぼりさん日記ぁ2007.6.5-6

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!
岡山より横浜 野毛ナイトを記録するページ

創造実験都市「みなとみらい21」
画像は山下公園より大桟橋埠頭(国際客船ターミナル)越しに撮影した みなとみらい21

桜木町のシーサイドは開発が進み20年前の記憶から様変わり(驚)。

さて、東京駅より京浜東北・根岸線 快速電車にて約40分。

港町風情漂う今日の宿泊地、JR関内(かんない)駅に到着。 行く手を阻む巨大なドームは横浜スタジアム。

火が点きそうになる少年野球心に水をかけ、大人の落ち着き取り戻し。 いざいざ、目指すは桜木町。

港町の老舗 JAZZ BAR
発展と変貌を繰り返す都会で変わらないもの……、ひとつは港町のジャズかも知れない。

米国ジャズ・ジャンルの音楽雑誌に『Down Beat』というのがあるそうだ。

燃えるほど赤いホームページの、流れるような渋い文中にその名が刻まれる。 店名の由来に違いない。

昭和ジャズ喫茶伝説 by Amazon.

驚愕のレコード枚数
1956(昭和31)年オープンの、ジャズバーの老舗「ダウンビート」。

レコードストックは3,600枚と紹介誌にあるものの、果たしてそうだろうか。

36,000枚でも頷いてしまうに違いない。
 
「三畳間ほどの独立したレコード演奏室があり、つくりつけのレコード棚と、二連のLPプレイヤー、アンプ……(Yokohama down beat ホームページより引用)」

空間に翻弄されるとともに、シビレていたようだ。

岡山より横浜を臨む 「音楽通」 窓を開ければ 野毛Jazz が聞こえる港町

アルテックA7型 ボイス・オブ・シアター
何度とお替わりした水割りが、バーボンかスコッチだったのか、あまり気にならない。

若かりし日の遊び心に火が灯り、燃え上がる。

外は宵、Jazzに酔い、雰囲気は良く、気にする間がもったいない。

さて、ウッドベースは弾くものも、この店では押すものだった。 「ベースを押して左に進んで I have to go.」なるほど。

窓を開ければ港が見える
画像は山下公園 ポーリン橋に近い「世界の広場」より「水の階段」方面を撮影したもの。

覗き見る 横浜ランドマークタワー は地上70階・296mと日本一の高さを誇るインテリジェントビル。

モルトかバーボンか、記憶させないエキサイティングな Jazz Bar をあとに、明朝は山下公園散策と決め込んだ。

「 桜木町を降りれば 野毛Jazzが聞こえる 」と結びたし。

快く撮影OKしてくれた気の好いママにありがとうと、素適な思い出に感謝を添えて(変わらない港町 野毛Jazzをクリップ)。


【編集後記】 

K社長 ありがとうございます 馳走さまでした。 次は岡山のジャズスポットへお誘いしたく、ご来岡が楽しみです。


ホームサイトマップおいでんせぇ岡山>ず木町>ダ屬し岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

東京へゆく おのぼりさん日記 2007.6.5-6

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!
岡山より東京へのぼる思い出のページ

江戸城 和田倉門跡地にて
東京メトロ(地下鉄)千代田線 根津駅より二重橋駅へ移動。

そう、岡山に地下鉄はなく、久々の乗車ということに。

正直、地下鉄に乗れる今日が嬉しくて、心はすでに少年のそれ。

根津駅にて 新丸の内ビルへの道順を素直に聞いて大正解。 大手町駅ではなく二重橋駅が近いとは……。

押しも押されぬ おのぼりさん(笑)。

東京駅 丸の内南口
画像はJR東京駅 丸の内南口 都営バス乗り場ト 等々力操車所前行きホームより撮影したもの。

東京の路線バスといえば、なじみの少ない方も多いはず。 一般的な交通手段はJR・私鉄・地下鉄・モノレールかと。

東京の路線バスは網の目状。 山手線の内側なら目的地の前までバスで行けますと、突如、江戸っ子に成りすまし。

大名小路側のオフィスエントランス
画像は丸の内ビルディングのオフィスエントランス。

さて新丸ビルは、地上38階・地下4階・約198mの高さを誇る、東京駅前にそびえ立つインテリジェントビル。

B1F〜7Fにショッピング&レストラン約150店舗を有する商業ゾーンとオフィスゾーンからなる複合ビル(建築主 三菱地所株式会社) 。

岡山より都会を臨む 「東京駅」 向こうに拝見する皇居(特別史跡江戸城)

The 丸の内ビルディング
新丸ビルのロゴは「M」をモチーフに、丸の内の顔をコンセプトにつくられたとか。

「Massive(重厚感ある)」がキードライバーとも。

高い質感を醸し出す存在。 新丸ビルは、丸の内に新しいエレガンスをも吹き込んでいる模様です。

コンセプトデザインを担ったのはマイケル・ホプキンス卿。

2002年、Civic Trust Award for Sustainability(Special Award)を受賞した英国の建築家。

さらに開発進む 東京駅前
画像は東京駅ルネッサンス構想に沸く東京駅。

左手の高層ビルは 東京ステーションシティ(音が出ます) に位置する SAPIA TOWER(サピアタワー)、

右手に見える GRAN TOKYO SOUTH TOWER(グラン東京サウスタワー)と、

東京駅を元の3階建てに復元(2011年度末完成予定)するだけでは納まらず(発展を続ける東京駅界隈よりレポート)。


【編集後記】

都会の変容に触れ、凄まじい資本力を体感するばかり。 その先にあるものは……、人々の幸せであることを願うのみ。

ぼちぼち宿泊地、関内(横浜)へと。


ホームサイトマップおいでんせぇ岡山>4櫃瞭癲ず木町岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

品川へゆく おのぼりさん日記 2007.6.5-6

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!
岡山より都会へのぼる思い出のページ

岡山空港行き リムジンバス
画像は岡山空港行き 二階建てのリムジンバス。

岡山から東京へ。 久しぶりの上京ゆえに、心はバスの色ほど熱く燃え。

後ろに見えるオレンジ色が瞼に美しく。

華やかな彩りが、楽しい旅を期待させるから有り難い。

JALWAYS Reso'cha
画像は羽田空港 第一ターミナルにて撮影した JALWAYS ジャンボジェット機。

尾翼の後ろに離陸直後のJAL機のおまけがツイてます。

楽園の入り口「リゾッチャ(Reso'cha)」は、ハワイ・グァムが得意のリゾート便。

詳しくはホームページ com.Reso'cha

羽田空港 第二ターミナル
羽田空港は広く大きくJAL系の第一ターミナルと、ANA系の第二ターミナルを連絡バスが結ぶほど。

さっそく何となく、第二ターミナルへ移動した。

エスカレーターを続々と、登りゆく人とヒト。

都会の喧騒につき、納まるところはなさそうだ。 ぼちぼち急いで品川へ。

岡山より都会を臨む 「品川」 振り返るとグランドプリンスホテル新高輪

品川駅と林立するビル郡
画像は駅前歩道橋より撮影したJR品川駅西口(高輪口)と京浜急行品川駅の様子。

その向こうにそびえ立つ、東口の高層ビル群。 左手にストリングスホテル東京、右手にキャノン、ソニーはその後ろ。

少し見ないあいだに凄いタワーズが出現したものだ(驚)。

JR品川駅のチップトイレ
さて、画像はJR品川駅構内に鎮座するチップトイレ。

利用者の善意で清掃頻繁、いつもピカピカ、キレイなトイレ。 理にかなっているようで都会的。

ちなみにチップを入れる利用者は少なめ。 なればこそ、払うその人が紳士淑女に見えてくる。

それにしても都会とは、何かとお金の要るところ(上京に際して気づいた都会の変容をお知らせしています)。


【編集後記】
全国一位に選ばれし 湯島のラーメン店
昼は上野より湯島へ移動。

TV番組の人気ランキングで日本一に輝いたラーメン店 大喜さん。 1日限定30食の「とりそば」を頂きました(旨)。


ホームサイトマップおいでんせぇ岡山>”弊遏⊂緻岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ