生涯学習ブログ

学び直し、リカレント教育がテーマの菅野敦也のブログです。

デジタルトランスフォーメーション

「スーパーシティ」構想。自治体アイディア公募の応募を促し、地方議会を動かす『陳情書のトリセツ』with 徳業としての岡山令和刷新事業.

新型コロナウイルスに直接または間接的に罹災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。

「スーパーシティ」構想 自治体アイディア公募 ” の応募を岡山県ならびに岡山市に促すページ
( 自治体との効果的協働模索に臨み、議会を動かす『陳情書のトリセツ』の概念化を兼ねて書きました )


口移動 転出超過を逆転させる「スーパーシティ」構想の応募に関する陳情書

スーパーシティ構想にSociety 5.0シティ国家プロジェクト(案)を重ねている私は、下記の法案の成立により岡山市や倉敷市、早島町、そして岡山県にとって大きく躍進するチャンスが訪れたと断定的に確信しており、自治体の推薦を得ることで、新しい生活様式に即した街づくりができれば有り難いと願っています。

「国家戦略特別区域法の一部を改正する法律」の成立について
「スーパーシティ」構想の実現に向けた制度の整備、地域限定型規制のサンドボックス制度の創設、特区民泊における欠格事由(暴力団排除規定等)等の整備、を盛り込んだ、「国家戦略特別区域法の一部を改正する法律」は、令和2年5月27日に政府提出案どおり成立いたしました。

そもそも内閣府は昨年9月より「スーパーシティ」構想の実現に向けて検討を進めている自治体等から幅広くアイディアを募集しており(「スーパーシティ」構想 自治体アイディア公募要項)、そこに記載された応募主体は基本的に地方自治体なので、応募行動を速やかに起こして戴きたく、下方に転載した陳情書を岡山県議会ならびに岡山市議会へ提出(郵送)した次第です。と、市民の陳情書程度で果たして議会は動くのか?

解決が急がれる地域社会問題に誠意をもって取り組んでいるか、議会モニタリングの仕組みを実装
市民(住民)の “ 陳情に対する賛否 ” で見える化する『議員スコアリング

そこでフィジカル空間に存在する岡山県議会岡山市議会に提出する陳情書は斬新かつ革新的であればあるほど、閉塞ムラ社会のシガラミにおいて恣意的に処理されるのが一般的と考えて、昨年11月。フィジカル空間のみならずサイバー空間において陳情書を共有するという、サイバーフィジカルシステム(CPS)の応用利活用により創出した情報/価値によって産業の活性化や地域社会のディープな問題の解決を図る “ 陳情書インスタレーション ” 構想を公開していたのですが、前掲「国家戦略特別区域法の一部を改正する法律」の成立に際し、リアル社会とネット空間の融合から誕生した構想アートの中の一つ『OMOアート』は今まさに試行錯誤から脱却しベールを脱いで、結実をみようとしています。さっそく下記、陳情書2通を共有いたします。

陳情書に同封した書類一覧(岡山県)】 1. 添え状 2. 陳情書
3. 内閣府 「スーパーシティ」構想 自治体アイディア公募要項 4. 参考資料:日本経済新聞社 電子版 “ スーパーシティ法が成立 まちづくりに先端技術活用 ” 5. 参考資料:“ 農家レストランの農用地区域内設置に係る特例措置の全国展開 ” & “ 緊急提言: Beyondコロナ 国家プロジェクト2020
地域社会の問題点
ライドシェアの導入に反対し、タクシー事業の適正化・活性化を求める意見書
・ 山陽新聞社Web版 “ 岡山県内18市町村が転出超過 19年人口移動 流出解消されず
・ “ BRT 導入のための、MaaS 激論。路面電車の創造的廃線について未来志向で語りたい
陳情書に同封した書類一覧(岡山市)】 1. 添え状 2. 陳情書
3. 内閣府 「スーパーシティ」構想 自治体アイディア公募要項 4. 参考資料:日本経済新聞社 電子版 “ スーパーシティ法が成立 まちづくりに先端技術活用 ” 5. 参考資料:“ 農家レストランの農用地区域内設置に係る特例措置の全国展開 ” & “ 緊急提言: Beyondコロナ 国家プロジェクト2020
地域社会の問題点 】・ ライドシェアの導入に反対し、安全安心なタクシー事業を守る施策推進を求める意見書の提出について
・ 山陽新聞社Web版 “ 岡山県内18市町村が転出超過 19年人口移動 流出解消されず
・ “ BRT 導入のための、MaaS 激論。路面電車の創造的廃線について未来志向で語りたい


令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式」へ先祖返りする Society 5.0シティ


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 Beyondコロナ 国家プロジェクト2020 】2020.4.26 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『Beyondコロナてんでんこの生存戦略』からの再掲ですが、「Beyondコロナ 国家プロジェクト2020」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Society 5.0 スーパーシティ構想
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

すでに起こった未来は、東京一極集中の終わりの始まり。Beyondコロナの国家プロジェクト 〜 地方創生 Society5.0シティ構想 〜

新型コロナウイルスに直接または間接的に罹災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。

地方創生 国家プロジェクト 2020 ” 構想のページ

新たに岡山を誇り|アルファステイツ表町
ジタル格差と定常型社会住宅双六

折込チラシを眺め、東京に暮らした10年弱に巡らす想い様々。Google MeetZoomMS Teams 諸々、Web会議システムが地方都市に齎す快適で高効率なリモートワークの日々に感謝するばかり。

通学・通勤に利用したJR中央線や東急目蒲線はまだしも、JR赤羽線(現在は埼京線)や東京メトロ千代田線で窒息寸前、寿司詰め電車の記憶を忘れはしない。でもしか今朝に至って振り返るなら、大阪14年を含めた大都市圏での生活あらばこそ、地方都市への移住構想は豊かに膨らみ夢は目標に置き換わり、OODAループは円滑に回って2006年。20年間に渡りマーケターに鍛えてくれた上場企業に深謝し、10倍超に育てたポートフォリオをキャッシュポジションに移して不動産(住宅)投資へ切り替え、退職・移住を以って計画完遂。

地方暮らしで物件価値は上昇し、自らはローカルキャリアを手に入れる。そんな時間投資もまた成功。


東京時分は秋葉原エリアを中心に担当し、大阪へ異動後は情報通信事業本部で東京メガマーケットおよび全国主要都市でのマーケティング職を担った私に、静かに忍び寄る巨大都市生活のパラダイムシフトに気づかせてくれたのは、紛れもなくブラウザ。時代をサーフィンする私は、Netscape NavigatorからChromeへ。検索窓から覗いて学ぶ住宅双六のこと定常型社会へ遷移のこと、それに沿う構想を描いておくのもまた大事。

1次情報を吟味し、編集。暮らしに活かせる応用技術なくして地方都市での快適な生活は成立し得ない。


翻って1次情報を吟味し、編集。暮らしに活かす技術があれば快適な地方の生活は担保されましょう。

さて、冒頭。東京一極集中の終わりに関し、私は預言者ではなく構想アーティストなので、いつでも反都市化の始まりに対応できる構想を描き備えておりました。一つは極力お金をかけず、法人格を所有すること。それは民間への委託事業に入札エントリーするには法人格が必要で、民間事業者同士のコンソーシアムにおいても法人格を持たなければ協業は難しい。さりとてダウンサイジングの時勢、持続コストは極力ゼロがよい。

なればと、未来指向の同志とともにNPO法人を立ち上げ、岡山県と市の入札資格を獲得。臨む、3期目。

Beyondコロナの首都圏をサポートするのは地方都市であり、同時に岡山県の場合は県都を担う岡山市の使命であって、首都圏・関西圏ほか大都市圏から地方を目指す人々を事業ターゲットに据えた、実のある地方創生プロジェクトを構想し起動すべき時機。ということから今号のタイトルは、リモート化で格差を拡大させないための「Beyondコロナの国家プロジェクト 〜 地方創生 Society5.0シティ構想 〜」を掲げる次第です。


型コロナの標的はオールドタイプ社会イノベーション督促ウィルスか !?
 〜 リモートワークが催促する「新しい生活様式」≒ Society 5.0シティ


岡山へ移住して約14年、閉塞社会の地域課題を具に抽出してきた私。Web記事「リモートワークこそ、新しい働き方をプロトタイプする好機である」は正鵠を射ており、COVID-19そのもの超高齢化社会と人口爆発を是正する自然の摂理と仮定するならば、旧態依然として腐った楽園を築いた岡山市のオールドタイプからニュータイプへ世代交代を催促する某であり、いわば「社会イノベーション督促ウィルス」とも換言可能。

Beyondコロナは意外にも健やかな社会(Society5.0シティ)の始まりだと私は愚直に信じています。

NEWS PICKS WEEKLY OCHIAI: 【落合陽一】コロナ格差と教育を考える

トークセッション動画の中で「ニュータイプの時代」を上梓された山口 周さんはリモートワークによるパフォ−マンスの個人格差に触れていますが、例えてマイ徳業ワーク “ おかやま市 MaaS プロジェクト ” は社会課題に向き合うコレクティブインパクトの試作物であり、仮想空間の中で完結をみるサイバー事業。


SDGsはイノベーションの宝庫と考える私は、いつまで待っても解決されない全国ワースト屈指の待機児童問題を氷山の一角とする岡山市は何故ディープイシューの宝庫なのか。それら問題の本質はベンチマークによって発見できるので、リモートワークを通して一騎当千の変革の志士に徹し、刷新を継続しようと存じます。


令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式」へ先祖返りする Society 5.0シティ


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 Beyondコロナ 国家プロジェクト2020 】2020.4.26 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『Beyondコロナの GovTech & CivicTech』からの再掲ですが、「Beyondコロナ 国家プロジェクト2020」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 地方創生 Society5.0シティ構想
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

Beyondコロナの GovTech(ガブテック)& CivicTech(シビックテック) Code for Okayama(コード・フォー・オカヤマ)想起録

新型コロナウイルスに直接または間接的に罹災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。

Code for Okayama ” 5年を経て再考に就くページ

Beyondコロナ 国家プロジェクト Society5.0シティ
ブテックが行政を効率化する可能性

テックスープ・ジャパンお知らせメールを起点に昨日は朝7時より8時半まで、Code for Japan 主催 “ 緊急開催)npoのための事業変革とIT活用ミニセミナー ” を聴講。その流れに乗り、在宅勤務を終えた19時からは “ Civic Tech Live! Online ver. #3 ” も聴講したことから、Google MeetZoomMS Teams 諸々WebMTG三昧の一日。快適で高効率なワークスタイルの普及に感謝するばかりです。


さて、冒頭。初めて私が “ シビックテック(CivicTech)” に触れたのは Code for Japan 代表 関 治之さんのエントリーで、2014年当時。岡山の街づくり研究会にジョインしていた私は素敵にインスパイアされて「Civic Tech(シビックテック)。 Code for Okayama ( CfO : コード・フォー・オカヤマ )を考える」とタイトルを冠し、脊髄反射のままにエントリー。三歩歩いて忽ち忘れたものの、セミナー申し込み欄の質問「何でCode forを知ったorいつ頃からCodeforに関わっているか」により、5年半ぶりに投稿を想起。


そこからスイッチが入り、社会課題に取り組むNPOの現場に活動しコレクティブインパクトを生み出すためのソーシャル・テクノロジー・オフィサー(Social Technology Officer)募集!ページからCode for JapanのSlackへ入室。今しばらくCivicTech(シビックテック)やGovTech(ガブテック)について学ばせていただき(エンジニアではない私ではあるけれど)、腑に落ちるところあらば、Code for Okayama(コード・フォー・オカヤマ)構想を再び膨らませ、手足を動かし CfO 実現の協働へ踏み出してみようかと。

そうやって情報探求を進める中、株式会社トラフィックブレイン 代表取締役トークに釘付けに…。


それは令和元年に臨み、マイ徳業ワークの一環として位置づけた岡山令和刷新事業おかやま市 MaaS プロジェクト ” に太田 恒平さんのコンテンツは激しく重なり、オープンデータから展開される氏の専門性は海より深し。サイバー空間で太田さんを勝手同志に指名した私の気分は、力強いハンドシェイクのそれ。拙エントリー『Beyond下剋上のイノベーション。腐った楽園のディープイシューを解決に導き蘇生する、Withコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)』を具体的に実現させるにあたり、トラフィックブレイン社の自動ダイヤ改正支援システム「Dia Brain」と同社ブログのラストの行「3.合意形成」に着目しています。


太田氏ほど(私を除き)岡山市の公共交通の問題の本質に踏み込んだ県外の人を、私は知らない。


令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式」へ先祖返りする Society 5.0シティ


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 Beyondコロナ 国家プロジェクト2020 】2020.4.26 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『Withコロナのサイバーフィジカルシステム』からの再掲ですが、「Beyondコロナ 国家プロジェクト2020」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > シビックテック Code for Okayama
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

Beyond下剋上のイノベーション。腐った楽園のディープイシューを解決に導き蘇生する、Withコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)

新型コロナウイルスに直接または間接的に罹災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。

Beyondコロナ ” の創造戦略を考察するページ

Beyondコロナ 国家プロジェクト Society5.0シティ
イバーフィジカルシステム(CPS

スクープは大きくふたつに分けられます――。

そう書き出す、私淑してやまない橘玲さんの日々刻々『日本の美術界は「腐った楽園」』の冒頭。ディープイシューとスクープの宝庫おかやま市に暮らす私は氏のコラムの延長線上に、サイバーフィジカルシステムにより炙り出されるであろうスクープを連想し思わず、ほくそ笑んでしまいました。

なぜなら橘さんの言説「(スクープの)ひとつは、これまで一般に知られていなかった秘密を暴くもの。もうひとつは、誰もが当たり前だと思っていたことに対して、『それはルール違反だ』と指摘するものです」に従えば、フィジカル空間がサイバー空間に包含された今に至って後者は、幾何級数的に激増する。そんな想像は難くないばかりか、拙ブログ「百年に一度の百年河清」でレポートしたように、岡山市の閉塞社会の偶像崇拝は終わりを告げて、サイバーフィジカルシステムが炙り出すスキャンダラスな御仁のスクープまたぞろ。


それはルール違反だ――。卑近な例をあげるなら、公金が投入された「あいちトリエンナーレ」は全国的に物議を醸し、ここ住民サービス劣化の一途の岡山市が企業のブランディング事業に公金および職員を投じた「岡山芸術交流 Okayama Art Summit」等は、それはモラル違反だ!と指摘ができる後者のスクープ。


CPSの普及によりタコツボ化した社会が根底から揺らぐとき、グレート・リセットは必然のものとなり、すでに起こった未来のイノベーションこそ “ 徳業スコア ” で、そこから派生するのは首長スコアリング議員スコアリングという為政者精査のための、信用スコア。翻って信用スコアが著しく低い首長や議員が炙り出されるようになると、ブロックチェーン技術の応用利用により「誰々により選ばれた」もまた可視化されてしまう、そんな傀儡市政を擁立する人々には厄介な新しい生活様式がスタンダードになるかも知れません。



共交通ではない興行電車チャギントンの道路占用料の支払いは?

誰もが当たり前だと思っていたことに対して、『それはルール違反だ』と指摘する――。

例えば岡山市では、中心市街地の幹線道路中央部を占有する日本一短い路面電車の軌道上を、公共交通機関ではない興行電車おかでんチャギントン」が運行を始めたものの、道路の占用許可申請はどのように為なされているのでしょうか。軌道法との深い関連があるようで、私の判断は及ばないものの、それでも興行電車を走らせる傍ら赤字を理由に補助金を要求する事業会社の所業は、それはルール違反だ!と私は思います。

さらに一つ「腐った楽園」で想起するのは、岡山市都市整備局 交通政策課による法定協議会岡山市公共交通網形成協議会 ” 。昨年8月「宇野バス 両備バスの比較で判る、岡山市の公共交通機関の問題の本質」で報告した通り、弛まぬ経営革新に努めつつ「理想は補助金なしの経営」を標榜する宇野自動車株式会社に対し、杜撰な経営を続ける傍ら「交通維持へ補助金早く」と催促する両備グループ。社会の評価は…、勝負あり。


岡山市の健やかな未来のために働く私たちは宇野自動車株式会社の経営思想が崇高であることを深く理解・共有し、今後。岡山県の県都を担う岡山市の公共交通新システムを創出するリーダーとして、10年先への革新を続ける同社に依頼をしなければ、岡山市都市整備局 交通政策課による腐った楽園と化した法定協議会への宇野バス社の参加は二度と望めないのではないでしょうか。リーダー選びを間違えれば岡山市は終わる。

岡山市の公共交通再生の鍵を握るのは、適正運賃で全国2位。誠実経営を貫く「宇野自動車株式会社」。


さて、確証バイアスの危険性を指摘するコラム『「王様は裸だ!」と言える人、周りにいますか 〜 追認バイアスから自由なチームが腐敗を防ぐ』を読めば腑に落ちるように、悪魔の代弁者を徹底的に排除した上で、付和雷同の面々あるいは面従腹背の ―― 例えばオカヤマアワードで私的喝采を浴びたような ―― 人々で企業や地域が構成されてしまえば同調圧力により批判・反論がしづらい空気が醸成され、未来志向の発展的な議論は続かず、健全な社会を創造する思考の蒸発を奇しくも繰り返す。そんな末法の世で機能するのが、下剋上

その下剋上の後に芽生えるのは、新機軸。名づけて、Beyond下剋上のイノベーション……とも。


令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式」へ先祖返りする Society 5.0シティ


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 Beyondコロナ 国家プロジェクト2020 】2020.4.26 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『コロナてんでんこ、自給自足の生存戦略』からの再掲ですが、「Beyondコロナ 国家プロジェクト2020」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Beyond下剋上のイノベーション
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

Beyondコロナ(COVID-19)by 岡山令和刷新事業. 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり。百年に一度の、百年河清の好機到来!

新型コロナウイルスに直接または間接的に罹災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。

Society 5.0 ” 地方都市の再生戦略を考察するページ

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室
山県 帰国者・接触者相談センター

取り急ぎ私たちの街を岡山県を、そして国全体を持続させるため、冒頭。国からの1次情報を正確に得るための専用ページ “ 新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の対応について|内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室 ” をリンクいたします。

そうやって蔓延防止に集中する傍ら、すでに起こった未来への備えも極めて重要。『別荘地に「コロナ疎開」? 那須、軽井沢で滞在者増』の記事から推察する、首都圏・関西圏からの地方回帰や、その加速の兆しは事実としてアリアリ。東京一極集中が逆回転を始める日は案外近いと私は想定していたももの、未知のウィルスによりトリガーが引かれるというシナリオは、なるほど想定外でありました。


さはさりながら首都圏一極集中の逆回転の始まりを目の当たりにした今。上記リンクの「新・首都機能移転論」をも包括する、5月以降の日本の新しいカタチの想像は難くなく、地方都市に住まう者として準備すべきは首都圏・関西圏からUJIターンをなさる方々の受け入れ体制の整備と充実。下記、実状を動画で共有。

コロナ疎開。入学したのも束の間 “ 戻って来なさい ” の親心は当たり前

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条第1項の規定に基づく緊急事態宣言の発出後、都道府県の知事から各々都道府県民に向けたメッセージが発信されており、我が県、岡山県知事の発言は下記の通り。

伊原木さん。男はつらいよ “ だけど知事 ” それを言っちゃあ、おしまいよ

岡山県のリーダー(首長)として、岡山県民を守る気持ちは理解できても、今やグローバル国難の真っ只中。ノーブル・ライとは言わないまでも、まさに医療崩壊に直面する東京への配慮なき、相互扶助の精神に欠けた「県境を越えての来訪を全く歓迎していない」の言はダメ。ゼッタイ。そもそも、東京や大阪など感染が拡大している地域から岡山に避難してくることは慎んでほしい――。その文脈から連想するのはトランプ大統領の「NY州などから他州への移動規制案の撤回」ニュースで、ニューヨーク州アンドリュー・クオモ知事が「州に対する連邦政府の宣戦布告だ」と激しく断じた反論の一節を借りれば、「東京・大阪に対する岡山県の宣戦布告だ」と流用可能。伊原木隆太岡山県知事は私が応援している数少ない為政者の中のお一人ですが、よもや自国ファーストならぬ「自県ファースト」を標榜せぬよう、密かにお願い申し上げる次第です。妄評多罪


北海道で生まれ札幌に育てられ、東京・大阪25年。首都圏および国内大都市圏のメガマーケットを東奔西走し、その後2006年に岡山へ移住した私。平成30年7月豪雨に遭遇した岡山県は、首都圏・関西圏はじめ、全国各地から多大な支援をいただきました。人口10万人あたり病院数は第4位で、人口10万人あたり医師数は第3位の岡山市。医療崩壊に直面する東京都を、今まさに助ける側だと思うのです。むろん高まる感染リスクは、私も等しく自分ごと。然は然り乍ら「県境を越えての来訪を全く歓迎していない」と私は言えない。

小さな島国に生きる私たち、困ったときはお互い様。捨てよう島国根性! やめよう自県ファースト !!



年に一度の百年河清のチャンス到来。偶像崇拝と決別した岡山市民

令和2年2月28日。文科省からの「新型コロナウイルス感染症対策のための小学校,中学校,高等学校及び特別支援学校等における一斉臨時休業について(通知)」に脊髄反射で、不要不急の一斉臨時休業を決め込み最後まで貫き通された大森雅夫岡山市長。しかも慎重にならざるを得ない4月7日からの学校再開については不思議なことに超強気。前回 岡山市長選挙投票率は28.35%で、市政への政治的無関心により街はボロボロになることを私たち岡山市民は身をもって、痛みを伴い思い知る、よい学びの機会にしなくてはなりません。


それとともに、すでに起こった未来は、岡山市の百年に一度の百年河清パナマ文書に搭載の御仁企業の苦境は深刻で、岡山市長が不透明な協賛を繰り返す芸術展プロデューサーは失墜文春と相性の悪い地元大物代議士は長くはなさそうだし、公共交通を盾に取り “ 街テロ ” を勃発させた統帥も早晩、惑溺の興行電車の道路占用料を巡り表舞台から消えるやも知れません。いづれも百年河清が実現されるという奇跡の始まり

カネを手に入れた人々が地下茎で構成する我田引水のネットワークは傀儡市政を誕生させたり、偏向メディアが仕組んだプロパガンダにより、健全な議論がなされる以前に路面電車の延伸・環状化などという余りにもバカげた政策は前進したり。そんな岡山市は今、百年河清の実現とともに夜明けを迎えようとしています。


※ オフラインのなくなる『アフターデジタル』OMO時代はサイバー空間に、遍く真実を炙り出す。

Beyondコロナ(COVID-19)by 岡山令和刷新事業.は徳業としての “ おかやま市 MaaS プロジェクト ” もまた実現に向かわせるだろうし、健やかな地域社会を目指す次の世代に朗報をもたらす地方創生事業。閉塞感に覆われ無気力感に包み込まれた地域社会は生気を取り戻し、魂に吹き込む “ 「風の谷」という希望 ” 。閉鎖性により健やかな成長を目指せなかった岡山市の転換点は皮肉なことに、未曾有の国難だったとは…。

Beyondコロナは悲観ではなく、Society5.0へと通づるワクワク、どこでもドアを描いている私。

新型コロナウイルス後の世界を予想する(1): “ 逆都市化


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式」へ先祖返りする Society 5.0シティ


さぁ、本題。アフターコロナに、ポストコロナ。加えて Withコロナいろいろあります、バラエティ。下方の動画 【落合陽一】Withコロナ時代の日本再生ロードマップの冒頭あたり、安宅和人さんのブログエントリーより “ そろそろ全体を見た話が聞きたい2 ” の(図)開疎化と空間は興味深く、あわせて2014年に高知県へ移住なされたイケダハヤトさんのエントリー “ まだ東京で消耗しているあなたが知るべき、5つの真実。 ” を想起。札幌〜東京〜大阪を経て2006年、岡山へ移住した私は反都市化(逆都市化)の流れを俯瞰しばし。

アフターコロナの前の “ Withコロナ ” グレート・リセット後のルールづくり

のんびり地方都市で暮らせる基礎体力を授けてくれたのは、紛れもなく東京・大阪の大市場。その地への恩返しの打席は、こんなカタチで回って来るとは…。と、意気消沈は許されず。急ぎ注目しているのは「拡大するワーケーションの可能性と課題」で、提唱元のJTB総合研究所さんとのアライアンスを目論み準備中。


リモートワークが定着する、Beyondコロナ社会。2006年以降、その働き方スタイルが当たり前になった私は、デジタルトランスフォーメーションはもとよりテレワークを導入・活用できない企業の生存確率は飛躍的に低下すると深刻に考える。だから地元企業の事業サポートを行う傍ら、首都圏・関西圏からの移住者受け入れプラットフォームの整備を進めたく。そのとき交通の要衝としての利点を活かせる岡山市において、地域の「困った」を最先端のJ-Techが世界に先駆けて解決する「スーパーシティ」構想の取り組みも使命の一つ。

※※ 緊急提言【 耕作放棄地 Society5.0化 国家プロジェクト 】2020.4.15 構想追記
緊急提言【 耕作放棄地 Society5.0国家プロジェクト with ベーシックインカム. 】
 〜 心豊かな Society5.0 を実現に導く地方創生としての減災型まちづくり

すでに起こった未来。首都圏・大都市圏では如実に企業や組織の多死は進み、失業者は急増。都市圏から非都市圏へ人口が移動する、反都市化も加速。国家プロジェクトが急がれる今。そのKFSは将に、“ デジタル徳業ファンド ” ならびに “ DX公務員 ” ということになりましょう。

AIと共生する半農半Xスマート農業による地方創生 “ Society5.0シティづくり ” 。

UJIターン現象を新しい、強い街づくりの機会と捉え、ベーシックインカムを整え、地方の耕作放棄地において Society5.0 を実現する国の公共事業。それを提言、国家プロジェクトをサポートする私は “ ワーケーション ” 事業の推進あわせて、地域限定型のサンドボックス制度に臨みます。


令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。

※※ 緊急提言【 Beyondコロナ 国家プロジェクト2020 】2020.4.26 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『すでに起こった東京一極集中の終わり』からの再掲ですが、「Beyondコロナ 国家プロジェクト2020」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Beyondコロナ 百年に一度の百年河清
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

2020年3月2日(月)荒れる2日新甫と、徳業スコア。DX公務員 for Society 5.0 が直接投資を集める、意味深なセマンティック相場。

新型コロナウイルスに直接または間接的に罹災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。

Society 5.0 ” の徳業スコア相場を読み解くページ


日経平均(中長期)チャート日新甫は荒れる(ふつかしんぽはあれる)…

1986年卒 商学部同期の多くは証券業界へ就職。株式売買を始めたのは1999年、オンライン証券取引サービス 今川三澤屋証券(現 リテラ・クレア証券)口座開設がきっかけ。

當に当時は ITバブルが弾けて株式相場は、下落の一途。現物買いだけでは難しい時機だったので、信用取引の売り建てを絡めることで投資パフォーマンスは上々。引き続き「官から民へ」「中央から地方へ」など、国と地方による三位一体の改革を柱に据えた “ 聖域なき構造改革 ” の最中にあり、日経平均が7千円台に突っ込むあたりでコツコツ大化けするであろうと思しき銘柄でポートフォリオを組成し、それらは順当に成長、投資元本は10倍超に。上場企業を退職・地方都市へ移住・フリーランサー(起業模索)を予定していた2006年にキャッシュポジションへ移し、不動産(現在の住居)投資へ切り替え証券投資は一旦、卒業。現在は頭の体操を兼ね、遍く相場を俯瞰するためNISA口座内の数十万円を運用し、ポートフォリオを涵養しています。


現役の個人投資家として日計り商いを交えてダイナミックに運用していた当初は1日で数百万円を得たりワンクリックで300万円ほど損失したり、それは投資か、はたまた投機か知る由もなくデイトレードに明け暮れたり。そうしたなかで 9.11は発生、マイポートフォリオも同時に崩落してしまった記憶は今なお鮮明。それでも相場は水もの、安い時あらば高い時あり。十二分に育った現物および建玉を小泉郵政改革相場の上げ潮に載せて換金し、「中央から地方へ」の流れに乗って地方都市の不動産を購入。 “ 人の行く裏に道あり花の山

米国マーケットの最前線 “ テロと米国株式市場

AIのアドバイスに従う投資家は、高頻度取引を包含するアルゴリズム取引の餌食となりましょう…

キャッシュポジションに移行した2006年、その2年後。世界の株式市場に激震、リーマンショックが直撃。むろん事前予想できたハズはないけれど、私服の高校に通学当時はパーラーや大学時分はフリー雀荘に入り浸って学費を稼ぐとともに潮時を学び、こと、引き際の体得が2006年の裁定を指示。元本10倍超に少なからず貢献したと思われる。変な話だが、損切りにおいて私は辣腕 w。それが出来たから今がある、という直観も。

そうやって現時点での私の時間投資の対象は徳業で、それを判断するベースの概念は “ 徳業スコア ” 。

思うに、株式投資など間接的なトレーディングはAIが司るビッグデータを基に投資判断がなされ売買もまたAIが瞬時に実行する取引フローはより高度化・高速化し加速する一方、地域社会特有のディープな問題を解決するための徳業等への直接的な投資こそ、Society 5.0中央銀行デジタル通貨(CBDC)を基軸とする新しい投資のフレームを創出するハズ。その判断指標の一つは AIスコアリングの先で待つ「徳業スコア」で、無用の用をより多く蓄えた者に打席は回ったり山師に出番が来たり、有事の中で起こる、グレートリセット

私淑する故・野村監督の金言「有事に強い者、それは不真面目な劣等生」。確かに私は、有事に強い。



味深なセマンティック相場と DX公務員 for Society 5.0

このたびの株式市場のボラティリティが示唆する “ すでに起こった未来 ” を読み解く私がアリアリ描いたのは、DX公務員 for Society 5.0 。DXは御多分に洩れずデジタルトランスフォーメーションで、国家公務員よりは地方公務員に近い立ち位置に佇む、Society 5.0 から嘱託されるフリーランサーとしての公務員。ベーシックインカムに加え、基本的にSociety 5.0市民が直接支払うデジタル謝金で生計を安定させ、あわせて地域社会特有のディープな問題を解決するための徳業を構想。その成果と功績により変動する、徳業スコア。

Society 5.0 を支えるファンダメンタルズの一つは個人の徳業スコアで、その総和は、組織の時価総額

徳業スコアの意味と意義住民の評価と直接投資が変える明るい未来 = Society 5.0
地域社会を支援するための外郭団体は全国各地に星の数ですが、職能・職務に関わらず、天下りによる報酬の分配問題は跡を絶ちません。こうしたディープイシューを解決するのが、ブロックチェーンと個人間送金の技術を利活用するデジタル謝金。佳い住民サービスに徹する職員(DX公務員)は、住民の直接評価により決められた金額を、デジタル謝金として直接受領。謝金を基に徳業スコアは再計算され、さらにDX公務員の徳業スコアの総和により組織の時価総額は確定。これらをベースに、管理職者の報酬は決定される。さらに徳業スコアは、首長や、議会議員の適確の精査にも応用可能

個人の徳業スコアを左右する品質スコアの代表的な一つはデジタルトランスフォーメーション技術であり、もう一つは、ディープテック力。あわせて欠くことはできない、セマンティックの基本的理解。Society 5.0 はDX公務員(仮称)という新しい職業を生み落とし、ブロックチェーン技術を基盤とした個人間送金によりDX公務員は成果連動型の謝金を受け取り、徳業スコアに準じた直接投資が主流となり資金調達もまた円滑に。

言うなれば間接投資はAIの作業領域となり、人が行うのは、徳業家に対する直接投資が自然の成り行き。

すでに起こった未来は “ 日本の年次・性・年齢別人口ピラミッド ” にあり

Society 5.0 と表裏一体であるのが映画 “ The Matrix ” で、仮想空間と現実の往来を支持する私

2日新甫は荒れる――。もはや日経平均チャートを眺めたところで元の木阿弥、人口ピラミッドを参照するとき、下落トレンドは一目瞭然。今の私が注力しているのは、Society 5.0 を見据えたホラクラシー法人づくり。あらためて拙ブログ内のセマンティック を含む記事を再読するなか、持てる時間(私の命)を投資すべく徳業領域に一片の曇りはなく、いわば Society 5.0 のブルー・オーシャン戦略。そこから生まれた徳業が大化けすることをワクワク断定的に確信しています。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 徳業と DX公務員 for Society 5.0
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

グレタさんに、叱られる !? 持続可能な開発目標(SDGs)11.2に逆行。百年河清を俟つ責任の所在なき、岡山市地域公共交通網形成協議会。

ディープイシューの宝庫 おかやま市 ” 考察のページ

岡山芸術交流 Okayama Art Summit 開催応援まとめ “ 言論の不自由展・その後 ”
作為の大罪を重ねる岡山市と、その議会

構想アーティストとして2014年にエントリーした “ 岡山市(岡山県)公共交通機関の、問題の本質。” より4年を経た、2018年春。岡山市内において公共交通のストライキという禁断の “ 街テロ ” は勃発。岡山の公共交通が荒廃していく問題の本質は、自治体が担う【主要な住民サービスの一つ「公共交通事業」】の民間事業者への丸投げにあり、街を衰退へ導く岡山市の不作為の罪は、深まるばかり。

持続可能な開発目標(SDGs)11.2 に準拠どころか、抗わんとする岡山市はグレタさんに叱られる !?
2030年までに、脆弱な立場にある人々、女性、子ども、障害者、および高齢者のニーズに特に配慮し、公共交通機関の拡大などを通じた交通の安全性改善により、すべての人々に、安全かつ安価で容易に利用できる、持続可能な輸送システムへのアクセスを提供する。

なぜ岡山市は罪を重ねるのか。責任の所在・改革の主体である「岡山市交通局」を持たない岡山市は、利用者ファーストの視点を持たず、政令市に相応しい公共交通のグランド・デザインを描けず、公共交通事業の利用者数や経営上の収支といった定量的な目標を記載するなど地方の交通網維持のための計画策定、その責務を民間事業者に丸投げ転嫁したまま、久しく行政としての自発的な改善を怠っているからにほかなりません。

参考追記 )“ 地方の交通網維持へ 自治体が計画策定 国交省
※ 地域公共交通網の維持を目的に自治体の主体性を問う記事

なので岡山市都市整備局 交通政策課による法定協議会 “ 岡山市公共交通網形成協議会 ” は、生き残りを賭けた民間事業者各社が利害得失を競い合うだけの修羅場の争奪戦と化すのは必然であって、利用者ファーストの抜本的改革については将に、百年河清を俟つ不毛な会議。2019年11月26日の山陽新聞社の記事『高齢者のバス半額補助も、岡山市 公共交通改革案、路線再編求める』に読むように、適正運賃の実現に誠実な(利用者にとって最も頼りになる)宇野自動車株式会社に会議を欠席されてしまうなど、繰り返すまでもなく、責任の所在・改革の主体である「岡山市交通局」を持たない岡山市は、政令市の体を成していないのです。

※ 2月20日追記 )路面電車の老朽化。下記、頻発する全線不通問題を考えるニュース報道。
岡山で路面電車「MOMO」脱線 けが人なし 前輪がレールから逸脱

さらに最悪なのは、時代錯誤の路面電車ありきの惑溺に冒された岡山市政は、公共交通の自殺へまっしぐら。なればこそ市民はOMOアート社会実験を兼ね、「岡山市交通局」新設の陳情を継続いたします。


山市議会・岡山県議会を作品展示会場と仮想する『陳情書インスタレーション』
〜 前衛芸術のチカラで社会を変革! たった一人の構想アーティストが地域を刷新 !! 〜


陳情書インスタレーションは、リアル社会のなかでクローズに扱われてきた従来の「陳情書」をサイバー空間において公開する前衛美術。表現物と鑑賞者(岡山市民・県民ほかステークホルダー)が相互に作用し合うならば精神的・感覚的な変動を得ることとなり、場所や空間(地域あるいは社会)全体を作品として体験、斬新なインスタレーションを創造することになりましょう。上述、サイバー空間に設置した2つの陳情書のA/Bテストをも兼ね、社会実験を継続する私。有用な成果が得られた際は、速やかに報告シェアを行います。

オブジェクトとしての陳情書ふたたび(現代アート観点より試行錯誤中)】

国交省の政策に呼応、計画策定のための「岡山市交通局」新設に関する陳情書


中期的な交通政策のあり方について具体的議論をスタートします! 〜 交通政策基本計画小委員会を4 年ぶりに開催 〜 (※)正式名称:社会資本整備審議会・交通政策審議会交通体系分科会計画部会

国交省の政策に呼応するための「総合政策局 MaaS推進室」新設に関する陳情書

SDGs 11.2 実現のためのディープテックと “ おかやま市 MaaS プロジェクト

おかやま市 MaaS プロジェクト ” いま岡山の県民・市民が議論を始めなければ、この街は終わる…

岡山県議会・市議会議員の皆さま路面電車を創造的に廃線する理由 ” 是非ご議論ください!

標題の件
機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通機関の問題の本質は、岡山駅東口のバス乗り場に集約されており、乗り入れる路線バス7社および、乗り入れを阻害されている岡山市中心部循環バス「めぐりん」を含めた統廃合こそ喫緊の課題。群雄割拠の戦国バス時代に終止符を打つには、繰り返すまでもなく「岡山市交通局」新設の選択しか残されておりません。責任を負わない岡山市が不毛な会議を続ければ、結末は、勝者のいない焼け野原。なればこそ市民はOMOアート社会実験を兼ね、「岡山市交通局」新設の陳情を継続いたします。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ディープテックによる街づくり
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

住民サービスを低下させ続ける岡山市議会・岡山県議会の、問題の本質。独り徳業としての、岡山令和刷新事業。

OMOアート社会実験 ” 結果報告のページ

岡山芸術交流 Okayama Art Summit 開催応援まとめ “ 言論の不自由展・その後 ”
市議会・岡山県議会のMaaSのゆくえ

いま岡山市では、待機児童数は全国ワースト4位人食い用水路の犠牲者数は全国トップレベルかつ昨年は、岡山市内において公共交通ストライキという禁断の “ 街テロ ” が勃発するなど、岡山の住民サービスは劣化の一途で、深刻さを増すばかり。見るに見かねて陳情書を各々提出(郵送)したものの、昨夜ポストに届いた岡山市議会および岡山県議会からの結果通知書は想定通り、不採択でありました。

それら一連の “ OMOアート社会実験 ” のなかで得られた大きな成果は、【 機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通問題の本質を理解している岡山市議会議員は一人もいなかったことを確認できた 】こと。それまでの私は、岡山市の深刻な公共交通問題は行政の不作為であり、首長のリコール問題に発展してもおかしくないと考えていたものの、岡山の住民サービスが低下していく原因の背景には、問題を問題と認識していない議員で構成されている岡山市議会・岡山県議会に、問題の本質は潜んでいることを突き止めることができました。市長のリコールのみならず、議会の解散・議員の解職も必要不可欠。なればこそ、岡山令和刷新事業。

参考追記 )“ 地方の交通網維持へ 自治体が計画策定 国交省
※ 地域公共交通網の維持を目的に自治体の主体性を問う記事


山市議会・岡山県議会を作品展示会場と仮想する『陳情書インスタレーション』
〜 前衛芸術のチカラで社会を変革! たった一人の構想アーティストが地域を刷新 !! 〜


陳情書インスタレーションは、リアル社会のなかでクローズに扱われてきた従来の「陳情書」をサイバー空間において公開する前衛美術。表現物と鑑賞者(岡山市民・県民ほかステークホルダー)が相互に作用し合うならば精神的・感覚的な変動を得ることとなり、場所や空間(地域あるいは社会)全体を作品として体験、斬新なインスタレーションを創造することになりましょう。上述、サイバー空間に設置した2つの陳情書のA/Bテストをも兼ね、社会実験を継続する私。有用な成果が得られた際は、速やかに報告シェアを行います。


上記に関する一次情報として各々、岡山市議会のページ 11月定例市議会議決結果(令和元年12月17日議決)ならびに、岡山県議会のページ 令和元年11月定例会の請願・陳情審査結果をご参照ください。

おかやま市 MaaS プロジェクト ” いま岡山の県民・市民が議論を始めなければ、この街は終わる…

岡山県議会・市議会議員の皆さま路面電車を創造的に廃線する理由 ” 是非ご議論ください!


SDGs 11.2 実現のための “ おかやま市 MaaS プロジェクト

そして現状 “ 岡山市の待機児童数は全国ワースト2位→ 4位 ” で、“ 人食い用水路の犠牲者は全国トップレベル ”。市長選挙2017の投票率28.35%の街では組織票で担ぎ出された首長が、街なか予算を大判振る舞いし特定企業を喜ばせる傍ら、肝心要の住民サービスは劣化の一途。よもや路面電車の延伸は岡山市による公共交通の自殺であり、国土交通省の公共交通政策(MaaS)に抗う岡山市が衰退を始めるのは、自明の理。

次の世代の健やかな地域社会のために私たち岡山の県民・市民ができること。

1. 落選運動をも辞さない構えで岡山市議会・県議会の刷新を以って成長戦略へ転換させる
2. この街を衰退へと導く首長のリコールを以って岡山市政を刷新、成長戦略へ転換させる
3. 持続可能な開発目標(SDGs)11.2 準拠の啓発活動継続により地域の持続可能性を育む


暮らす地域がこれほど荒れてしまえば必然的に町内会・自治会は紛糾し、市長のリコール議会の解散・議員の解職へ発展しないほうが摩訶不思議なのですが、もたれ合う首長と議会は一蓮托生の岡山市。もっとも怖ろしいのは住民の政治的無関心で、そもそも市長選挙投票率28.35%の街において、そんな革命的パワーを期待するほうが難しい。さはさりながら、地域の健やかな近未来を担わなければならない次の世代が “ 保育園落ちた岡山死ね! ” “ 用水路落ちた岡山死ね!! ” “ 陳情書落ちた岡山死ね!!! ” 。そんな街にならないことを願う私は警鐘を鳴らして擱筆しようと存じます。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 独り徳業としての岡山令和刷新事業
Copyright (C) 2005-2019 SunVerdir. All Rights Reserved.

【 OMOアート社会実験 】議会や地域全体を作品として体験させる「陳情書インスタレーション」- リアルとネットが融合する社会の前衛アート論

言論アートがリアルポリティックスを創造的に破壊 ” するページ

OMOアート “ IF THE SAKE もし酒が ”
山芸術交流 “ 言論の不自由展・その後

リアルとネットが融合してゆく社会の先端に立ち会う私は Online Merges with Offline(OMO)を目の当たりにするとともに、作家の意向に沿って空間を構成し変化・異化させ、場所や空間全体を作品として体験させる芸術「インスタレーション」の拡張を確認しています。それらはリアル社会のみならず、サイバー空間に置かれたコンテンツにより激しくエクスパンドする前衛芸術というべきか。

リアル社会とネット空間が融合する Society5.0 の必然の一つは『OMOアート』の涵養で、急ぎ意識的に創作したプロトタイプは “ 陳情書インスタレーション ” 。概念的には従来、都道府県や市町村議会で比較的クローズに扱われてきた陳情書を、提出するとともにサイバー空間に置いて公開する表現手法。陳情書インスタレーションがもたらす様々な感情の刺激によって、人々を実際の政治や商業などの実学的な狙いを持つ活動へと仕向ける種類の芸術と捉えるならば「魔術芸術」作品であると同時に、リアルポリティックスに対峙し等しく毒を以って制することのできる、アヴァンギャルドなアート作品と位置づけるのが妥当かも知れません。


山市議会・岡山県議会を作品展示会場と仮想する『陳情書インスタレーション』
〜 前衛芸術のチカラで社会を健やかに変革! たった一人の岡山市民が地域を刷新 !! 〜

私が手掛ける現代アートのプロトタイプは「サイバーインスタレーション」で、そのロールモデルの一つとして制作している “ 陳情書インスタレーション with おかやま市 MaaS プロジェクト ” 。リアル社会とネット空間の融合から誕生した 『OMOアート』において、オブジェとしての陳情書とリアル空間としての岡山市議会岡山県議会、さらにサイバー空間に置かれた下記2つのコンテンツ(文芸作品)はアフターデジタル化する地域社会の不特定多数に閲覧される。鑑賞者は一点一点の作品を「鑑賞」するというより、リアルとネットに全身を囲まれて岡山の地域社会全体の変遷を「体験」することになる。そうなると、鑑賞者がその空間を体験(見たり、聞いたり、感じたり、考えたり)する方法をどのように変化させるかを要点とする芸術手法として「陳情書インスタレーション」は評価され、早晩OMOアートは確立されるものと私は考えます。

【 サイバー空間に置かれた下記2つのコンテンツ(文芸作品)】

1. 公共交通機関再生の主体としての「岡山市交通局」新設に関する陳情書12/12 常任委員会


2. 次世代公共交通整備のための「総合政策局 MaaS推進室」新設に関する陳情書12/17 常任委員会


岡山市議会、岡山県議会それぞれに提出(郵送)した陳情書は議長が受理し、その後、定例会で関係する常任委員会や議会運営委員会に付託され、最終的に本会議で採決(岡山市議会 12/17岡山県議会 12/20 予定)、議会としての結論が下されます。審査結果が確定すると、議長はそれを提出者に通知。採択されたものは必要に応じて首長に送付し、次回の定例会で処理経過や結果の報告を受ける。そう、お聞きしています。

陳情書インスタレーションは、リアル社会のなかでクローズに扱われてきた従来の「陳情書」をサイバー空間において公開する前衛美術。表現物と鑑賞者(岡山市民・県民ほかステークホルダー)が相互に作用し合うならば精神的・感覚的な変動を得ることとなり、場所や空間(地域あるいは社会)全体を作品として体験、斬新なインスタレーションを創造することになりましょう。上述、サイバー空間に設置した2つの陳情書のA/Bテストをも兼ね、社会実験を継続する私。有用な成果が得られた際は、速やかに報告シェアを行います。


最後に。世界の大舞台で活躍する、私淑する真のアーテイスト 村上隆さんの記事より激励の言葉、

『〜 今、アートの世界では「勝ち」に空白ができています。この状態は、若くて才能のあるアーティストがスターになれる土壌が整っているとも言える。だからこそ彼ら、彼女たちにはインスタグラムなり、その他のソーシャルメディアを使ってこのマーケットに食い込んできてほしいと思っています。どんなに小さいスケッチからでもデビューできる時代です。3秒でも時間があれば、作品を作ってください。そしてそれをソーシャルメディアに投稿する。その小さな積み重ねから学ぶことって 〜』を拝聴し、擱筆しようと存じます。


おかやま市 MaaS プロジェクト ” いま岡山の県民・市民が議論を始めなければ、この街は終わる…

岡山県議会・市議会議員の皆さま路面電車を創造的に廃線する理由 ” 是非ご議論ください!

※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > OMO芸術 陳情書インスタレーション
Copyright (C) 2005-2019 SunVerdir. All Rights Reserved.

【 考える、きっかけ。】首長選挙投票率 28.35%。老害に苦しめられる政令指定都市、県都としての岡山市の恥ずかしさ

かやま “ 明るい選挙の推進 ” 投票に行きましょう啓発ページ

札幌で育ち東京〜大阪マーケティング職を通して、移住好適地日本一は岡山県と確信し、2006年に移住を敢行した私は今、岡山市長選 2017を複雑な気持ちで想起しています。一級河川を3本も有する晴れの国は、中国山地の山の幸に瀬戸内海の海の幸。時に恵まれ過ぎと揶揄される豊かな天然リソースはもとより、新幹線全停車の岡山駅岡山桃太郎国際空港を恣にする、持続可能性を存分に秘めるSDGs未来都市の一翼。

前述。誇れる資源は有り余る一方で、県都を担う岡山市は現在、危機的状況に陥っているのです。

その自治体は住民の視点がスッポリ抜け落ちていて、民間に任せておくべき事業に過分な予算をつけ、最優先すべく市民の困りごとの解決は後回し。代表的な難問を列挙するなら、1. 一向に改善しない待機児童問題、2. 人食い用水路問題、3. 公共交通改革の主体としての『岡山市交通局』を持たない深刻な問題.e.t.c... 岡山市の不作為の大罪が生み続ける難点を挙げ出したら、もはやキリはなく。とっても恥ずかしい……

こと3番目の、機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通機関の問題について私は2014年から警鐘を打ち鳴らし、市長選挙が行われる2017年には今やるしかないと決意し、あの手この手を駆使して現・岡山市長に直接提言書をお渡しした次第。未だ実行されず案の定というのか、昨年は請負事業者による街テロともいえる公共交通ストライキが勃発し、大勢の利用者が多大な迷惑と被害を被ったのです。本当に恥ずかしい……




害に苦しむ政令市 岡山市で最も恥ずかしいのは… 28.35%……

四半世紀を東京〜大阪で暮らした私には確固たる “ よそ者の視点 ” が養われているようで、岡山常識ヒジョーシキの鑑定はプロレベル。岡山の非常識の起点はどこにあるのか、少し考えれば誰にも解ることですが、若者の規範になれる大人が圧倒的に少ないのです。後進に道を譲る、どころか60代〜70歳代の戦略マネージャーが誕生し、高ギャラを掻っ攫ったりするものだから、次を担う世代は一向に育たない。



一時停止しないウィンカー出さない、若手にポジション譲らない、挙げ句の果ては投票に行かない。

この街にも “ 老害 ” は蔓延っており、一例として、ファンタジーな老人がメディアに登場。常識破りのチャギントン電車等は岡山の老害の代名詞。この深刻さを地域社会が速やかに共有できなければ岡山市の醜態の露呈は加速する。急激な変化を余儀なくされた地方自治において、他府県では40代はおろか30代の首長が誕生する事実に対峙し、岡山市長選挙2013の投票率は 33.34%で同2017は過去最低を更新 28.35%

1. 一向に改善しない待機児童問題、2. 人食い用水路問題、3. 公共交通改革の主体としての『岡山市交通局』を持たない深刻な問題。先に列挙した岡山市の不作為による難問も、子育てを終え公共交通をも利用しない中高年の為政者による、老害の一種といえましょう。そうして私は思うのです。岡山市で最も恥ずかしいのは、投票率 28.35%を恥とせず、改善しようとしない首長その人。リコールに十二分に価するのだと。

投票率 28.35%。街の文化レベルや有権者の水準、地域の民度を映す指標。地方創生における KFS と考えるとき、岡山を誇りに思う私は顔から火が出るほど恥ずかしい。28.35%。岡山駅前に路面電車を乗り入れるというナンセンスな議論を繰り返す、岡山市の公共交通機関の極めて低い生産性の評価ともいえそう。次の世代を担う人々が真剣に地域の未来に想いを馳せなければ様々な老害によって、この街は潰えるのです

私たちが投票に行かなければ無意味の人罪でさえ選ばれ為政する。必然的に街は衰退することに


後は残された僅かな希望をふり絞り、必ず投票に行きましょう

それでも私は “ あいらぶ岡山 ” 晴れの国が大好きです。前述。岡山の健やかな近未来のために少々厳しい物言いはありましたけれども、現状を打破する、岡山を健全に成長させる。持続可能な開発目標(SDGS)への強い想いを携え、私は投票所を目指します。岡山を変える希望を捨ててしまった人、変革への思考が停止してしまった人々にとって、拙コラムが再び「考える、きっかけ。」になれれば誠に幸いでございます。

※ このコラムは組織を代表する意見ではなく、あくまで個人の見解である旨ご賢察ください。


選挙投票率の意義を痛感している私は独創のブランドジャーナリズム技術を活かし、岡山地域のQOL(生活の質)の向上を支援したく、迷わず筆を執りました。岡山令和刷新事業の一つは地方創生であり、今しばらくは Online Merges with Offline(OMO)事業領域に各種実証実験で臨み社会貢献を継続いたしますので、今後の連携を何卒よろしくお願いいたします。ここまでお読みくださり、ありがとうございます.人


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 投票に行きましょう啓発ウィーク
Copyright (C) 2005-2019 SunVerdir. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ