幸せへの一歩 サン・ベルディエール(SunVerdir)

太陽と緑の恵みに感謝して 豊かな社会づくりに貢献するブログサイトです

岡山

“ 謹んで新春のご祝詞を申し上げます ” 2013年 巳年

平成 二十五年 年頭ご挨拶のページ

おかやま未来フェンスプロジェクト
謹賀新年 ( A Happy New Year ! )


皆様には、お健やかな新年をお迎えのことと、心よりお慶び申し上げます。 本年も何卒、よろしくお願い致します。

平成 二十五年 元旦 SunVerdir CIO 菅野敦也


ホーム > サイトマップ > サンベルディエールの想い > 新年ご挨拶
Copyright (C) 2005-2013 SunVerdir. All Rights Reserved.

青春18きっぷ、えべっさん-京都-神戸元町。 2009.1.9

岡山-西宮-京都-元町-岡山、日帰り旅行を提案するページ

青春18きっぷ、宵えびす-京都-元町の旅。 2009.1.9
「 商売繁盛、宵えびす 」

2009年1月9日(金)先勝、日の出前のJR岡山駅より目指すは、西宮えびす様(西宮神社)。

福の神様として人気の、十日えびす大祭の初日“宵えびす”を御参拝。 JR山陽本線 姫路行きは6時16分、発車。 JR相生駅で新快速に乗り、JR芦屋駅へ。 各駅停車に乗り換え、9時前、JRさくら夙川駅に到着。

徒歩約10分。 商売繁盛と、弾む声が聞こえてきた。

[ YouTubeの旅、岡山-えべっさん-京都-元町。 ]


そこに「福」があるからだッ!! 表大門に進み、拝領した平成21年 開門神事「福男選び」を知らせる『福男新報』の、粋なフレーズに目が留まる。

憧れの古都、平安京の今。 @ JR京都駅 2009.1.9
「 古都 京都より、元町を駆け抜けて 」

( 画像は、非公開文化財が拝観できるプレミアム散策、京の冬の旅 を告知する、JR京都駅の風景 )

青春18きっぷの旅の2回目は、往復約8時間と、距離、乗車時間ともに十分。 また、京都の寺院にて日頃の報恩感謝を捧げたりと、満足のゆく内容。 ランチは京都駅至近の懐かしの店、土産は元町中華街の人気の老舗と、お連れ様もご満悦。

( 帰りは、JR東海道本線 新快速の車窓に映える明石海峡大橋をデジカメに収め、JR相生駅で乗り換え、17時29分、JR岡山駅に到着 )

人生は心ひとつのおきどころ(中村天風師『成功の実現』より)。

ゆったり心を落ちつけ、旅する意味を考える。 常に先賢に学び、情緒に自問する。 そんな旅情倍増の提案を、続ける所存にございます。


もっと岡山!!|1. 岡山の自然2. 岡山の歴史3. 岡山の文化4. 岡山の産業


【 編集後記 】

 JR山陽本線、各駅停車の直角シートに長時間腰かけた、おしりの痛みも何のその。 いつも座れるローカルの魅力に、感謝して。


ホーム > サイトマップ > 岡山紀行 > えべっさん > 岡山ホテルズ
Copyright (C) 2005-2009 SunVerdir. All Rights Reserved.

青春18きっぷで行く、こんぴらさん(金刀比羅宮)。 2009.1.7

岡山-琴平-高松-岡山、日帰り旅行を提案するページ

青春18きっぷ、こんぴらさん、日帰りの旅。 2009.1.7
「 神様はスイーツがお好き!? 」

2009年1月7日(水)大安、通称“こんぴらさん”で親しまれる、金刀比羅宮(ことひらぐう)を御参拝。

8時23分、快速マリンライナー11号は、JR岡山駅を発車。 JR坂出駅で南風リレー号に乗り換え、10時1分、JR琴平駅に到着。 途中、瀬戸内海を眺望し、讃岐富士(飯野山)を写真に収め、アンパンマン特急を見送った。

颯爽と参道を目指し、御本宮まで785段の石段の、365段目にそびえる大門にて一服。 弾む息も、眼前に広がる風景は、素晴らしい。

500段目の資生堂パーラー“神椿(KamiTsubaki)”に誘引されるパートナーを連れ戻し、652段目の本宮手水舎で雑念を祓い、御本宮へと。

御神徳を仰ぎ、高台(展望台)にて、神の絶景も授かった。

[ YouTubeの旅情、岡山-こんぴらさん-高松。 ]


しあわせさん。こんぴらさん。 と記された黄色の横断幕が、何とも縁起良く。 小鳥のさえずりと、繰り返した深呼吸が、今なお記憶に心地良く。

久米通賢翁と入浜式塩田 @ JR坂出駅 2009.1.7
「 歴史に回帰するエコの旅 」

( 画像は、塩田の父と呼ばれる、久米通賢〔くめ みちたか〕翁の顕彰レリーフ〔坂出商工会議所〕 )

ジェット機で地球の裏側まで飛んで行く旅は魅惑的だが、車窓の風景が愉しめる、JRとくとくきっぷの旅も、これまた魅力的。 途中、乗り換えの待ち合い時間に、歴史の偉人と袖触れ合うように、他生のご縁を授かることも。

こんぴら船々 追風に帆かけて シュラシュシュシュ 〜 一度まわれば。 江戸時代のブームとも聞く金毘羅参りの道中、一度まわれば、やはり旅は歴史に回帰する…。 そんな言葉遊びも楽しい、エコなる旅に、満悦してしまう。
 
そうしてJR高松駅 15時39分発 快速マリンライナー44号は、16時33分、JR岡山駅に到着。 今年も、こんぴらさんと、青春18きっぷに感謝するばかり。


もっと岡山!!|1. 岡山の自然2. 岡山の歴史3. 岡山の文化4. 岡山の産業


【 編集後記 】

 輸送燃料を大量消費する旅行を「肉食系の旅」とするなら、この旅は、「草食系の旅」!? またも、言葉で遊んでしまいます(笑)。


ホーム > サイトマップ > 岡山紀行 > こんぴらさん > 岡山ホテルズ
Copyright (C) 2005-2009 SunVerdir. All Rights Reserved.

観光立県、岡山のデジタルネイティブは、誰!?

デジタルネイティブによる観光戦略のページ

観光立県おかやまの、岡山後楽園
「 観光立県おかやま宣言 」

岡山県は2008年10月1日(水)、地域発の観光・交流拠点の創造を目指し、観光立県宣言を行いました。

観光を核として光り輝く岡山県の未来に向けて、と『観光立県おかやま宣言』を聞いて胸躍る、自称 デジタルネイティブ のサンベルディエール。

もう、居ても立ってもいられません。

[ YouTubeに投稿した岡山後楽園『初春祭』の丹頂。 観光立県にデジタルネイティブが、イタ━━。゚+.(・c_,・´。)。゚+.━━!! という感じ!? ]


ミシュラン旅行ガイド 三ツ星 の恩恵なのか、YouTubeなど世界に広く伝わる岡山後楽園のビデオ投稿数が、急速に増えています(嬉)。

国指定重要文化財 岡山城 『月見櫓』 2008.11.3
「 地域発の観光PRブログ 」

岡山ブランディング構想、岡山を人気者に!!

地域ブランド構築や、地域情報化に役立つ ブログブランディング。 Webリテラシーを備えたデジタルネイティブなら、得意とするところ。

コツコツ観光名所をブログに綴り、伝える魅力。 プロモーションブログのロールモデル『幸せへの一歩』は、1日1000アクセスを数えるようになりました。 しかも運営にかかるコストは、月額262円。 サンベルディエールのブログ戦略は、岡山の魅力を再発見し、独創的に情報発信して、地域活性化を実現する仕組み。

観光立県、岡山のデジタルネイティブは、誰!? T-shirt クリエイター 岡山進矢さん!? いわんや地産地奨のサンベルディエールをや!!

急ぎ、観光立県戦略の成功方程式になれたら幸いです。


もっと岡山!!|1. 岡山の自然2. 岡山の歴史3. 岡山の文化4. 岡山の産業


【 編集後記 】

 観光立県おかやま宣言に際し、観光PRに即効性があり、かつ、低廉なブログプロモーションに関するご相談等、ContuctUs より承っております。


ホーム > サイトマップ > ブランディング > 観光立県 > 人気者に!!
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

うらじゃ(おかやま桃太郎まつり)アルバム2008 Vol.2

岡山の夏祭り、2008年8月3日(日)を記録するページ

桃太郎まつり納涼花火大会。岡山後楽園 2008.8.2
「 祭り花火の一夜は明けて 」

画像は、納涼花火大会の華と岡山城。 2008年8月2日(土)、後楽園 幻想庭園 にて撮影。

グリーン・ミシュラン(ミシュラン旅行ガイド)三ツ星の岡山後楽園。 海外からお越しの皆さまには嬉しい驚きと、お察しします。

さて昨日、開幕した おかやま桃太郎まつり(うらじゃ)2008は、熱気を残して第二日目へ(第一日目は、うらじゃアルバム2008 Vol.1)。

ダンスに花火、興奮覚めやらぬまま、輝かしい日の出を迎えた吉備の国。 昼下がりの岡山駅前には大勢の、うらじゃファンが集ってた。

うらじゃ(桃太郎まつり)JR岡山駅前演舞場 2008.8.3
「 温羅伝説発祥地、吉備の中山 」

2008年8月3日(日)15時過ぎ、昨年『匠』を受賞した踊り連、桃鬼妃(とうきひ)の皆さん。

絢爛豪華な和のコスチュームを身に纏い、優美の中にダイナミズムを取り入れた舞いが印象的。 私も少年も桃太郎も、うっとり釘付けに。

( うらじゃ2007の敢闘賞『匠』受賞連、桃鬼妃の記事

まずは温羅化粧から、 市役所筋 化粧通り 2008.8.3
「 無病息災、温羅(うら)メイク 」

JR岡山駅前 演舞場から500mほど南へ移動、鬼パワーを授かる化粧ブースが並ぶ市役所筋の様子。

うらじゃの鬼メイク、桃太郎童話を織り成す吉備国の温羅伝承が起源と伝えられ。 岡山の五穀豊穣への感謝祭に由来するそうな。

まずは温羅化粧から、と記したピンクの幟(のぼり)。 うらじゃの魅力のひとつは、見物客も共感覚える参加型。 来年は僕だって……。

メーキャップ・アーティストの皆さま、お疲れ様でした。

[ ↓ YouTubeの夏祭り、うらじゃ2008。 優秀賞『誉』の連覇、年に一度の命の洗濯、毎度お馴染み、俄嘉屋 見参!! 注) 音出ます♪ ]


同じくオリジナル曲部門の優秀賞『誉』に輝いた踊り連『山盛り(やまざかり)』はじめ、ばいらすさんの ブログ『猫大統領』にて、迫力画像を拝見!!

うらじゃ踊り連、宇宙〜SORA〜、早替り前 2008.8.3
「 宇宙〜SORA〜、早替り前。 」

早替りとは、芝居の中で役者が瞬間的に姿を変え、一人二役以上を演ずること。

さて画像は、宇宙と記し〜SORA〜と読む、昨年、オリジナル曲部門 敢闘賞『匠』受賞の踊り連。 あっ、フルモデルチェンジした!?

思わず温羅(うら)太鼓と呼びたくなる、祭り太鼓がかっこいい。 踊り手の両手には、祭り提灯。 これまた、温羅提灯と呼ぶべきか。

おやっと白装束、天空彩る群舞の面影、今いずこ?

うらじゃ踊り連、宇宙〜SORA〜、早替り後 2008.8.3
「 宇宙〜SORA〜、早替り後。 」

おぉっと、なるほど、早替り。 白装束は鮮やかな演舞服へ、やっぱり宇宙〜SORA〜を想わせる。

うらじゃ2008優秀賞『誉』の受賞、おめでとう!

そうしてミシュラン三ツ星評価を得た岡山後楽園の恩恵か、欧州と思しき、カメラを手にした客人も。 うらじゃもまた、三ツ星か(嬉)。

岡山の祭り情報が、世界へ発信される予感あり。

うらじゃ踊り連のダンス魂は海を越え、観光大使として活躍しそう。 早くも来年のうらじゃを楽しみに、また、元気でお会い致しましょう!!


『もっと♪岡山』|1. 岡山の自然2. 岡山の歴史3. 岡山の文化4. 岡山の産業


【 編集後記 】

第15回うらじゃ が掲げたテーマは、育む〜おかやま魂〜。 魂のダンスで岡山も、私も元気になりました。 皆さま、ありがとうございました


ホーム岡山紀行>うらじゃ08>うらじゃ07岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山 - 横浜 - 東京、おのぞみの旅行!! 2008.6.28-29

岡山から馬車道(横浜)、柴又(東京)を旅するページ

のぞみ早特往復きっぷ(岡山 - 東京)「 リスクを背負ってトクトクきっぷ 」

JR岡山駅から東京駅まで、最速のぞみ(N700系)利用なら、およそ3時間20分。

今回の上京に際し、岡山 - 東京往復 26,000円の特別企画乗車券(トクトクきっぷ)、のぞみ早特往復きっぷを購入。

購入期限は1週間前まで、しかも往路の指定列車に遅れると、特急券の新規購入が必要な、高いリスクを織り込む割引チケット。

その分、是が非でも乗車するのだ、という意識も高まった。 そうして新型のぞみN700系の乗り心地の良さとお得さに、結果、ご満悦。

馬車道(横浜市)の朝 2008.6.29(天候小雨)「 おのぞみの馬車道へ 」

JR岡山駅を出発した のぞみ20号は、時刻表に従い3時間で新横浜駅に到着。

JR横浜線を乗り継ぎ関内駅、そこから今日の宿、馬車道を目指して急ぎ足。 チェックインすぐさま、桜木町の おばさまのお宅へと。

ほどなくランドマークタワーを真横に眺める紅葉坂を下り、洋食キムラ 野毛店 (ヨウショクキムラ) まで散策したり(ご馳走様でしたー)。

港町の潮風が心にしみる、横浜の夜でありました。

男はつらいよ、車寅次郎像と柴又駅 2008.6.29「 寅さん、おのぞみの人情喜劇 」

画像は2008年6月29日(日)、川魚料理 川千家 (かわちや) の帰り道に撮影した柴又駅(東京都葛飾区)。

柴又と聞けば「帝釈天でうぶい(産湯)をつかい〜」とフーテンの寅さんの、お決まりのくだりを思い出す、大勢のファンもいらっしゃる。

そんな参道の雨風情が心にしみる、柴又でありました。

[ ↓ YouTubeで観る寅さん。 注) 音が出ます ]


↑ 男はつらいよシリーズ第9作のマドンナは永遠の乙女、吉永小百合 女史( 第9作 男はつらいよ 柴又慕情 HDリマスター by Amazon. )。

東京駅19番ホーム のぞみ(N700系)43号 2008.6.29「 おのぞみの(N700系)43号 」

(画像は2008年6月29(日)、JR東京駅19番ホーム)

大きな旅行カバンを運ぶお父さん、シンデレラ・エクスプレスを想わせるカップル、東京みやげ「ごまたまご」を手にした おのぼりさん!?

あぁ、それは私たち……、臆することなく押すシャッター。

横浜 - 東京、流れの速い都会への旅なれば、疾風の如く、のぞみN700系で駆け抜ける!! おのぞみの旅行は、やはり素適でありました。


『もっと♪岡山』|1. 岡山の自然2. 岡山の歴史3. 岡山の文化4. 岡山の産業


【 編集後記 】

柴又のみなさま、桜木町のおばさま、この記録誌面にて此度の感謝を申し上げたく。 お世話になり、ありがとうございます
 

ホーム岡山紀行>東京08>東京07岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

段々公園、おかやまインターパークス(出石小学校跡地)。

岡山市のウォーキング(散策)スポットを紹介するページ

旧 岡山市立出石小学校(出石尋常小学校)跡地「 学び舎の跡地の、多目的広場 」

画像は2008年5月28日、下石井公園入り口よりアイプラザ(市立 幸町図書館)方向を撮影したもの。

ここは西川(緑道公園)沿いの旧 出石小学校(出石尋常小学校)跡地。 現在は憩いの広場、下石井公園とインターパークスになっている。

緑豊かに植樹された敷地内、季節ごとに植え替えされる花壇は、常に百花繚乱。 街ゆく人々の心のオアシスとして、目を愉しませてくれる。

悠々闊歩できるスペースに、蒸気機関車の展示まで(懐)。

里丘(インターパークスの段々公園) 都心の公園「里丘」は、段々公園とも!?

下石井公園(岡山市幸町)の顔、SL機関車「D-51」「 わんぱく広場と、やえもんと 」

きかんしゃ やえもん(画像は、下石井公園内のわんぱく広場と向き合うD51形 蒸気機関車)。

SL機関車の擬人化より誕生した「やえもん」は、漫画家 岡部冬彦氏と小説家 阿川弘之氏の名作絵本(1959年共著)の主人公。

思わず小学生時分の人気キャラクターを想起する。 

[ ↓ YouTubeで観る デゴイチ(国鉄D51形蒸気機関車)の雄姿。 敬礼したくなる見事な作品(興)。 注) 迫力の音が出ます ]


あわせて機関区へ精勤、SL乗務した、石炭くべる偉大な父の姿を思い出し。 これからも元気で、よろしくお願いします(感謝)。

里丘三段目(インターパークス最上段)、星空のテラス「 段々畑の如し、都市型立体庭園 」

画像はインテリアプランナー 藤岡慶子一級建築士デザインによるインターパークスの最上段、星空のテラス。

( 詳細はWebサイト おかやまインターパークス

先日の 西川緑道まつりのアンパンマン・ショー の向こうに見ていた段々畑、棚田のような緑地こそ、インターパークスだったとは(驚)。

立体モータープールの屋根部分を巧みに利用した、憩える岡山の緑化公園。 階段昇降で足を鍛えるウォーキングコースにもってこい。

来年2009年は、百花繚乱の街 岡山市にふさわしいイベント、第26回全国都市緑化おかやまフェア「おかやま花だより2009」の開催も(嬉)。

咲き乱れる花壇を慈しみ、のんびり散策しています。


『もっと♪岡山』|1. 岡山の自然2. 岡山の歴史3. 岡山の文化4. 岡山の産業


【 編集後記 】

ぽっぽや(鉄道職員)の倅(せがれ)は、やっぱり汽車が好き。 も、学生時分、飛行機で帰省して叱られた、ほろ苦い思い出も(笑)。
 

ホーム岡山紀行>アイパークス>出石芸術08岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

イベントの鍵はスタッフの手に!? @ 春の宵待庭園 2008.5.4

スタッフの頑張りにスポットライトを当てるページ

春の宵待庭園 クラシックの調べ 2008.5.4
「 美しく岡山の日は暮れて 」

画像は2008年5月4日(日)、岡山後楽園の夜間特別開園イベント、春の宵待庭園の様子。

特設ステージ上はバイオリン、ビオラ、キーボードによる三重奏で、聴衆の心を魅了するクラシックトリオ『弦奏の森』。

アヴェ・マリアがこと、幻想的でありました。

イベントスタッフに感謝を込めて 2008.5.3「 熱きスタッフの想いあればこそ 」

2008年5月3日(土)、沢の池越しに小高く見えるは、躑躅(つつじ)燃ゆ の面影残す唯心山(ゆいしんざん)。

新緑の芝生には、今夜の宵待ステージを整える庭園スタッフの姿あり。 野外コンサート用の音響機器を丹精に配置するシーン。

イベントの成功は、スタッフの想いの熱さに比例する。 観衆を酔わせる庭園の情景も、熱演ライヴの音声も、事前チェックの賜物だ。

そんなホットなスタッフに感謝するばかり。

春の宵待庭園 曲水の夕べ 2008.5.4「 夏の幻想庭園も待ち遠し 」

2008年4月26日-5月6日開催の夜間特別開園、春の宵待庭園は終了も、

次は2008年7月29日-8月31日と期間もビッグな幻想庭園へ。 岡山後楽園が演出する幽玄の世界は、夏もまた、皆様をお待ちしています。

幻想庭園2007 の様子 )

そのほかにも日中の後楽園内には、ボランティアとして無料ガイドをしてくれる親切スタッフもいらしたり(詳細は公式ホームページにて)。

岡山後楽園のサービス精神に、またも感謝するばかり。

[ YouTubeのHotStuff KARAOKE. 私と同年代なら多分、ホットスタッフは、ドナサマーなんですよね。 注)音声あり♪ ]


スタッフ(Staff)には参謀という意味も。 ディスコの女王、ドナ・サマーの艶っぽいスタッフ(Stuff)とは似て非なり、とのことです(驚)。

岡山後楽園にみる 憧れの門出 2008.5.15
「 凄腕、撮影スタッフ!! 」

画像は2008年5月15日、歴代藩主のお休み処。

あらためて特別名勝 岡山後楽園は、金沢兼六園、水戸偕楽園とともに日本三名園として親しまれる、池泉回遊式の大名庭園。

庭園内を流れる曲水が情景を醸し出し、その水の涼しさが憩いを育む至高の空間。 寿行事が滞りなく捗る、風趣な日本庭園にて。

この日もプロと思しきスタッフが、素適なご夫妻をいとも厳かに、パシャリパシャリと手際良く、しかも にこやかに撮影しておりました。

さて、ホットな夏の庭園歳時記を、ブログに綴ってみませんか。 イベント成功の鍵は応援スタッフの、あなたの手中にあるかも知れません。


『もっと♪岡山』|1. 岡山の自然2. 岡山の歴史3. 岡山の文化4. 岡山の産業


【 編集後記 】

岡山を人気者に! しようと目論む当ブログ『幸せへの一歩』自体、地域情報化を推進する自発的なスタッフブログだったりするのです。


ホームサイトマップ後楽園アルバム>スタッフ>幻想07岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

遊心亭(ゆうしんてい)と 有隣荘(ゆうりんそう) 2008.5.1

倉敷美観地区の情景描写を目指すページ

美観地区の日本庭園 新渓園の遊心亭 2008.5.1「 日本家屋にて心遊ばす 」

(画像は2008年5月1日、大原美術館に隣接する日本庭園 新渓園の茶室 遊心亭の玄関にて)

倉敷美観地区の大原美術館は、奇跡の絵画、エル・グレコ作『受胎告知』はじめ、世界的名作を収蔵する国内屈指のミュージアム。

大原美術館エントランス (和洋アートが折衷する大原美術館)

しかも棟方志功の木版画や、芹沢けい介の秀作を収めた工芸・東洋館に日本庭園と、和洋のバランス絶妙な芸術御殿と呼ぶべきか。 

遊心亭よりムーアの名作を垣間見る 2008.5.1「 垣間見るならムーアが見える!? 」

(画像は、遊心亭(敬倹堂)の縁側より新渓園越しに撮影したヘンリー・ムーアの名作と思しき彫刻像)

和洋折衷なる贅沢な、アーティスティックな情景に出くわす場は、他にあるのだろうか。 恐るべし、倉敷美観地区の大原美術館……。

5月1日の爽やかな風が、板の間の隙間から抜けてくる。

遊心亭にて新渓園の憩いを堪能す 2008.5.1「 遊心亭から入るも敬倹堂 」

大原美術館の創始者、大原孫三郎氏の別邸 澆花園が大正11年に倉敷町(倉敷市)へ寄贈され、

孫三郎氏の先代雅号より、その庭園を新渓園と命名。

平成3年、大原美術館の増築に際し、敬倹堂は一部解体され、新たに建て直された茶室は「遊心亭」として、市民の憩いの場になっている。

以上、詳しくはブログ『 ちほの旅の写真&日記 』さんより。

新渓園より 有隣荘(ゆうりんそう)へと 2008.5.1「 街並みコントラストが美しく 」

画像は大原美術館の始祖、孫三郎氏が奥方様の養生のために建築したと聞く有隣荘(ゆうりんそう)。

美しい白壁となまこ壁の町並みに際立つ橙(だいだい)の壁。 特別に焼き上げられた屋根の瓦は、風趣な緑色に反射する。

別名、緑御殿と呼ばれる和的に洗練された日本家屋は現在、重要文化財。 この日は春の有隣荘特別公開、太田三郎展も催され。

「 ↓ YouTubeにて拝借した倉敷美観地区の映像。 開始25秒と1分40秒あたりで、有隣荘の外観をご堪能頂けます!! 注)音声あり 」


なまこ壁を曲がった瞬間、視界を独占する、存在感に漲る大原美術館。 少し遅れること、有隣荘の和やかな色合いと趣に魅了され。

有隣荘の瓦と壁に、緑と橙が調和する 2008.5.1
「 緑の瓦は、どう焼いたのか 」

耳にした折角のニュースも、スカッと忘れ(トホホ)。

次回、訪問する際の、探求課題としておこう。 そうこうして、高尚な御仁が ウィキペディア に記載してくださる時も近そうな。

みんなの叡智で豊かな未来を切り拓く、未知でリスキーでエキサイティングな世になろうとも、先賢の遺産に有難く学びたし。 

のんびり歩いて楽しむ観光ファンにお薦めしたい散策スポット、それは倉敷美観地区。 拙い情景描写にて失礼しております。


『もっと♪岡山』|1. 岡山の自然2. 岡山の歴史3. 岡山の文化4. 岡山の産業


【 編集後記 】

倉敷美観地区の帰り道、やっぱり土産は、えびす商店街の 人情コロッケ。 ビックリ価格と、お袋の味に感謝するばかり(嬉)。
 

ホーム岡山紀行>遊心&有隣>大原美術館岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

出石芸術百貨街08、地域情報化の試み 2008.5.3

街づくりをブログで応援するページ

出石芸術百貨街08、今年のテーマは「たね(種)」
「 後楽園の門前町の芸術祭 」

毎年恒例、岡山市出石町のアートフェスティバル、出石芸術百貨街08のテーマは「たね」。

さて、岡山の出石町は、美術館が立ち並ぶ 岡山カルチャーゾーン の一角に位置し、鶴見橋を渡れば後楽園という由緒ある門前町。

この町に芸術の種子が存在し、しかも偉大なアーティストが世界へ羽ばたいたという物語を聞いたとしても、不思議に感ずることもなし。

カルチャースポット「出石町」 後楽園まで徒歩3分

国吉康雄画伯の生家跡のモニュメントと扮装セット「 岡山市出石町出身の世界的画伯 」

画像は1889年9月1日、国吉康雄(くによし やすお)氏が生誕した生家跡にあるモニュメント。

その後画伯は1906年の渡米を契機に、20世紀を代表する世界的な洋画家へと羽化することに。

『牛とリトルジョー』、『二頭の牛』、『牛乳列車』など、牛をモチーフにした名作が多く、トレードマークは牛になったというエピソードあり。

シルクハットと黒ぶちメガネ試着の様子ほか

出石芸術百貨街08にて 2008.5.3
「 つなぐことの大切さ 」

街並トゲイジュツガ交差スル。

そう記す、ぬくもり感あるテキスタイル調のパンフレットを頂いた。 裏面には、第46回岡山市芸術祭「芸術文化振興事業」とも。

主催は、出石をどねぇんかする会出石芸術百貨街実行委員会、岡山市芸術祭実行委員会と、後援、協力、協賛等ほか多数。

出石町をどねぇんかしたい……。

乾坤一擲のパンフレットに町づくりの理念と目的を刻み、みんなの想いを強く発信すれば、新たな共感が芽吹くのかも知れないな。

そんな心の種まきも、次に期待しています。

作品 『人生の晴れを願う、てるてる坊主をつくろう!』
「 晴れの人生 願います。 」

(作品名『記憶と記録・2008』、作者ブログ alivelog

出石町のポケットパークで手にしたパンフレット。

首都大学東京の教授で詩人の福間健二監督による映画作品、『岡山の娘』のそれだった(岡山の娘 公式ブログ)。

うん、しっかりブログで伝えてる(興)。

いかに価値ある催しだって、いつ、どこで行なうか、伝わらなければ存在しないも同じこと。 地域情報化のタネを発見してホッとした。

そうして出石芸術百貨街の晴れ舞台を願い、帰路につき。

サンは岡山のデジタルデバイド(情報格差)を埋めたく、地域イベントを紹介し、応援しています。 だからブログ、晴れの人生 願います!?

『もっと♪岡山』|1. 岡山の自然2. 岡山の歴史3. 岡山の文化4. 岡山の産業


【編集後記】

シンフォニーホールなど、岡山の街を舞台に製作された映画『岡山の娘』の公式ブログが、地域情報化 の起点になりそうな予感(嬉)。


ホームサイトマップ岡山紀行>芸術百貨08>芸術百貨07岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

サーチ & ソーシャル・ボタン
例) トマトなど食材、丼など料理名を入力

カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    SunVerdir
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ
    幸せへの一歩 SunVerdir ソーシャル・メディア時代を先駆ける、Socal Grapher の研究ブログです。