ディープイシューの宝庫 岡山市 ” その健全化を目論むページ


捨てて豊かに。日本一短い路面電車の廃線理由えざる神の手と、不透明な資金の流れ

令和元年版 情報通信白書 第1部 第2節 “ デジタル経済の進化はどのような社会をもたらすのか ” を読み込むなか、あらためてエレファントカーブが腑に落ちる。こども食堂をはじめ、待機児童数は全国ワースト4位人食い用水路の犠牲者数は全国トップレベルなど、根深い問題の放置を続ける岡山市

一昨年。遂に岡山市内において公共交通ストライキという禁断の “ 街テロ ” が勃発するなど岡山市の住民サービスは劣化の一途で、深刻さを増すばかり。天然リソースに恵まれるこの街が、何故これほど荒れてしまうのかを考察し解説を試みるとき、この記事『「エレファントカーブ」がトランプ現象を生んだ』が役に立つ。モノづくりに拘り過ぎた地域ほど第4次産業革命のデジタル化へのシフトは遅れ、結果として中所得者層は暮らしを貧窮させた。そうやってエレファントカーブに観る高所得者層との格差は、拡大するばかり。

天然リソースに恵まれ過ぎとまで揶揄される岡山市が、何故これほどまで荒れてしまうのか――。

日々の生活に追われる中所得者層は政治的無関心に追い詰められ易く、一方、イニシアティブを手にした富裕層の専権のエスカレートを示唆する、エレファントカーブ。さらに、参入障壁が高い地方都市のマーケット・経済界では神の見えざる手が機能不全を起こし、また政治的には、閉鎖性に介在するラウド・マイノリティによる不透明な資金の流れが「公共交通の自殺」を誘発するなど深淵な地域問題に頻繁に直面することに。

そんな折柄、日経新聞『デジタル円、早急に検討を 自民議連提言 G7で議題に』の記事から元気を拝受。

中央銀行デジタル通貨(CBDC:デジタル円)が何を引き起こす? と問われたならば、それは平安の時代より社会を歪曲させ続けた不透明な資金の流れの終わりの始まりだと私は即答。人類社会は概しての3部構成と言われる中の、闇から湧き出すマネーは基軸通貨のデジタル化などの顛末として、流動性を失うことになる。表社会で顕著になりつつキャッシュレス社会への加速は工作資金を含む裏金、アングラマネーを容易く炙り出すようになり、加えることパナマ文書に掲載された御仁にとって厄介なのは、隠し財産を闇 ⇒ 裏 ⇒ 表社会で行使(工作活動)するとき、ブロックチェーン技術によって表 ⇒ 裏 ⇒ 闇社会まで追跡がなされ忽ち足がつく。せっせと溜め込み隠した諸々の資産は使えない屑となり、実質的に亡きものになるのでは…。


時多発 “ グレート・リセット ” 白から黒へ、黒から白へ。地域社会のオセロゲームはじまる

例えて岡山市の場合、昭和の時代に廃線されるはずだった路面電車が今。MaaS を拒絶する路面電車ありきの岡山市(機能不全に陥って久しい岡山の公共交通の問題の本質には一切触れない)により、JR岡山駅前への延伸さらに環状化という余りにもナンセンスな愚策が前進。それを擁護する周到なプロパガンダも展開中。なのですが前掲アングラマネーの流れの観える化により早晩、リアルポリティックスに傾く御用学者レトリックを駆使して予定調和へと導く工作員の信用格付(AIスコアリング)は自ずと低下するばかりか、対案となる情報を持たない大衆を簡単に洗脳・煽動できたのは昨日の話。のみならず、報道の不正確性・偏向性に伴う責任からの逃げ切りに失敗すれば、地方メディアとして築いた信頼を失墜させるリスクも孕んでいるのです。

より多くの金銭を得ることを目的に動く人々はシロからクロへ、1円の得にもならない変な(次の世代や、SDG未来都市の実現の役に立つ)ことを行う人がクロからシロになったり。資金洗浄の技術的イタチごっこ合わせてオセロゲームは暫く続きそうですが、諦めることなく岡山市の健全化に私は尽力いたします。


業ファンドレイジングの成功により洗練される心豊な Society 5.0

再掲あらためて中央銀行デジタル通貨(CBDC:デジタル円)が何を引き起こす? と問われたならば、次は地域のディープイシューを解決に導く1円の得にもならない徳業の成功の始まりだと私は即答。なぜ徳業の成功の始まりか。一例として、徳業としての子ども食堂の資金の課題に読むように、これまでなら、運営資金の大半が店の代表者の個人負担で持続可能性に難ありも、デジタル円の発行後は素早く無料で送金できるチャレンジャーバンク等を活用することで、子ども食堂継続のための資金調達問題の解決をみる日は、もはや目前。

そうやって考えるとき、独り徳業として掲げた岡山令和刷新事業 “ おかやま市 MaaS プロジェクト ” を推進する私のモチベーションもまた、赤丸急上昇。その心は、利他の心をもって取り組む徳業が次の世代の為なれば、徳業家の信用格付(AIスコアリング)は自ずと上昇するばかりか、チャレンジャーバンク等を活用することで徳業に浄財は集まり易くなり、社会をよりよくする次の徳業の連鎖(ブロックチェーン)も形成される。そうなればエレファントカーブにみる意気消沈していた中間所得層に希望は灯り、忽ち一燈照隅 万燈照国

もはや行動原理の主目的は金銭を得ることではなくなり、徳業の実現に生きる歓びを見出した私――。

冒頭ご紹介の令和元年版 情報通信白書 第1部 第2節 “ デジタル経済の進化はどのような社会をもたらすのか ” を再読する私は、P.146 - P.147「デジタル経済の中で、人は何を豊かさと感じるのか」より下記、引用。
 実際に、人々の行動原理が多くの金銭を得ることを目標とするものではなくなってきているという見方がある。例えば、SNS上に様々な情報をアップし、「いいね!」をもらおうとすることは、多くの人々の行動を動機付けていると考えられる。また、GitHubのようなオープンソースのコミュニティでの活動は、良い評判を得ることが原動力の一つになっているだろう。人々は、より多くのつながりと、その中での評価を豊かさに大きく関係するものと感じてきているのかもしれない。
 また、人と企業との結びつきがゆるやかになることで、自らの積極的な選択により働くことや社会に参加することが、より大きな生きがいとなることも考えられる。第1章第3節で述べたとおり、AIによる雇用喪失の可能性を巡る議論があるものの、柔軟な働き方の中で、仕事を失うのではなく、余暇の創出となり、余暇を巡る活動に関連して新たな産業や雇用が産み出されるといった好循環が生じることも考えられる。
 デジタル経済の進化による資本主義の変化が、人々が豊かさと感じること自体も変えていく可能性があることに引き続き留意する必要がある。

今号サブタイトルは 〜 デジタル徳業ファンドレイジングの幕開け 〜 であり、「グレート・リセット(人の移動が都市を生成・改変して繁栄を築いていくしくみ)の臨界点」と記した真意は、そこにあるのです。

未来を楽しみにする MaaS。路線変更フリーのBRTを導入すべき岡山市

再掲になりますが、機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通機関の問題の本質は、岡山駅東口のバス乗り場に集約されており、乗り入れる路線バス7社および、乗り入れを阻害されている岡山市中心部循環バス「めぐりん」を含めた統廃合こそ喫緊の課題。群雄割拠の戦国バス時代に終止符を打つには、繰り返すまでもなく「岡山市交通局」新設の選択しか残されておりません。責任を負わない岡山市が不毛な会議を続ければ、結末は、勝者のいない焼け野原。なれば市民の私は岡山令和刷新事業 “ おかやま市 MaaS プロジェクト ” を推進、「岡山市交通局」新設の陳情を継続いたします。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > デジタル円(国策ブロックチェーン)
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)