ブログ・ブランディングのコツを伝えるページ

staub(ストウブ)社 ココット・オーバル・ブラック
想いを綴る ブログ・ブランディング

「 ブランドづくりはブログから 」

2006年 9月、Web利活用によるブランド構築を目的にスタートしたブログサイト「幸せへの一歩」。

今では月間PV(ページビュー)も2万PVに近づき、ブランディングサイト最低限の役割を担っています。

さて、そのPVを飛躍的に向上させた秘訣とは?


「 アクセスUPのコツ 」


1. コンテンツの存在意義は目的と達成(GOAL)

ページヘッドにコンテンツの概要を明記、文末でGOALする。 アクセスした読み手の目的に合致すれば閲覧され、期待に応えれば好感を得ることに。

そうでなければ徒然日記、つれづれなるまま消え易い。

比較的運営しやすいのは「出来上がり」というGOALが明確なレシピ。 美味しい手料理をレシピに綴るだけのもの( 参考 レシピmomo )。

読み手の目的は調理方法で、GOALはシンプルな完成図。 しかもチェックポイントなどオイシイ提案がリピーターづくりに効果的。


2. タイトルは簡潔になり過ぎず 必要に応じてサブタイトルも

たらこスパゲティの作り方! 明太子パスタのレシピ」の場合

そのタイトルは長めだが、情報の探し手視点に立つなら必要かつ十分のキーワード( 月間 1,058PV 平均閲覧時間 06:31 )。

キーワードツールは使わず黙々と、読者になりきり検索サイトに単語を入れてみる。 それ!と思う結果に辿り着いたらしめたもの。

それらキーワードの組み合わせがタイトルを最適化。


3. 理念をより美しく

何のためにサイト(コンテンツ)はあるのか? すべては読み手の為に。 読み手の時間を無駄に奪えば次のヒットは無いと考える。

中途半端なサイト誘導はスパムとなり易く、ブランディングはおろかブランド失墜も。 読み手の為になる運営理念を美しく!

目眩がするほど高邁な理念を掲げると、そこから修養がはじまったりするから絶対オススメ( 参考 サンベルディエールの理念 )。

以上、サイトアクセス増加のための3ポイント。


「 SEO対策を施さないことが 最大のSEO対策 」

そんなキャッチコピーも珍しくなくなった昨今。 まったく対策を行わない事例はよそに、ある意味一理あるのです。


「 最強のSEO対策は 最良のコンテンツづくり 」

そう置き換え、テクニカルな検索エンジン対策はほどほどに、読み手の価値あるコンテンツを創出することがアクセスアップの早道。

優良ページであるならば、必然的に上位表示されるはず。 強引なSEO対策、それは偶然を狙う行為で、偶然とは、永くは続かない。


「 成功のコツは2つある 」

イエローハットの創業者 鍵山秀三郎氏の有名なお言葉。 その答えは「コツコツ」と。 何ごとも「継続は力なり」ということだ。

そうして「コンテンツ」5文字の前後2つの文字を合わせて「コツ」。 気概を持ってコツコツ、コンテンツづくりに励みたいもの。


「 ブランドづくりはブログから 」

役立つコンテンツをコツコツ綴るブログ・ブランディング。 そんなサンベルディエールのブランド向上もコツコツ進んでいる感じ(嬉)。


【編集後記】

TOPの画像はストウブ(STAUB)社のココット・オーバル・ブラック(楕円のシチューパン)。 明日はそのブランドの魅力に迫ります。


ホームサイトマップブランディング 目次>コツコツ>デザイン岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.