生涯学習ブログ

学び直し、リカレント教育がテーマの菅野敦也のブログです。

ブログブランディング

次代のブランド構築ノウハウ、ブログブランディング考。

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
ブランディングについて考えるページ

ブランド創出物語
「 ブランド構築(創出)の流れ 」

2009年6月10日、コーポレートブランド(CB)価値2009年版を伝える日経朝刊の見出し、“任天堂、3位に躍進”。

首位はトヨタ(7回連続)、2位はキャノンと報じられ。 さてブランドとは、顧客(市場)より企業に授与された“信頼の証”。 その信頼を高める行為が、企業ブランディング。 そうしたシンプルな理解に基づけば、ブランド構築(創造)とは、市場との信頼づくりにほかならない。 と、軽やかに結論に達してしまいます。

では、どうすれば市場の信頼を得られるか。 これまたシンプルで、企業や企業の製品・サービス情報を、市場に届けるのみ。 やがて(良くも悪くも)適正な評価がくだされる。 但し以前は、情報を届けるコストが割高だった。

なるほど企業ブランド価値ランキングの上位を占める大企業群。 ブランド戦略と銘打ち費やした広告宣伝コストの大きさが窺えましょう。

( 次代のブランド戦略の参考書として 『フラット化する世界 [増補改訂版] (下)』『ソーシャル・ウェブ入門―Google、mixi、ブログ…新しいWeb世界の歩き方』 by Amazon. )


「 ブランディングツールとしての試作品 」

インターネットは世界を結ぶインフラとして社会に定着し、従来の情報配信コストは、創造的に破壊され。 情報消費社会に有用なコンテンツを作成することでWebサイトは、検索エンジンにより無料で紹介される。 実際、ウェブ社会に呼応すべくブランド構築ノウハウを模索するサンベルディエール運営の動く試作品としてのブログ、『幸せへの一歩』のレシピコンテンツがヒットして、1日1,000アクセスに達したり。

アドレス(正確にはURL)を持ちながら、月額運営コストは数百円。

ブログブランディングという未知のビジネス領域において、いち早く“次代のブランド構築ならサンベルディエール”というブランド認知を確立させる、ビジネスブログの試作品。 それが当ブログ『幸せへの一歩』であり現実に、市場の評価を実証するべく実績が必須となるわけです。 そして1日1,000アクセスの実績を得た今。

ブランド構築コンサルティング・ファームサンベルディエールとして、資本力不足により市場への情報配信を諦めていた経営者様にブログブランディングを提案、ノウハウをご提供し、あるべきブランド価値の創出サポートに努めたく。

中小企業のブランド戦術として、お役に立てれば幸いです。 

( 経営者様に有益なブランディングサービスGoogle プロフィール検索』『SBI Business』、参考ツールとして 『[ポーケン / Poken] - Panda』 by Amazon. )


【 編集後記 】

当ブログの1アクセスを、パンフレット1枚を配布したものと考え、月額運営コストを割り算してみると、パンフレット100枚の配布コストは1円、と算出されました。 折しも低炭素社会づくりに向けて“温暖化ガス15%削減”が掲げられており、その観点から、紙やインクを使わず刷り過ぎによる廃棄もないウェブ上のパンフレットは、その温暖化ガス削減効果において天文学的な数値(率)を提示するものと直感し、次世代型のインターネット広報ツールとして理想的ではないかと直観する次第です。


ホーム > サイトマップ > ブランディング > ブランド構築ノウハウ > リンク
Copyright (C) 2005-2009 SunVerdir. All Rights Reserved.

検索エンジンおもてなし、ホスピタリティ2.0!?

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
人気ブログの素養を探究するページ

幻想庭園Part2「ペイジワン・ジャズオーケストラ」 2008.8.17
「 仮説と検証の繰り返し 」

ブログの醍醐味は? と問われたら、「編集することの面白さ」と、お応えしたく。

画像は2008年8月17日、おかやまJAZZフェスティバルin 幻想庭園 Part2。 編集の楽しさに一度触れると、もう、やめられない。

しかもアクセス数が増えようものなら、どなたかのお役に立っているかも知れない、そんな楽観も手伝い、モチベーションは高くなる。

昨日も1,000アクセス突破を果たしていたり(拝)。

そこで閲覧に感謝を込めて、1週間1エントリーのブログが大量アクセスを得る理由について、以下、仮説を検証してみたいと思います。

下石井公園(西川アイプラザ)のSL機関車 2008.9.23
「 SEO(SearchEngineOmotenashi)仮説 」

そもそも論において、SEO(検索エンジン最適化)の本質を知るには、その理念の熟知が必須。

そこで グーグルの理念 を調べると、トップには、顧客視点が記される。 然してGooglebotは、読み手に対するサイト運営者のホスピタリティ度を評価する。

そんな仮説に基づき、ブログ構築を開始した。

「読みやすさ」を最優先事項にする発想は当然で、検索エンジン向けの おもてなし対策としては、内部リンクの増設を試みた。

下段の「パンくずリスト」は、そのひとつ。 それはサイトクローラーに、Web内をスイスイ往来してもらえる「どこでもドア」のようなもの。

まさに『検索エンジンおもてなし(SEO)』対策。

岡山☆JAZZナイトCafe in 柳川 2008.8.23
「 独創のコンテンツ 」

無から有を生むのは無理でも、既にあるものを組み合わせ、編集する創作活動なら僕にもできそう。

そんなふうに考え、始めてみると、楽し過ぎてやめられず。

しかも名所旧跡など地域の紹介は、読み手のお役に、同時に、地域活性化の一助になるとするなら、この上ない幸福感も味わえる。

だからアクセス増加は、嬉しくって仕方がない。

― 結論 ―

検索エンジンおもてなし仮説の検証において、人気ブログの素養は、1. 読み手よし + 1. 検索エンジンよし ≒ 『ホスピタリティ2.0』と結びたく。

21世紀型ビジネスの極めて重要な成功要因は、ホスピタリティ。 同じく人気ブログの秘訣も、「おもてなしの心」と検証するに至ったり。

人気ブログを目指すとき、文字の大きさとレイアウト、重点先行型の達意の文か、内部リンク数など、運営ブログの評価をお勧めします。

そうしてブログの醍醐味は、地域の表情やレシピをはじめ、編集することの面白さ。 と、冒頭部の応えを繰り返し、擱筆しようと思います。

いつも ご愛読くださり ありがとうございます


【 編集後記 】

 検索エンジンが提供するWebオーナー管理サイトのSEO効果が高そう。 ハッピーポータル『検索エンジンおもてなし』に集めてあります!!


ホーム > サイトマップ > ブランディング目次 > SEO > SEOmotenashi
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

桃太郎ジーンズ。 魅惑の岡山ブルー

ブログネタ
【著作 ロハス de 幸せ!】 に参加中!
地場産業のブランディングを試みるページ

1年間限定、岡山市路面電車、桃太郎ジーンズ号。
「 定番とは 」

 主に、アパレル業界の品揃えリストや、売れ筋台帳から外せない、既に由来すると憶測したい。

 トラッドジャンルなら紺ブレ(紺色ブレザー)、ブティック街ならルイ・ヴィトン等、店頭、街頭の演出に欠かせない商品やブランドを示す流通業界の専門用語。

 さて、ジーンズ(デニム)の世界定番を目指すブランドが、岡山県倉敷市児島で健やかに成長中。 その会社は、『桃太郎デニム』『桃太郎ジーンズ』をはじめ、伝統の藍染めの、あくなき追求を続ける 本藍染工房 有限会社 藍布屋(らんぷや) さん。

 パリでのブランディングに手応えを感じたと聞いている。


大きな地図で見る
桃太郎大通りの直販、DENIM HOUSE by RAMPUYA. 城下店さん。

岡山のジーンズ路面電車 2008.5.26
「 デニムとは 」

 フランスのニームで生まれた、先染め厚地綿織物が起源とのこと( 画像は2008.5.26、ジーンズ電車 )。

 そんなデニム先進国のパリジャン(パリっ子)が、日本の伝統、倉敷の本藍染を審美したとして不思議なく。 さらにパリからの指名は、世界最高峰の証とも。 フランスが認めるブランドデニムなればこそ、プロダクトというよりアートな作品。

 桃太郎ジーンズ が世界のジーニストを魅了する日は近そうだ。

 仕上がり待ちとなる前に、入手しておきたい定番アイテム。 元気な桃太郎をブランドマークするユニークさ、思わず紹介したくなる岡山の傑作デニムです。


【 編集後記 】

 瀬戸内海の海水で洗われる桃太郎デニムの斬新な映像に、世界へ発信するメッセージの強さを感じたり。 今後の展開を楽しみに応援しています


ホーム > ブランディング目次 > 桃太郎 > 岡山ブランディング構想
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ