生涯学習ブログ

学び直し、リカレント教育がテーマの菅野敦也のブログです。

井田

雨の後楽園が またよろし 2007.7.4

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!
岡山後楽園の雨の情景を記録するページ

延養亭の雨風情
2007年7月4日(水) 雨模様

画像は岡山後楽園 二大農事祭「お田植え祭(おたうえまつり)」 3日後の様子。

唯心山より沢の池を右手に見ながら 延養亭 を望むもの。

さて、後楽園といえば岡山後楽園と小石川後楽園(東京都)。

ともに中国宋時代 范文正の「士当先天下之憂而憂、後天下之楽而楽(先憂後楽)」が名称の由来。

小石川後楽園と野球場 「後楽園」から野球場をイメージする都会びと

後楽園 雨の情景
岡山後楽園は1687年(貞享4年)、当時の藩主 池田綱政公により築庭開始。

家臣 津田永忠氏の労により1700年(元禄13年)、「林泉回遊式借景庭園」として整えられました。

また、庭園中央に位置する小高い唯心山(ゆいしんざん)は景観を立体的に愉しめるよう、次代の継政(つぐまさ)公が手を加えたもの。

唯心山より望む雨の井田
一方の小石川後楽園は1629年(寛永6年)、水戸徳川家の初代藩主 徳川頼房公により築庭開始。

その後 二代藩主、彼の光圀公が明の儒学者 朱舜水を登用して完成させた「回遊式泉水庭園」。

平成10年、小石川後楽園の改修では松平新太郎(後の岡山藩主 池田光政公)が江戸城外堀普請へ納めた備中藩山崎家の刻印入りの石垣が使われており、岡山後楽園と小石川後楽園を結ぶ歴史のご縁を感じさせる面白い小話も作れそう。

後楽園の「井田(せいでん)」
画像は2007年7月1日(日)、雨慕情とともに執り行われた岡山後楽園の「お田植え祭」。

そうして「先憂後楽」の意を調べ、「長たる者、その治まりより民の楽を見て、後に楽しむべし」と咀嚼する今。

素晴らしい後楽園の治まりに、ひたすら感謝するばかり。

鴨と燕と岡山城
「 自然と連れ添う天然農法 」

後楽園の井田(せいでん)にて合鴨農法ならぬ「真鴨農法」か!?

つまらぬ駄洒落に構わず、二羽のマガモがのん気に遊んでる。

いつまで待っても顔を上げない鴨と、入田しないパートナー。 横で素早くひるがえるツバメ返し。

そんな雨の情景を先賢は、憂うどころか後からそっと楽しんでいたのかも知れません(後楽園、先憂後楽のステキをレポート)。


『もっと♪岡山』|1.岡山の自然2.岡山の歴史3.岡山の文化4.岡山の産業


【編集後記】
岡山 栄町商店街の七夕風景
画像は7月7日、岡山のショッピングソーン 栄町商店街の七夕風景。

ふと、学生時代に暮らした東京 武蔵小山商店街を懐古してみたり。 どちらさまも下町情緒がいい感じ。 


ホームサイトマップ後楽園アルバム>雨の情景>観蓮節岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

お田植え祭り(おたうえまつり) 岡山後楽園 2007.7.1

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!
岡山後楽園の「お田植え祭」を記録するページ

後楽園の田植え踊り
画像は2007年7月1日(日) 岡山後楽園 二大農事祭のひとつ お田植え祭のプロローグ、田植え踊りの様子。

もうひとつの農事祭は5月20日(日)に催された 茶つみ祭(ちゃつみまつり)

そして お田植え祭りの起源は1689年(元禄2年)、近隣農家より早乙女を招いて行なった お田植えの記録にあるようです。

岡山後楽園 「井田」 唯心山越しに岡山城を眺望する一等地

後楽園の井田(せいでん)
画像は幕末につくられた後楽園の 井田(せいでん)。

井田とはそもそも一里四方の土地を「井(せい)」の字形に九等分して行なう中国周時代の土地管理制度。

八家族で協業を行い中央一区画を公田として その収穫物を国に納め、周囲の1区画を1家族の取り分とする仕組み。

かけ声はヤーハレーナ
そうした井田に、苗を植えるは「哲西町はやし田植え保存会」の皆さま。

紺がすりの一重に傘姿の早乙女と、ヤーハレーナと掛け声かける男衆。

田植え歌と太鼓に合わせる手植えと、天空が恵むさっそくの雨。

水も滴る早乙女さん
画像は井田近くの大賀ハスの葉上を露が滴る様子。

水を蓄えるハスの葉の煌きと、はじける雨滴の美しさ。

まるで無音で天然の鹿威し(ししおどし)。  雨中にて 心潤す情景を 今か今かと 見つめるばかり

お田植えガッツ
強まる雨足、お田植えの皆さまのガッツに敬礼も。

蓮の葉の如く頭を垂れるそんな時、颯爽と中央を仕切る一人の外国人。

あたかもトム・クルーズ演ずるラストサムライのラストシーン、「すべてパーフェクトだ ありがとう」と(後楽園のお田植え祭にて)。


『もっと♪岡山』|1.岡山の自然2.岡山の歴史3.岡山の文化4.岡山の産業


【編集後記】
観蓮節(かんれんせつ)に向け
岡山後楽園の次のビッグイベントは2007年7月15日(日)のハスの鑑賞会、観蓮節(かんれんせつ)。

ハスの咲く瞬間 ポンッ!という音が聞けるかも(笑)。


ホームサイトマップ後楽園アルバム>お田植え祭>雨慕情岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ