生涯学習ブログ

学び直し、リカレント教育がテーマの菅野敦也のブログです。

中四国州

道州制講演会 in 岡山 2008.1.29

ブログネタ
【 岡山ブランディング構想 】 に参加中!
岡山で開催された道州制講演会を記録するページ

グランヴィア岡山と六高マン(旧制第六高等学校の学生像)
この講演会は

世界潮流を俯瞰する有識者に地方自治の進むべくヒントを伺い、道州制の必要性と必然性など、

その理解を深める目的のもとに開催されたもの。


【 基調講演 】 演題 「 道州制と地域の東アジア連携 」

講師 (財)日本総合研究所 会長 (株)三井物産戦略研究所 所長 寺島実郎(てらしま じつろう) 氏

著書 ・脳力のレッスン 2 (2) ・二十世紀から何を学ぶか 上―一九〇〇年への旅 (1) (新潮選書) by Amazon.


【 開会挨拶及び意見交換 】 岡山県 石井知事

日時 2008年1月29日(火) 13:00〜14:30 ホテルグランヴィア岡山 4階 フェニックス  主催 岡山県


「 パラダイムシフト 」

道州制講演会の講師は上記に記載した役職以外にも、早稲田大学 大学院 アジア太平洋研究科 教授を兼務する 寺島実郎氏。

同氏は1947年、北海道沼田町生まれ。 札幌旭丘高校より早稲田大学 大学院 修士課程を修了し、三井物産(株)へ入社。

ニューヨーク本店において情報・企画担当、ワシントンでは事務所長を務めるなど、グローバル経済に大変精通している。

日本のエネルギー戦略の脆弱さを指摘するなど、厳寒の環境で育った道産子(北海道生まれ)らしい着眼点も覗かせる。

また、「ITとFT(フィナンシャルテクノロジー)の結婚」「コンビニは生ものを扱える情報拠点」など、その表現力は豊かで独特。

グローバル視点から判断ができる日本屈指の有識者。 量から質の時代、移動の時代等、パラダイム転換に鋭い論議を醸す。


「 アジア ダイナミズム(活力) 」

大中華圏(グレーターチャイナ)とは、陸の中国(中国本土)・海の中国(香港・台湾・シンガポール)の経済連携による南進をさす。

講演は、世界経済の年平均実質成長率(実体経済)3.5%、物流経済7%、金融経済14%など、端的な配布資料に基づきスタート。

(この数値自体が倍々ゲームで世界的マネー市場の投機性を連想させるもの)

そこに中国の高成長を示す数値が太文字で浮き上がる。 大中華圏が日本の国内総生産(GDP)を抜くのは時間の問題、今年度かも。

通商国家である日本の対外取引も大きく変化。 モノの移動とともに、人の移動もアジアに傾く昨今。 「親米入亜」ということか。


「 ユーラシア ダイナミズム(活力) 」

首都圏至近のスキーリゾート苗場がロシア人で賑わう事実。 世界一のエネルギー収支黒字国ロシアが勝ち組として息を吹き返す。

オイルマネーはロンドン市場へ流入。 サッチャー政権が主導したビッグバン(金融規制緩和策)により英国経済は発展する一方、

外資系企業による金融機関の買収が進むウィンブルドン現象が顕著化。 しかも製造業は自動車業界はじめ、イギリス勢は不振。

日本がとるべき進路は、金融主導のマネーゲーム的資本主義ではなく、モノづくりと産業技術力を重視する資本主義ではないか。

東アジア連携の必要性と必然性、とレジュメは結ぶ。 


「 広域化する基礎的自治体と道州制 」

集約されゆく地方公共団体の調整コストが問題。

海外諸国の高い成長に起因する日本国内産業の空洞化。 それを解決する唯一の方法は、国際競争力を取り戻すこと。

国家はオールジャパンの戦略策定と外交・防衛に集中し、地方は自立した地方分権型社会の創造が急務ではなかろうか。

国家レベルでの構造改革が必須で、地方の疲弊を解決するのが道州制ではないかとメッセージを発した前回の シンポジウム

何もしなくて良くなるのなら、それも悪くない。 しかし、何もしないから世界から取り残されている、それも現実。

一点突破する国際競争力養成の為にも構造改革は必要だ。

今回講演のキーワードは、東アジア連携の必要性と必然性。 必要性と必然性は言い換えれば、当然の選択をすべしという催促とも。

何もしなければ地方自治は調整コストで益々疲弊。 道州制が必要か必然か、せめて考える機会が必要。 当然の選択をしなくては。


「 二地域居住と移動の時代 」

道州制が将来、必要で必然と決め付けるのは性急だが、広域防災拠点構想にみる安全・安心の観点で反論は見当たらない。

しかも中四国州を想定すると、太平洋岸から日本海側へと同一自治体による効率の高い理想的な環境づくりも期待が持てる。

貿易構造のアジアシフトによる日本海物流の幕開け、太平洋側港湾から境港への物流シフトなど、バッチリ呼応できそうだ。

中四国州のトラフィック環境は縦横無尽に移動が可能。

2006年より団塊世代のライフスタイル変化にいち早く呼応した“ときどき(週末)富山県民”なる発想にも注目しておきたい。

移動する人ほどモノを考える、いざ裏山へ! そんなキーワードも気になって。 人々が訪れる知恵比べが必要で必然かと。

“おいでんせぇ中四国州”なら“ハイ喜んで”と回帰しそう。 社会インフラも環境も、いわんや恵まれ過ぎた 岡山の自然 をや。

産業力を活かすプラットフォームづくりに不足のない岡山。 リソースを活かすも隠すも岡山県民次第ということなのでしょう。

ほかにも金融・エネルギー・食料、こと、農業生産法人という言葉も繰り返し聞かれ、岡山が進むべくヒントは盛りだくさん。

何といっても世界の頂から鳥瞰する識者の講演に学んだことは星の数。 希有なる講演会に心から感謝。 ありがとうございます


【編集後記】

道州制の理解が少しでも広まることを願い、綴っています。 遠い未来の子どもたちの為に出来ることからスグ行動すべきかと。


ホームサイトマップブランディング 目次>講演会>シンポジウム岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

道州制推進シンポジウム in 岡山 2007.10.10

ブログネタ
【 岡山ブランディング構想 】 に参加中!
岡山の道州制シンポジウムを記録するページ

シンポジウム(公開討論会)は道州制・中四国州実現の意義と、導入による効果を認識する場として開催されました。


【 地方自治法施行60周年記念式典 】 13:00-14:10


【 基調講演 】 演題 「 地方自治のこれまでとこれから 〜道州制への展望〜 」 14:20-15:20

講師 第28次地方制度調査会専門小委員長 元自治事務次官 松本英昭 氏  著書 ・道州制ハンドブック ・地方自治法の概要 改訂版 by Amazon.


【 パネルディスカッション 】 テーマ 「 道州制を見据え、岡山の未来を考える 」 15:30-16:40

パネリスト(50音順) ・石井正弘氏(岡山県知事) ・大原謙一郎氏((財)大原美術館 理事長 倉敷商工会議所 会頭)

・篠由紀子氏(蠹垰埓験荼Φ羹 代表取締役 社長) ・松本英昭氏(第28次地方制度調査会専門小委員長 元自治事務次官)

コーディネーター 大泰正氏((財)岡山経済研究所 所長)

日時 2007年10月10日(水) 13:00〜16:40 会場 メルパルク OKAYAMA  主催 地方自治法施行60周年記念事業実行委員会


「 道州制導入の目的 」

〜 自己決定と自己責任のものとで政策決定できる真に自立した地方分権型の行政システムを確立 〜 〜 豊かさが実感できる郷土岡山を実現 〜

上記、地方自治法施行60周年記念式典の宣言(案)より引用。 道州制導入の意義は、そこに集約されると考えて良さそう。

明治時代に原型が整った都道府県制度が、明治のライフスタイルから様変わりした今に至り現存しているミラクルな実情。

変革すべき時期を逸した感を否めるはずはなく。


「 道州制論議のタイミング 」

国がすること官がやること民にできること。

そっと語られる大きな問題は多重行政。 国も地方もこぞって重複作業を繰り返す。 雇用の受け皿としてIT化の導入はままならない。

バブル経済の終焉より失った15年を背景に、社会が荒廃する失業問題を治めることが最優先課題に据えられ、行政の効率化は先送り。

ITシステム整備は合理化の恩恵をもたらす一方、余剰人員を生むことに。 疲弊した日本経済に新規雇用余力は残されていなかった。

願うにも叶わなかった地方自治体のIT化。

その間、世界的IT競争にさらされた大企業はネットワーク化を推し進め、徐々にその果実を享受するようになり、息を吹き返した今。

失業率は安定、それどころか都会の人手不足は深刻化。

今こそ道州制論議をきっかけに、ITによる効率化と行政のスリム化を進め、優秀な人材の民間への放出がなされるタイミング。

東京と地方の間に格差を生む原因のひとつは情報発信力であり、それをサポートするITネットワーク(集合知)の差にあるからだ。

ネットワークインフラが整備された今だから、国・道州・市町村の役割分担を明確にして行政の効率化・スリム化を目指すとき。

行き過ぎた官の分業を集約・合理化する目的とあわせ、道州制は地方分権改革の究極の姿として期待が寄せられる。


「 道州制論議の沿革 」

松本先生の基調講演より、

地方自治感・自治体感の変化から近年分権改革の動向、道州制論議の経緯と意義と現状、道州制の制度設計と導入後の姿等、貴重な講話。

中四国州が実現するなら人口はベルギー、経済はスイス一国のGDPに匹敵する規模となる。 東京一極統治にこだわる理由は見当たらない。

例えば瀬戸内海の活用と環境保全を考えるとき、海に境界を設けて分割すること自体が芸当で、ウルトラEレベルに見えてくる。

中四国州として一元管理することこそ効果的。

瀬戸内海を野球場のセンターに例えると、現在、野手は5-6人。 凡フライさえお見合いし、落球、エラーする確率は高そうだ。

太平洋をライト、日本海をレフト、瀬戸内海をセンターと置き、少数精鋭のプレーヤーを守備につければチームは自ずと強くなる。

広域的な政策を素早く確実に実行できる最適な範囲と規模において、中四国州のあるべき将来に期待が持てると咀嚼した。


「 パネルディスカッション 」

識者のご意見と考え方を拝聴した時間。

石井知事は地方の自立と将来の発展可能性を強調。 未来の地域社会のあり方を見据え、道州制に期待を寄せる含蓄のある言葉。

こと、災害救助用ヘリコプターを共有する中四国の防災ネットワークの強化や、大学連携による教育深耕のための仕組みづくりを提唱。

何より道州制が目指す目的は、地域住民と密接に関わる市町村が動きやすい体制を整えることと、社会福祉の充実についての言及も。

大原氏は財力・知力・生活力・気力の4つの視点から、道州制について地方の文化を基軸に、親しみのあるご意見をくださいました。

東京のクオリティの低さという言葉をきっかけに、医者がいなくなる過疎地の生活劣化等、ナショナル・ミニマム観点の厳しい警鐘も。

篠氏は道州制の効果について、関西圏やデンマークとスウェーデンを結んだオアスン橋の経済効果等、具体的な事例紹介が印象的。

そうして識者3氏による道州制導入に関する考え方に加え、松本先生と大氏の総括を聞きながらシンポジウムは終了の運びへと。


最後に、会場にて配布された参考資料はオープンかつ詳しい内容であり、今後の より良い社会づくりのヒントが凝縮されたもの。

県民ひとり一人が道州制の理解を深め、理想の社会を目指すためのシンポジウム開催に心より感謝。 ありがとうございます


【編集後記】

岡山県の道州制講演は今後も目白押し。 11/8 津山会場、11/19 倉敷会場、2008/1/29はTVでお馴染み、寺島実郎氏の講演 にご注目。


ホームサイトマップブランディング 目次>道州制>岡山B構想岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ