アナロジー思考から鑑みる “ 遠い類推構想アート論考のページ

『 拡張現実的 』 川田十夢さん
に落ちた『 拡張現実的 』by 川田十夢さん.

今年1月のコラム “ グーグルが「一流と凡人」を見分ける、たった1つの違い ” を何かで読み返した私は、あらためて「遠い類推(かけ離れた物事をつなげる発想)」を身に纏う人財とは?を禅問答の如く繰り返す中、県立図書館で借りザザッと流し読みした本の著者こそ紛れもなく、シリコンバレーのレジェンド『1兆ドルコーチ』と称賛されるビル・キャンベル氏の御眼鏡に適う人物であろうと推定的に断定。

そのズバ抜けた人財はAR三兄弟を立ち上げた川田十夢さんで、タイトル『拡張現実的』を開いて飛び込んできた目次に踊るテーマと小見出しに私は、しばし釘付けになったりも。なにわともあれ川田十夢さんは、近未来をアリアリ描き見つめている人だと決めつけ検索クエリ「川田十夢」をクリック忽ち。

通りすがりの天才・川田十夢さん拡張現実的

そうして今朝のダイヤモンド社コラム “ コロナ後に人の心は変わるのか?「後悔しない生き方」を選ぶ人の条件 ” に接し下記コメント投稿した内容は、【 Beyondコロナの死生観を磨く日曜オススメの一冊

ですから、いつ死んでもなるべく後悔がないように、生き方、働き方を根本的に考え直す人も増えると思います――(P.2)。
1円の得にならないばかりか「へんな人」のレッテルを貼られるのがオチだけど、それでも徳業だと自分に言い聞かせ、地方議会の刷新に挑む偏屈な私でさえ、精神科医Tomyさんの死生観に激しく共感。もう一つ、

そういう意味では、東京のような都会で人工的なものに囲まれて孤独を感じている人より、もともと人が少ないけど自然豊かな田舎で暮らしている人のほうが、地に足のついた生活をしている印象がありますね――(P.3)。
札幌から上京、東京〜大阪ベースに25年。全国主要都市を東奔西走したマーケター職の私が選定した移住先は岡山県岡山市で、地方都市に潜んでサイバー空間から世界と東京の遷移をウォッチしてきたので、精神科医Tomyさんの言説に共鳴しきり。Withコロナで右往左往する、辣腕のコンサルタントさんや著名な有識者諸氏を少なからず散見するものの、残念なことに「食料自給率」からBeyondコロナの『東京一極集中クライシス』を鑑みるツワモノは見当たらず。なればこそ私は、

「スーパーシティ」構想の実現に臨み、新しい生活様式に必要不可欠なデジタルトランスフォーメーション技術に磨きをかけたりも。田舎暮らしはノンビリか?と問われるなら、十人十色と答える私。想い起こさば移住のトリガーは水疱瘡(ごとき)で、それでも生死を彷徨った経験があり、地域社会を健やかに刷新しようとする徳業の志もまた、その頃に研ぎ澄まされた死生観の賜物。社会貢献事業は日々の充実を担保してくれるけど、ノンビリとは程遠く(;・∀・)。そうやって、

「後悔しない生き方」を選ぶためには、即ちベースとしての死生観を洗練し、人生100年時代のマイライフワーク(私の使命と志)を確立するのがベターかと存じます。お時間ある時よろしければ!


ということで通りすがりの本、出会い頭のコラムをつなげることで炙り出されたディープでフェイクな私のブログエントリーも現実的ではないが、拡張現実的ではある。かも知れないとするならば、あるあるスーパーシティ岡山インキュベーションプログラム。拡張現実的だった新しい生活様式の中で、それは現実になる。


界と伍するスタートアップ・エコシステム拠点都市の形成

そうするなか一昨日の産経新聞Web記事 “ 《独自》日本版シリコンバレーへ 政府が東京・横浜など4都市圏を選定 ” に接し下記コメント投稿した内容は、【 急がれるローカルハブ岡山スーパーシティ構想

グローバル拠点都市こそ地方に構築されるもの(ローカルハブ)で、新しい生活様式が督促するスーパーシティ構想の一翼は、例えば、スーパーシティ岡山構想。国と国民わたし達は東京一極集中の延長線上に、よもやシリコンバレーの模倣の先に豊かで健やかな Society 5.0 は存在し得ないことをアリアリと認識し、新機軸の構築に着手することが国家的急務なのだと確信します。ローカルイノベーション、その実現は私の使命。お時間ある時よろしければ! ← 7月11日 NewsPicks および LinkedIn に投稿した内容ここまで。


そうやって、持続可能な開発目標(SDGs)11「都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする」を中心に据えて、Society 5.0に臨むスーパーシティ岡山の実現を目論み地方公共団体と連携したく放った画策が『地方議会のトリセツ』で、岡山市議会へ提出(郵送)した陳情第18号は、いつになく不採択ではなく継続審査と相成りました(嬉)。従い報恩謝徳、0 to 1チャレンジを継続いたします。

2020年7月5日 緊急報告: 岡山市議会Webサイト 請願・陳情の議決結果を閲覧の後、問い合わせたところ、未採決の「スーパーシティ」構想に関する陳情第18号は継続審査であることを確認いたしました。スーパーシティ岡山プロジェクトの実現に向けて精励するとともに、無念にも不採択となった陳情第14号ならびに陳情第20号に関連し、特定企業ファーストの岡山なれば “ 告白ドミノ ” の可能性も排除することなく、地方議会の刷新を更に厳しく進めることを、お誓いいたします。

令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『異能ベータープログラム』からの再掲ですが、「スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > スタートアップ・エコシステム拠点都市
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)