生涯学習ブログ

学び直し、リカレント教育がテーマの菅野敦也のブログです。

ビジネス

新規創業 フォローアップセミナー @ 岡山県立図書館 2008.2.16

ブログネタ
【 岡山ブランディング構想 】 に参加中!
新規創業支援セミナーを記録するページ

集合知の館 岡山県立図書館
創業支援セミナーの目的は、

岡山県の起業家及び実業家を対象に、百戦錬磨のコーチングの達人よりマネジメント・ノウハウを学び、

同時にモチベーションアップと右脳化を促進し、アイデア発想力を高めてビジネスモデルをブラッシュアップさせること。


【 基調講演 】

演題 「 ビジネスプランのブラッシュアップに役立つ7種類22分類の手法 」  事例紹介 「 過去の創業事例から学ぶ、成功・失敗の分岐点 」

< 講師 > アントレプレナー・コーチング 中山 匡(なかやま ただし)氏 (兼 文部科学省 生涯学習開発財団 認定コーチ)

その道のプロが、あなたをガイド。All About
 ご参考 ・中山先生のプロファイル by AllAbout.

日時 2008年2月16日(土) 10:00〜15:00 岡山県立図書館 2階 多目的ホール・サークル活動室

主催 ・中国経済産業局 ・岡山県 ・(独)中小企業基盤整備機構 中国支部 ・(財)岡山県産業振興財団


「 共感を伝えられる人 」

岡山県の創業者を逞しく育てるフォローアップセミナーの講師は、アントレプレナー・コーチング 取締役社長の 中山匡氏。

同氏は1972年(昭和47年)栃木県生まれ。 東京大学 大学院を卒業後、コンサルティングファーム 株式会社 日本LCAへ入社。

2003年独立、教育情報事業化研究所設立の翌年、文部科学省 財団法人 生涯学習開発財団 認定コーチ資格(第1039号)を取得。

2005年、アントレプレナー・コーチング 日本本社を設立。

物理学より自然現象を支配している法則を見出し、「法則をもとに未来を予測する」という気づきをビジネスに活かす天才肌の持ち主。

セミナー受講者と対面して3方向にお辞儀をするなど、礼節とホスピタリティ(おもてなしの心)を備えた次世代型の経営コンサルタント。

商売の成功方程式を会得した若き御仁とも。


「 マインドセット 」

プレゼンテーションの達人が創り出す和やかな雰囲気。

自己紹介を終えるやいなや参加者をペアにして、相手の目をしっかり見つめる挨拶を励行し、まんまと会場を一体化。 さすが。

既にこの時、セミナーの成功は約束されたはず。 都会で活躍するコーチングのプロフェッショナル度は期待を遥かに超えていた。

そうして燐席のKさま、ありがとうございます。 内容の充実した貴重なセミナーに、嬉しい発見を加えることができました(感謝)。


「 自らの事業プランへの“しっくり感” 」

出口の見えない堂々巡り型思考や、目的達成を伴わない放射型思考を抜け出す方法は、己のビジネスプランに対するしっくり感。

腑に落ちる、というそれだ。 そのアイデアを、多種多様な1,061のビジネスモデル解析で導き出した7種類22分類に落とし込む。

なるほど、少しずつしっくり感が増してくる。 あぁっ! それだったのか!? そんな表情をあらわにしたのは、私だけではないはずだ。

頭の中がキレイに整理され、しっくりと腑に落ちた。

参照リンク 7種類-22分類しかなかった! (注 音が出ます)


「 販売経路図というビジネス・ウェポン 」

引き続き、ビジネスプランをブラッシュアップする7種類22分類法に基づきフローチャート(流れ図)を作成し、事業の体系化を試みる。

仮説がみるみる数値化されて、ビジネスの継続可能性が検証されてゆく。 いわば損益シミュレーション機能を備えた事業計画書。

時として、起業家の時間とヤル気を奪い去る壮大な事業計画書づくりも、紙一枚とペンがあればサクッと仕上がる驚愕の優れモノ。

しかも5年後、10年先のマーケットを正確に仕留めるマネジメント・ツールと呼ぶべきなのか。 こんな凄い方法があったとは……。

参照リンク 大ヒットするかどうかを知る方法!!


「 ホスピタリティ・マネジメント 」

顧客が一度は満足した後、顧客は一体、何を求めるだろうか?

と、問いかける中山講師のレジュメの正答のひとつは、あらためてホスピタリティ(親切な顧客視点とも)に着目することではなかろうか。

モノやサービスに溢れ、廃業数が起業数を上回る今、出尽くし感のある新規ビジネスモデルに固執するよりホスピタリティ研磨が効果的!?

“運は親切をした相手の背中から来る”―  最近、読了した客家のビジネス金言の筆頭を想起する( 客家大富豪 18の金言 by Amazon. )。

澄んだ空気と豊富な水量、肥沃な土壌と瀬戸内海が育む恵みの食材、交通&情報インフラの発達、何より向学心旺盛な優秀な人材等、

都会が羨望する岡山のビジネス・リソースは無尽蔵。 ほんの少しホスピタリティを足すだけで、広がるビジネス・チャンスも無限大。

明るい“いらっしゃいませ”のひと声で、キラキラ感のあるプレゼンテーションに切り替えて、売り上げ倍増した、なんて話は星の数。

(小職ブログも役立つサイトを目指して精励しなくては……、岡山まるごとブランディング、合言葉は「岡山を人気者に!」ですからネ)

既存のビジネスに、少しホスピタリティを加えて大きく飛躍。 いつの時代もこれからも、お客様のリピートは好意に対する好感次第。

そうして今をときめくコーチング・マスターに学べる希少なセミナー機会を創出くださった皆さまに心より感謝を。 ありがとうございます


【編集後記】

参考図書 ・リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間 ・ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代 by Amazon. 宜しければ!!


ホームサイトマップブランド有機栽培>セミナー08>セミナー07岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

ビジネス交流会 in 岡山 2007.8.22

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!
岡山のビジネス交流会を記録するページ


地域資源活用に関する講演会と事例紹介を通して その理解を深めるとともに、企業のマッチング機会を提供するビジネス交流会。


【 ビジネス交流会 次第 】

1. 「 中小企業地域資源活用プログラムの概要について 」 14:05〜15:00  講演担当 中国経済産業局 産業部 中小企業課

2. 事例紹介 15:00〜15:30  「 岡山県立大学産学官連携推進センターの活動紹介 」  担当 岡山県立大学

「 地域資源としてのピオーネを活用した新事業展開 」  担当 宮下酒造株式会社

3. 名刺交換会 15:40〜17:10

2007年8月22日(水) 岡山商工会議所 1階 大会議室  主催 岡山商工会議所


「 中小企業地域資源活用プログラム 直感する期待 」

中小企業の新しいビジネスアイデア・新規のビジネスモデル・経営革新等を、資金面からバックアップするのが従来型の支援策。

一方、地域資源活用による新規事業創出をテーマに打ち出し、それをサポートする専門ノウハウの提供がこの支援策のポイント。


「 人的ネットワークによる支援 」

優れた人材をかき集めて力強い景気回復を続ける都会と、回復・発展を誓った途端に地方が直面する人材不足という難題。

域外市場に効率良く売り上げるマーケティング技術や、地方資産をあるべき価値まで高めるブランディング・ノウハウ等、

金銭で解決しきれない地域の課題を国のネットワークを利用することで、都市部に偏る人材の再配置を行ない解消する支援策。 


「 売れる商品づくり支援事業 」

この売れる商品づくりとはプロモーションに重きを置くもので、プロトタイプ(試作品・商談見本)補助制度は目玉のひとつ。

都会のトレンディな風情を盛り込むデザイン付加フォローや、展示会・見本市・イベントを活用する販売ノウハウの確保等

まず、商談において売れる可能性を引き出し、地域発のヒット商品輩出を狙うもの。 全国マーケットを制する支援策とも。


「 販路開拓支援事業 」

地方の匠が欲するもの、それは販路ではなかろうか。 地域と中小企業がともに生還するタイムリーな事業となりそうだ。

地域資源活用の先に見えてくるのが地方経済の活性化。 しかも気運を活かす中小企業のエクセレントカンパニーへの花道も。

オンリーワン事業だから。 競合したくとも地域資源は都会になく、参入しようにも距離という強固な障壁が既に高く築かれる。

あまりにも魅力的な事業機会……。 


「 事例紹介 ヒットの予感 」

岡山特産ぶどう ピオーネの皮エキスを配合した『ぴおぅね酎』のポリフェノール含有量は、ぶどうジュースの約10倍と魅力的。

ポリフェノール 従来ジュースの約○○倍!を平易に説明するコラムを連ね、検索エンジンの紹介を誘えばヒットは目前。 高まる期待。

Miyashita Sake Brewery Co., Ltd. 岡山の地ビール「独歩(DOOPO)」
 岡山の逸品 produced by 宮下酒造.


「 名刺交換会 」

昨年より3割多いかな? 満席に達したセミナー会場は熱気に包まれ、会場のあちこち、積極的で発展的なビジネスマッチング。


最後に、地域資源活用を主軸に進む中小企業の支援策は過去に比類なく、多くの嬉しい成功事例を目の当たりにする予感が致します。

開催関係者の皆さま 名刺交換会に参加された皆さま ありがとうございました  (サンは岡山のエバンジェリストに努めています)

【編集後記】

地域資源に富める岡山なればこそ、今後の発展が楽しみ。 都会の羨望を一手に集める、そんな気運をひしひし 感じます。


ホームサイトマップブランディング 目次>交流会>岡山B構想岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

備前岡山京橋朝市に学ぶ ブランディング

ブログネタ
【著作 ロハス de 幸せ!】 に参加中!
備前岡山京橋朝市(岡山朝市)を紹介するページ

備前岡山京橋朝市は県庁と京橋のあいだ、旭川のほとりで通例毎月第一日曜日、日の出頃からはじまる岡山の朝市。

【備前岡山京橋朝市】 露店の食べ歩きが楽しい月行事。


新鮮野菜・肉・魚ほか、旬の素材を求める食通で賑わう市民市場でもあるのです。

2006年10月1日(日) 『備前岡山京橋朝市』会場において、野菜露店商のブランディングを比較させて頂きました。

一般的な展示状況♪
山から海から採れたて素材がところ狭しと並べられ、

バサッと無造作に積み上げた新鮮な野菜の上に、ダンボール片に殴り書きしたプライスカードと

これゾ朝市の醍醐味! 新鮮、しかもお買い得。

ブランディング♪見つけた!
一方、若い店主がまかなう露店の様子。

野菜のレイアウトのメッセージ性は強く「カレーはいかが?」など、いまにも語りはじめそう。

「展示もアート」とばかりに、リピート誘う豊かな創造性。

小玉ネギ(ペコロス)の横には、素揚げのレシピ。 粋な提案に思わず手が伸びゆくコンテキストづくり。

次の来店を誘う、買い物袋に差し込む正規店舗のミニパンフ。

一見客を顧客に変換する、継続性に重きを置いたブランディング。 恐らく来月もココへ足を運ぶことになるでしょう。

新たな発見と嬉しいサプライズ、今後の発展に期待をします。


【編集後記】

岡山は知られざるグルメな街。 そんな岡山県の高級食材が無造作に並ぶ朝市。 おいでんせー「備前岡山京橋朝市」へ。


ホームサイトマップブランディング 目次>朝市>高級割烹岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ