生涯学習ブログ

学び直し、リカレント教育がテーマの菅野敦也のブログです。

┠ コンテンツマーケティング

ブランドジャーナリズム研究所 : Brand Journalism Laboratory

公式HPブランディングレシピmomoサイトマップ運営者情報想いContactUs


岡山城と烏。人生100年時代の ブランドジャーナリズム

コンテクスト最適化(コンテンツマーケティング)技術でトラフィックを集める『生涯学習ブログ』および、地方創生キュレーションFBページ『あいらぶ岡山』は、オウンドメディアのロールモデルを担うシェアリングエコノミー社会の試作品。エクセレントカンパニーを目指す貴社に必須の “ ブランドジャーナリズム ” に関するご相談は、ContactUs よりお願いいたします。




挨拶 - 理念 - 由来 - CSR - 利用規約 - プライバシーポリシー - リンク
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

DXデザイン思考は、新しい生活様式(≒ Society 5.0シティ)に必要不可欠な、イノベーション構想リテラシー 〜 GIGA公民館EdTech構想 〜

アナロジー思考から鑑みる “ 遠い類推DXデザイン思考のページ


ークでもスーツでもない構想アーティスト「学びの空白」懸念 from 日本経済新聞社.

2020年7月24日(金)日経朝刊(全日版)トップ記事を補完する小見出し “「学びの空白」懸念 ” に目は釘付けに。折しもG-Apps.jpのコラム “ ICT教育の目的とは?失敗しないための目的の明確化と共有の仕方 ” が強調するICT教育の導入・活用における最終目標「創造的な人材育成は、どうしたら地域社会に根付くか。それを考えあぐねていた時だから。

学校教育のみならず人生100年時代のリカレント教育においても “ 新しい生活様式 ” のなかで暮らすことを決意した私達は遍く「サイバーフィジカルシステム(CPS)」ならびに「Society 5.0」を理解し受け容れ、誰もが快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることのできる人間中心の社会創りを共通の使命としたい

そのとき忽ち浮かんだ構想は、デジタル公民館に新しい価値を付加する、GIGA公民館EdTech構想。※ 現時点、教育機関としての公民館は早晩 “ 未来の教室 ” を担うはず。という私の仮説に基づいています。

⇒ CPS(サイバーフィジカルシステム)とは?IoTとの違いは?

身につけたアナロジー思考からGIGA公民館EdTech構想など続々繰り出されるアイデアを恣意で終わらせず、実行さらに実現へ導く技能をイノベーション構想リテラシーと定義づける私。どうしたら手に入る?


務に実装されたEdTechと、無意識に会得した「調べ学習」≒ アダプティブラーニング

1986年一部上場、電機メーカーに就職まもなく鎬を削る国内販売会社へ出向となり、東京秋葉原〜大阪日本橋の量販メガ市場で鍛えられ、情報通信事業部(本体)へ異動後は、通信キャリアと協業するマーケター職としてICTの変遷を具に観てきた私。1990年代 販社ではNEC往年のグループウェア StarOfficeを、事業本部では Microsoft Exchange Serverを、管理職となり特許を取得した三洋テレコミュニケ―ションズ時代はサイボウズを利活用するなど時代の先端を駆ける精強な UX(ユーザーエクスペリエンス)を蓄えるなかで、今やDX推進の鍵とまで呼ばれるデザイン思考を強かに体得。2006年に同社を退職。地方都市へ移住後はクラウドサービスの走り GoogleApps無料版で無料のWebサイトを立ち上げたり、Society 5.0時代に備える NPO法人のWebサイトGoogle非営利団体向けプログラムを借りて無償運営できたり、當にDX技術のお陰様。

いま振り返らばWin95が職場に速やかに導入された1995年以降、サプライ・チェーン・マネジメントが整備され社内稟議は電子決裁システムに移行しeラーニングを受講する中サイバーセキュリティ技術も体得したり。いち早くEdTechドップリの日々を経たからか2001年、日本版401k(確定拠出年金)を即ちチャンスと捉えてマイポートフォリオの運用開始。拙コラム “ 意味深なセマンティック相場 ” で報告の通り元本500万円は10倍超となり地方都市の不動産投資に切り替え、退職、移住を敢行。當にDXデザイン思考のお陰様。

そうして岡山市へ移住した2006年以降。再就職、転職に臨むにつけ私を強かに担保してくれるのが、これまたDXリテラシー。50歳台なら極めて難しいオフィスワーク職の転職も、大企業のブランチであるほどクラウドベースのCRM/顧客管理システムやSFA/営業支援システム、MA/マーケティングオートメーションを巧みに操る即戦力が求められるがゆえに、いづれも東京本社の人財大手企業や時として国内屈指の保険会社だったり今を時めくFinTech企業でさえ年齢克服、晴れてジョイン。當にイノベーション構想リテラシーのお陰様。


石混交のサイバー空間の情報から「玉」を抽出するネット検索リテラシー

なぜ移住先は岡山だったの?と、しばしば問われる私の仮説は、この街は「やがて人々を集める素晴らしい街になる」はず、という当時の私の仮説に起因すると思われる。いちいち説明が面倒なので用意してあるトークスクリプト(シナリオ)は「海の幸と山の幸に恵まれた晴れの国で一級河川が3本もある素敵な県だから〜」という無味乾燥とした内容ながら、じゃぁそのことをどうやって知ったの?とするツッコミは未だに皆無。

前述。情報通信業界において全国主要な大市場を走り回るマーケター職を担った私は47都道府県中44の県庁所在地を訪ねていたことから、地方の主要都市の土地勘は相応にある上に、あとは言わずもがなネット検索リテラシーのお陰様。全国津々浦々成長ポテンシャルを調べ上げ、居住地の選定を終えるやいなや移住の礎となる不動産物件の竣工(約3年前に)情報をキャッチし資料請求から購入契約へ。玉石混交のサイバー空間は、チャンスとリスクが混在する表と裏と闇の3部構成だから、これからを生きる人々に問われる、ICT教育

今の私はギークでもスーツでもないけれど、どこでも心豊かに生き抜く持続可能性を担保する、DXデザイン思考を授けてくれた社会に報恩謝徳したくICT教育に関し、地域に貢献するための出番に備えています。以下は蛇足ですが、5月3日マイナポータルから不備なくインプットした特別定額給付金のアウトプットは22日後。お世辞にも実用的とは言えないシステム改修の協力は惜しまないし、マイナポイント事業のPC予約に際し、レガシーブラウザ IE11が要求される痺れる環境サポートも、ICT教育の一環として私は厭わない。

サイバー社会を東奔西走する者の使命はデジタル・ディバイドの圧縮で、暮らす地域社会に貢献したい。


GIGAスクール構想の実現に呼応する「GIGA公民館EdTech構想」

身につけたアナロジー思考からGIGA公民館EdTech構想など続々繰り出されるアイデアを恣意で終わらせず、実行さらに実現へ導く技能をイノベーション構想リテラシーと定義づける私。どうしたら手に入る?

上述。先ほど立てた問いに対して一つ、ご報告。2018年11月の拙コラム “ QRコード決済の普及率と、地方創生に垣間見る緊密な関係。もし支払額の20%が還元される観光地や商店街があったとしたら… ” エントリーから1年9ヶ月を経て、“ がんばろう岡山市!スマホ決済最大20%が戻ってくるサマーキャンペーンのご案内 ” このような形で実現をみようとする今だから。“ 遠い類推 ” が秘めている仮説の検証を始めます。

新しい生活様式に呼応する新しい公民館のあり方について調べ学習、必要な話題を検索するなかGIGAスクール構想に辿り着き、≪文部科学大臣メッセージ≫ の拝読により、DXお節介の魂に火は灯り。実現へ導くイノベーション構想リテラシーを駆使した「GIGA公民館EdTech構想」の展開を目論んでいるところ。

子供たち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育 ICT 環境の実現に向けて
〜令和時代のスタンダードとしての1人1台端末環境〜
≪文部科学大臣メッセージ≫

 12 月 13 日に閣議決定された令和元年度補正予算案において、児童生徒向けの1人1台端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備するための経費が盛り込まれました。

 Society 5.0 時代に生きる子供たちにとって、PC 端末は鉛筆やノートと並ぶマストアイテムです。今や、仕事でも家庭でも、社会のあらゆる場所で ICT の活用が日常のものとなっています。
社会を生き抜く力を育み、子供たちの可能性を広げる場所である学校が、時代に取り残され、世界からも遅れたままではいられません。

 1人1台端末環境は、もはや令和の時代における学校の「スタンダード」であり、特別なことではありません。これまでの我が国の 150 年に及ぶ教育実践の蓄積の上に、最先端の ICT 教育を取り入れ、これまでの実践と ICT とのベストミックスを図っていくことにより、これからの学校教育は劇的に変わります。
 この新たな教育の技術革新は、多様な子供たちを誰一人取り残すことのない公正に個別最適化された学びや創造性を育む学びにも寄与するものであり、特別な支援が必要な子供たちの可能性も大きく広げるものです。
 また、1人1台端末の整備と併せて、統合型校務支援システムをはじめとした ICT の導入・運用を加速していくことで、授業準備や成績処理等の負担軽減にも資するものであり、学校における働き方改革にもつなげていきます。
 忘れてはならないことは、ICT 環境の整備は手段であり目的ではないということです。子供たち
が変化を前向きに受け止め、豊かな創造性を備え、持続可能な社会の創り手として、予測不可能な未来社会を自立的に生き、社会の形成に参画するための資質・能力を一層確実に育成していくことが必要です。その際、子供たちが ICT を適切・安全に使いこなすことができるようネットリテラシーなどの情報活用能力を育成していくことも重要です。
 このため、文部科学省としては、1人1台端末環境の整備に加えて、来年度から始まる新学習指導要領を着実に実施していくとともに、現在行われている中央教育審議会における議論も踏まえ、教育課程や教員免許、教職員配置の一体的な制度の見直しや、研修等を通じた教員の ICT 活用指導力の向上、情報モラル教育をはじめとする情報教育の充実など、ハード・ソフトの両面からの教育改革に取り組みます。

 今般の補正予算案は、すでに児童生徒3人に1台という地方財政措置で講じた ICT 環境整備に取り組んできた自治体、またこれから着実に整備に取り組もうとする自治体を対象に、1人1台端末とクラウド活用、それらに必要な高速通信ネットワーク環境の実現を目指すものです。そして、この実現には、各自治体の首長の皆様のリーダーシップが不可欠です。
 この機を絶対に逃すことなく、学校・教育委員会のみならず、各自治体の首長、調達・財政・情報担当部局など関係者が一丸となって、子供たち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育 ICT 環境の実現に取り組んで頂きますよう、心よりお願い申し上げます。

令和元年(2019 年)12 月 19 日
文部科学大臣 萩生田光一


Society 5.0シティの実現に必要不可欠な「イノベーション構想リテラシー」

SDGs新しい生活様式のサスティナビリティを担保する新しい街づくりの哲学そのもので、地域の深淵に横たわるディープイシューを解決する技術の一つはDXであって、教育機関としての公民館が次の世代にとって有用であるには、どの時代においても安定的に社会イノベーションを涵養する創造拠点であることが重要。

岡山市政は大正・昭和のレガシーシステムである路面電車を延伸する馬鹿げた事業は即座に取り止め、GIGAスクール構想の実現前倒しのための予算の再配分が急がれましょう。イノベーション構想リテラシーを駆使することで、ピンチの顔をしてやって来るチャンスをモノにするのがDX技術を磨いて生き抜く私の使命…。

世界の教育ICT利用率ランキングで日本はOECD加盟国の中で最下位なれば、岡山令和刷新事業に勤しむ私。≪文部科学大臣メッセージ≫ に読むように、子供達はもとより人生100年時代に暮らす私達は仕事でも家庭でも、社会のあらゆる場所で ICT の活用が日常のものとなっており、そうした社会を生き抜く力を育むことこそ ICT 教育の目指すところ。教育機関としての既存の公民館が新しい生活様式を抱擁できる、より豊かな Society 5.0シティを創造する未来の教室であるための「GIGA公民館EdTech構想」を共有します。


ピョンと噺は飛んで、Society 5.0に臨む私がスーパーシティ岡山の実現を目論み自治体に向けて放ったOMO作品の新作は『地方議会のトリセツ』で、岡山市議会へ提出(郵送)した陳情第18号は、いつになく不採択ではなく継続審査と相成りました(嬉)。従い報恩謝徳、異能β 0 to 1チャレンジを継続いたします。

2020年7月5日 緊急報告: 岡山市議会Webサイト 請願・陳情の議決結果を閲覧の後、問い合わせたところ、未採決の「スーパーシティ」構想に関する陳情第18号は継続審査であることを確認いたしました。スーパーシティ岡山プロジェクトの実現に向けて精励するとともに、無念にも不採択となった陳情第14号ならびに陳情第20号に関連し、特定企業ファーストの岡山なれば “ 告白ドミノ ” の可能性も排除することなく、地方議会の刷新を更に厳しく進めることを、お誓いいたします。

令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『異能ベータープログラム』からの再掲ですが、「スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > DXデザイン思考イノベーション構想
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山芸術創造劇場を「週末の風呂」「我田引水」よもや「腐った楽園」にさせない OMOアートふたたび。 Created by DX構想アーティスト.

アナロジー思考から鑑みる “ 遠い類推OMOアート論のページ

岡山市のBRT化の兆し
末の風呂と揶揄される岡山市の芸術事業

岡山芸術創造劇場(仮称)整備が穏やかに進行している雰囲気を、秋田公立美術大学アーツセンターあきた、引き続きアーツ前橋を視察なされる独創の森山市議のFBフィードから類推している私。そのとき、書き込まれた各種ご意見を拝読するなか咄嗟に推察したのは、「芸術」と「娯楽」を明確に区別し、社会的な目的を理解なされる方は殆どいらっしゃらないのではなかろうか、ということ。

岡山市の街の文化レベル(民度)の低さ岡山市長選挙投票率が 28.35%であること、待機児童数は常に全国ワースト屈指でありながら首長リコールに発展しないこと、極めつけは大正・昭和のうちに廃線されているはずの路面電車を驚く勿れ延伸しようとする事業の進捗等に鑑み推測は難くないけれど、それでも岡山市議会議員の森山 幸治さんが危機感を募らせるように、岡山市のアート事業の見直し立て直しは待ったなし。


「芸術」と「娯楽」を明確に区別する技芸の基本を身につけた市民が岡山芸術創造劇場(仮称)を監視しなければ、天下り連を癒やす週末の風呂は増えるばかりか、あいちトリエンナーレの悲劇をなぞることになりましょう。毎度お馴染みの顔ぶれで構成された NPO法人アートファームという団体の関与も、注視が必要。


SDGs新しい生活様式のサスティナビリティを担保する新しい街づくりの哲学そのもので、地域の深淵に横たわるディープイシューを顕に炙り出す表現手法の一つが現代アート(あるいは超現実主義)であって、岡山芸術創造劇場(仮称)が次の世代にとって有用であるには社会イノベーションを育む創造拠点に仕上げることが重要。そのときOMOアートの実装をもって、ピンチの顔をしたチャンスをものにするのが私の使命…。


ーカルエリートが我田引水に勤しむアートビジネスの危険性

札幌〜東京〜大阪を経て2006年、岡山へ移住した私。2010年の時点で既に閉塞社会の力学に感づいていたものの、OKAYAMA AWARD(オカヤマアワード)を喧伝する報道に接するやいなやムラの論理の深淵さを再認識。ムラ社会の舎弟関係構築システムにストップをかけるとともに旧態依然とする社会階層を創造的に破壊しなければ、この街は、恵まれた天然リソースや交通の要衝としてのアドバンテージを活かして人々を集めるどころか、県都であるがゆえ岡山県の資産価値を減損させることになる。急ぎ OMOアートの先駆者が立ち上げたFBページは、岡山芸術交流 Okayama Art Summit 開催応援まとめ “ 言論の不自由展・その後 ”

行政主導の芸術事業に関わる税の配布先は事前に決められていて、自信をもって「必ず」と言い切れるほど税の無駄遣いリスクを孕んでおり、コラム “ アートと地方の危険な関係〜「アートフェス」はいつまで続くのか? ” が指摘するように、ローカルエリートヒエラルキー再編の手口はワンパターンで、下記の通り。
地方を「大都市」に従属させる構造的問題P6.より引用

この「承認のゲーム」は、アーティストにとって死活問題となるだけではない。より広くみれば、それは地方に国家や大都市の価値観やイデオロギーを持ち込む機会になっている。

大枠としていえば、アートフェスティバルの多くは、大都市からやってきたプロデューサーやキュレーター、または中央とのパイプを持つ地元政治家や自治体職員が、学生ボランティアや住人を動員するというかたちで動いていく。

アートフェスティバルはそうしてローカルエリートたちのヒエラルキーを再編し、強化する機会となるのだが、では、そもそもなぜ別の場所ではなく、その地方や地方都市でアートフェスティバルがひらかれるのだろうか。

その答えは、究極的には「大都市」の都合によるというしかない。

「大都市」に集まる権力や資本や広告代理店、メディア、観客が望むものを与えること。それが他の場所ではなくその場所に補助金が投下され、多額の投資を呼び寄せ、結果として多くの観光客を招く秘訣になっている。

問題は、そうしてアートフェスティバルが開かれていくなかで何がみるに値するアートかどうかを選択する権利が、「大都市」(またはその傀儡としてのキュレーターやローカルエリート)にますます委ねられることである。


傀儡市政と民間事業者の結託による岡山芸術交流は、偏向メディアセルフブランディングに加担することで偶像としてのローカルエリートを輩出したり、少なくはない自治体職員がアートフェスに動員されるばかりか平成31年度当初予算 主要事業の要求一覧 岡山芸術交流 2019(Okayama Art Summit 2019)180 百万円を拠出させられたり市民にとっては損失だらけで、仕掛け人は我田引水やりたい放題。「芸術」と「娯楽」と同様、「事業」と「策略」を判別できない岡山市民を容易く手玉に取るアート事業は、げに怖ろしい。

SDGs新しい生活様式のサスティナビリティを担保する新しい街づくりの哲学そのもので、地域の深淵に横たわるディープイシューを顕に炙り出す表現手法の一つが現代アート(あるいは超現実主義)であって、岡山芸術創造劇場(仮称)が次の世代にとって有用であるには社会イノベーションを育む創造拠点に仕上げることが重要。そのときOMOアートの実装をもって、ピンチの顔をしたチャンスをものにするのが私の使命…。


ァンタジックな芸術論を語りあうだけで死んでいける腐った楽園

上述タイトルは、私淑してやまない橘玲さんの日々刻々『日本の美術界は「腐った楽園」』からの引用で、拙ブログ「Beyond下剋上のイノベーション。腐った楽園のディープイシューを解決に導き蘇生する、Withコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)」でも紹介した名コラムの一作ですが、文中に読む村上隆さんの言説『エセ左翼的で現実離れしたファンタジックな芸術論を語りあうだけで死んでいける腐った楽園』は、今日の岡山市の芸術レベルの正鵠を射抜く、これぞ社会の深淵な部位を描写した紛れもない現代アートの名作。

 日本の美術業界のこうした構造を歯に衣着せずに批判したのが現代美術の村上隆氏で、「エセ左翼的で現実離れしたファンタジックな芸術論を語りあうだけで死んでいける腐った楽園」と形容しました(『芸術起業論』)。「芸術家とは芸術によってカネを稼げる人間のことだ」とする村上氏が、日本の美術界で嫌われるのも当然です。

 日展は、「内閣総理大臣賞」のような国家の権威を利用して大規模なビジネスを行なってきました。師弟関係で部外者を排除し、受賞歴によって階級が上がっていくムラ社会にあるのは、仲間内の自己満足(マスターベーション)だけです。

 開かれた世界(市場)との回路を閉じてタコツボ化した組織は、必然的に腐っていきます。その気になって探してみれば、あなたのまわりにも同じように「腐った楽園」がいくらでも見つかるでしょう。  『週刊プレイボーイ』2013年12月2日発売号

SDGs新しい生活様式のサスティナビリティを担保する新しい街づくりの哲学そのもので、地域の深淵に横たわるディープイシューを顕に炙り出す表現手法の一つが現代アート(あるいは超現実主義)であって、岡山芸術創造劇場(仮称)が次の世代にとって有用であるには社会イノベーションを育む創造拠点に仕上げることが重要。そのときOMOアートの実装をもって、ピンチの顔をしたチャンスをものにするのが私の使命…。


ピョンと噺は飛んで、Society 5.0に臨む私がスーパーシティ岡山の実現を目論み自治体に向けて放ったOMO作品の新作は『地方議会のトリセツ』で、岡山市議会へ提出(郵送)した陳情第18号は、いつになく不採択ではなく継続審査と相成りました(嬉)。従い報恩謝徳、異能β 0 to 1チャレンジを継続いたします。

2020年7月5日 緊急報告: 岡山市議会Webサイト 請願・陳情の議決結果を閲覧の後、問い合わせたところ、未採決の「スーパーシティ」構想に関する陳情第18号は継続審査であることを確認いたしました。スーパーシティ岡山プロジェクトの実現に向けて精励するとともに、無念にも不採択となった陳情第14号ならびに陳情第20号に関連し、特定企業ファーストの岡山なれば “ 告白ドミノ ” の可能性も排除することなく、地方議会の刷新を更に厳しく進めることを、お誓いいたします。

令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『異能ベータープログラム』からの再掲ですが、「スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山芸術創造劇場 Okayama Creative Theater
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

異能β(後のDX公務員)が拓く、半農半DXと自給自足のSociety5.0シティ。デジタル円 & ベーシックインカム for 異能vationプログラム.

新型コロナウイルスに直接または間接的に罹災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。

常識外な挑戦 “ 異能vationプログラム ” エントリー試作のページ
総務省の公募に臨み、地方公共団体との連携を目論み、プロトタイプの共有を行いました )

岡山市のBRT化の兆し
銀デジタル通貨(CBDC)for Society5.0

昨日の日経朝刊「中銀デジタル通貨、準備を加速 日銀が実証実験へ」の見出しが目に飛び込むや、2月9日の拙エントリー「デジタル徳業」構想の実現は目前だと推定的に断定。地域社会を地方議会から変革する、DXジャーナリズム領域のイノベーティブなプロトタイプ『陳情書のトリセツ』が先週、炸裂したことと相まって、ユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)を包含する次の政策を装填する私。


中銀デジタル通貨(CBDC)が現金同等の機能を持つためには〜と書き出す日銀リポートを拝読するなか、ブロックチェーン技術は “ 米11都市でベーシックインカム導入実験、29歳市長が発起人 ” の記事を身近なものにするであろうし、かねて私が温める「DX公務員」構想もまた近い将来、実現すると占う強い確信も。


下方の緊急提言は、東京一極集中の逆回転を肯定的に受け止め新しい生活様式に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる日本国家のグランドデザイン。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。誰がやる?って、異能βで通称「へんな人」

※※ 緊急提言【 Beyondコロナ 国家プロジェクト2020 】2020.4.26 転載

行政を動かす『地方議会のトリセツ』for Society5.0シティ岡山モデル.が前進を始めた今だから。ICT分野において破壊的価値を創造する、奇想天外でアンビシャスな技術課題への挑戦を支援してくださる異能vation プログラムをイノべ―ティブな変な人の構想を叶える魔法のアイテムだと考え、私は応募に挑む所存です。



能vationプログラム “ 破壊的な挑戦部門 ” 通称「へんな人」“ 異能β ” は私だ!

応募する技術課題名
Society 5.0シティのロールモデル「スーパーシティ岡山」創出

応募する技術課題概要 】 技術課題を乗り越えて実現したい目標
・どんな世界にしたいですか?
誰もが心豊かに暮らせる人間中心の創造世界 ≒ Society 5.0ワールド

何を実現したいですか?
Society 5.0シティのロールモデルとなる「スーパーシティ岡山」の実現

そのためには今どんな壁がありますか
岡山は変わらんよ!そう悟り切っている議会と住民の間に聳え立つバカの壁

実現への道筋
・その壁をどうやって超えていきますか?
行政を動かす『地方議会のトリセツ』等のローカルイノベーションで壁を超越

・あなたの持っている技術や計画を教えてください。
閉塞社会を創造的に破壊する「地方の偉い人たち」 への緊急提言技術力
閉塞社会の破壊後に創造するDXイノベーション徳業スコアリング計画

追加資料、試作品(任意)
・なぜこれに挑戦しようと思ったのか
国を支えるSociety 5.0シティのロールモデルを創りたく


・この技術のどこをアピールしたいか
DX構想アーティスト独りの力で地域社会を変革できる点


そうやって、持続可能な開発目標(SDGs)11「都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする」を中心に据えて、Society 5.0に臨むスーパーシティ岡山の実現を目論み地方公共団体と連携したく放った画策が『地方議会のトリセツ』で、岡山市議会へ提出(郵送)した陳情第18号は、いつになく不採択ではなく継続審査と相成りました(嬉)。従い報恩謝徳、0 to 1チャレンジを継続いたします。

2020年7月5日 緊急報告: 岡山市議会Webサイト 請願・陳情の議決結果を閲覧の後、問い合わせたところ、未採決の「スーパーシティ」構想に関する陳情第18号は継続審査であることを確認いたしました。スーパーシティ岡山プロジェクトの実現に向けて精励するとともに、無念にも不採択となった陳情第14号ならびに陳情第20号に関連し、特定企業ファーストの岡山なれば “ 告白ドミノ ” の可能性も排除することなく、地方議会の刷新を更に厳しく進めることを、お誓いいたします。

令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『スーパーシティ構想』からの再掲ですが、「スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 異能ベーター 異能vationプログラム
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

新しい生活様式の安全・安心を担保する、AIスコアリングを実装したサイバーフィジカルシステム(CPS)社会。信用創造から徳業創造へ

新型コロナウイルスに直接または間接的に罹災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。

徳業スコア・首長スコア・議員スコア ” 考察のページ

J.Score 現在のスコア
信用創造 AIスコアリングで始まる

2018年9月3日。個人に関する様々なデータを最新のAI技術を活用し無料で分析、AIスコア化するサービス “ J.Score ” に接した瞬間、これにより社会は大きく変わる!と断定的に判断し、忽ちAIスコア診断(無料)を実施。スタート当初の〔703点〕は、凡そ2ヶ月後〔748点〕に上昇し、その後、上下動を繰り返しつつ2020年6月9日現在〔778点〕へ。個人信用スコアの変動ロジックに、可能性を垣間見る私。

それは Forbesの記事『AI解析による信用スコアを活用、LINEの個人向けローンサービスが話題』に読む、AIスコアリング利活用の個人融資の可能性だけではない、新しい生活様式 ―― なかんづく Society 5.0 ―― への移行を余儀なくされた、Beyondコロナ社会の安全・安心を担保する、必須の信用格付サービス。


下記は直前のエントリー「地方議会議員の働き方改革」で紹介・共有した概念ですが、あらためて。
徳業スコアの意味と意義住民の評価と直接投資が変える明るい未来 = Society 5.0
地域社会を支援するための外郭団体は全国各地に星の数ですが、職能・職務に関わらず、天下りによる報酬の分配問題は跡を絶ちません。こうしたディープイシューを解決するのが、ブロックチェーンと個人間送金の技術を利活用するデジタル謝金。佳い住民サービスに徹する職員(DX公務員)は、住民の直接評価により決められた金額を、デジタル謝金として直接受領。謝金を基に徳業スコアは再計算され、さらにDX公務員の徳業スコアの総和により組織の時価総額は確定。これらをベースに、管理職者の報酬は決定される。さらに徳業スコアは、首長や、議会議員の適確の精査にも応用可能

そうやって個人信用スコアの変動ロジックに関し、デジタルトランスフォーメーション技術が少なからず影響するものと仮説を立てている私。今後はディープテック力を駆使し、検証を交えてレポートいたします。


令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 Beyondコロナ 国家プロジェクト2020 】2020.4.26 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム “ 行政を動かす『地方議会のトリセツ』” からの再掲ですが、「Beyondコロナ 国家プロジェクト2020」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > CPS社会の信用創造と徳業スコア戦略
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

コロナの大チャンスを潰す「地方の偉い人たち」 への緊急提言。行政を動かす『地方議会のトリセツ』for Society5.0シティ岡山モデル.

新型コロナウイルスに直接または間接的に罹災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。

地方議会議員の働き方改革 ” 提案のページ

Beyondコロナ 国家プロジェクト Society5.0シティ
われているのは「大都市の変化」ではない

東洋経済 ONLINE 5月26日 “ コロナの大チャンスを潰す「地方の偉い人たち」 ” には地方創生事業が悉く失敗に終わる、その問題の本質に迫る秀逸さがあるので、子育て世代を失望させる全国ワースト屈指の待機児童数や、機能不全に陥って久しい公共交通問題など岡山市の致命的な難点を参照しながら、岡山県ならびに岡山市が採るべくBeyondコロナの国家プロジェクト戦略について共有したいと存じます。

まずシェアリングエコノミー時代に臨み取り組まねばならないMaaS事業に関連し、岡山県ならびに岡山市は平成30年。時勢を理解することなくライドシェアの導入に反対する意見書を国に提出(汗)。さらなる岡山の悲劇は、MaaSを拒む傍ら大正・昭和のレガシーシステム、日本一短い路面電車を岡山駅前に延伸しようという、言葉を失うレベルのナンセンスな事業案の採択と推進。信じられない政策が可決されるロジックは、岡山市議会の陳情に対する賛否(令和2年3月13日議決分)を閲覧すれば一目瞭然。岡山の住民の積年の困りごとであり岡山県の転出超過の元凶ともいえる、公共交通機関の機能不全の解決を目論む令和元年陳情第24号、令和2年陳情第2号、令和2年陳情第5号、あわせて3件もの陳情書があっけなく否決されているのです。

問われているのは街の成長機会を潰す「議会の偉い人たち」の交代であり、岡山県・岡山市議会の刷新

2020年7月5日 緊急報告: 岡山市議会Webサイト 請願・陳情の議決結果を閲覧の後、問い合わせたところ、未採決の「スーパーシティ」構想に関する陳情第18号は継続審査であることを確認いたしました。スーパーシティ岡山プロジェクトの実現に向けて精励するとともに、無念にも不採択となった陳情第14号ならびに陳情第20号に関連し、特定企業ファーストの岡山なれば “ 告白ドミノ ” の可能性も排除することなく、地方議会の刷新を更に厳しく進めることを、お誓いいたします。

続いて記事 P.2に「コロナショックによって都道府県単位、市町村単位での判断を求められる機会が多く出てきたことによって、地方は「横並び一律」ではなく「自分たちでどう判断し対応するか」が問われるようになっています」と記され、将に2月29日のマイエントリー “ 岡山市長と松江市長を比較した岡山市民は、安倍首相を叩く以前に大森市長を叩き出す。首長の資質に翻弄される、街の栄枯盛衰 ” の想いはピタリ重なる。

自己判断がつかず、不要不急の学校等における一斉臨時休業を敢行したかと思えば、慎重局面で開校も。


さらに記事 P.3に読む「地方の閉鎖的な空気から逃れるため」という理由…、そして「2011年の東日本大震災後においても、地方への関心が高まったものの、地方側は過去のやり方をほとんど変えないがゆえにその流れは頓挫してしまいました。その結果として、むしろ東京に年間8万人以上の人々が転入超過するという一極集中状態が強化されて行きました」に同期するが如く2017年以降、岡山県の転出超過は深刻。ラストの行、
都心の地域に住んでいる人たちがこれまでと異なる「オルタナティブ」(他の選択肢)を模索してもそれを排除していては、地方にはいつまでもチャンスをものにする日はきません。地方にとって、今回のコロナショックを「都市との新たな関係を構築するチャンス」にできるかどうかは、「地方の偉い人たち」が「変わることを決断」できるかどうかにかかっていると言えます。
これにはパシーンと膝を痛打してしまった、毎度お馴染みワンパターンの私。なれば岡山令和刷新事業。東京〜大阪で四半世紀、仕事に没我した私に、都市との新たな関係を構築する天命は降されたということ。

Beyondコロナのメトロポリスを、日本国家をサポートするのは地方都市の役目であり、岡山県の場合は県都を担う政令指定都市 岡山市の使命であって、首都圏・関西圏ほか大都市圏から地方を目指す人々を事業ターゲットに据えた、実のある地方創生プロジェクトを構想し起動すべき時機。なのだから、これ以上コロナの大チャンスを潰す「地方の偉い人たち」 に任せておけません。市民が動かなければ岡山市は確実に終わる…。



題は地方の「偉い人たち」が変われるかどうか
 〜 リモートワークが催促する「新しい生活様式」⇒ Society 5.0シティ

地方の「偉い人たち」が変わる、というのは岡山市においては百年河清を俟つ(あてのないことを空しく待つ)のと同義なので私は徳業の一環として、旧態依然とした思考の創造的破壊をもって地方議会を刷新する仕組みづくりに既に取り組んでおり、結果として、地域社会の健やかな成長を手に入れようと目論む只今。

天然リソース恵まれ過ぎの岡山市、なぜ成長できない? それは成長の芽を摘む偉い人が多すぎるから…。

暮らしファースト【 地方議会議員の働き方改革

行政を動かす『 地方議会のトリセツ 』岡山モデル

地域社会に横たわるディープイシューを打開する改善策のプロトタイプの一つは内閣府 “ スーパーシティ構想 ” 関連だったり、解決策の一つは国土交通省 “ 日本版MaaS推進・支援事業 ” 関連であったり、住民の困りごとが凝縮された陳情書を議会はどう扱い、どのように解決するのか。まさかの既読スルーをモニタリングするとともに地方議会のコンテンツのオープン化をもってローカルイノベーションを試みる私。岡山モデルを世界のロールモデルに昇華したく、しばし、ご注目ください。

地方議会を動かす『 陳情書のトリセツ 』岡山モデル

1. 住民積年の困りごとを抽出 → 2. 陳情書を作成 → 3. 陳情書を提出(郵送可)→ 4. サイバー空間において共有 → 5. 各議会のHP等で陳情書の賛否(議決結果)を確認 → 6. 賛否に基づき議員を精査 → 7. 議員の徳業スコアを算出 → 8. 次期選挙において議員スコア(活動の実績評価)を共有
上記は、組織票を振りかざす企業のためではない、暮らし優先の地方議会を担保する仕組み

※ ご参考「 岡山県議会HP 」「 岡山市議会HP
上記フローを洗練し、健全な社会が求める地方議会の刷新に努めることをお誓いいたします。


コロナ禍は「都市との新たな関係を構築するチャンス」であり、暮らしの改善であれ既得権益を脅かす微妙な問題なら反対に回り、関与しなければ議員生命は延命できる。そんな岡山の議会を刷新する好機なのです

岡山へ移住して約14年、閉塞社会の地域課題を具に抽出する私。Web記事「リモートワークこそ、新しい働き方をプロトタイプする好機である」は正鵠を射ており、COVID-19そのもの少子高齢化社会人口爆発を是正する自然の摂理と理解するなら、旧態依然として成長できない腐った楽園を築いた岡山市のオールドタイプからニュータイプへの世代交代を督促する絶好機。コロナの大チャンスを潰す「地方の偉い人たち」 に代わり、チャンスを醸す「地方都市への移住者」として『陳情書のトリセツ』のブラッシュアップを続けます。


令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『国交省「日本版MaaS推進・支援事業」』からの再掲ですが、「Beyondコロナ 国家プロジェクト2020」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 行政を動かす『地方議会のトリセツ』
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

「スーパーシティ」構想。自治体アイディア公募の応募を促し、地方議会を動かす『陳情書のトリセツ』with 徳業としての岡山令和刷新事業.

新型コロナウイルスに直接または間接的に罹災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。

「スーパーシティ」構想 自治体アイディア公募 ” の応募を岡山県ならびに岡山市に促すページ
( 自治体との効果的協働模索に臨み、議会を動かす『陳情書のトリセツ』の概念化を兼ねて書きました )

2020年7月5日 緊急報告: 岡山市議会Webサイト 請願・陳情の議決結果を閲覧の後、問い合わせたところ、未採決の「スーパーシティ」構想に関する陳情第18号は継続審査であることを確認いたしました。スーパーシティ岡山プロジェクトの実現に向けて精励するとともに、無念にも不採択となった陳情第14号ならびに陳情第20号に関連し、特定企業ファーストの岡山なれば “ 告白ドミノ ” の可能性も排除することなく、地方議会の刷新を更に厳しく進めることを、お誓いいたします。


口移動 転出超過を逆転させる「スーパーシティ」構想の応募に関するデジタル陳情書

スーパーシティ構想にSociety 5.0シティ国家プロジェクト(案)を重ねている私は、下記の法案の成立により岡山市や倉敷市、早島町、そして岡山県にとって大きく躍進するチャンスが訪れたと断定的に確信しており、自治体の推薦を得ることで、新しい生活様式に即した街づくりができれば有り難いと願っています。

「国家戦略特別区域法の一部を改正する法律」の成立について
「スーパーシティ」構想の実現に向けた制度の整備、地域限定型規制のサンドボックス制度の創設、特区民泊における欠格事由(暴力団排除規定等)等の整備、を盛り込んだ、「国家戦略特別区域法の一部を改正する法律」は、令和2年5月27日に政府提出案どおり成立いたしました。

そもそも内閣府は昨年9月より「スーパーシティ」構想の実現に向けて検討を進めている自治体等から幅広くアイディアを募集しており(「スーパーシティ」構想 自治体アイディア公募要項)、そこに記載された応募主体は基本的に地方自治体なので、応募行動を速やかに起こして戴きたく、下方に転載した陳情書を岡山県議会ならびに岡山市議会へ提出(郵送)した次第です。と、市民の陳情書程度で果たして議会は動くのか?

解決が急がれる地域社会問題に誠意をもって取り組んでいるか、議会モニタリングの仕組みを実装
市民(住民)の “ 陳情に対する賛否 ” で見える化する『議員スコアリング

そこでフィジカル空間に存在する岡山県議会岡山市議会に提出する陳情書は斬新かつ革新的であればあるほど、閉塞ムラ社会のシガラミにおいて恣意的に処理されるのが一般的と考えて、昨年11月。フィジカル空間のみならずサイバー空間において陳情書を共有するという、サイバーフィジカルシステム(CPS)の応用利活用により創出した情報/価値によって産業の活性化や地域社会のディープな問題の解決を図る “ 陳情書インスタレーション ” 構想を公開していたのですが、前掲「国家戦略特別区域法の一部を改正する法律」の成立に際し、リアル社会とネット空間の融合から誕生した構想アートの中の一つ『OMOアート』は今まさに試行錯誤から脱却しベールを脱いで、結実をみようとしています。さっそく下記、陳情書2通を共有いたします。

陳情書に同封した書類一覧(岡山県)】 1. 添え状 2. 陳情書
3. 内閣府 「スーパーシティ」構想 自治体アイディア公募要項 4. 参考資料:日本経済新聞社 電子版 “ スーパーシティ法が成立 まちづくりに先端技術活用 ” 5. 参考資料:“ 農家レストランの農用地区域内設置に係る特例措置の全国展開 ” & “ 緊急提言: Beyondコロナ 国家プロジェクト2020
地域社会の問題点
ライドシェアの導入に反対し、タクシー事業の適正化・活性化を求める意見書
・ 山陽新聞社Web版 “ 岡山県内18市町村が転出超過 19年人口移動 流出解消されず
・ “ BRT 導入のための、MaaS 激論。路面電車の創造的廃線について未来志向で語りたい
陳情書に同封した書類一覧(岡山市)】 1. 添え状 2. 陳情書
3. 内閣府 「スーパーシティ」構想 自治体アイディア公募要項 4. 参考資料:日本経済新聞社 電子版 “ スーパーシティ法が成立 まちづくりに先端技術活用 ” 5. 参考資料:“ 農家レストランの農用地区域内設置に係る特例措置の全国展開 ” & “ 緊急提言: Beyondコロナ 国家プロジェクト2020
地域社会の問題点 】・ ライドシェアの導入に反対し、安全安心なタクシー事業を守る施策推進を求める意見書の提出について
・ 山陽新聞社Web版 “ 岡山県内18市町村が転出超過 19年人口移動 流出解消されず
・ “ BRT 導入のための、MaaS 激論。路面電車の創造的廃線について未来志向で語りたい


令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『Beyondコロナてんでんこの生存戦略』からの再掲ですが、「Beyondコロナ 国家プロジェクト2020」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Society 5.0 スーパーシティ構想
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

すでに起こった未来は、東京一極集中の終わりの始まり。Beyondコロナの国家プロジェクト 〜 地方創生 Society5.0シティ構想 〜

新型コロナウイルスに直接または間接的に罹災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。

地方創生 国家プロジェクト 2020 ” 構想のページ

新たに岡山を誇り|アルファステイツ表町
ジタル格差と定常型社会住宅双六

折込チラシを眺め、東京に暮らした10年弱に巡らす想い様々。Google MeetZoomMS Teams 諸々、Web会議システムが地方都市に齎す快適で高効率なリモートワークの日々に感謝するばかり。

通学・通勤に利用したJR中央線や東急目蒲線はまだしも、JR赤羽線(現在は埼京線)や東京メトロ千代田線で窒息寸前、寿司詰め電車の記憶を忘れはしない。でもしか今朝に至って振り返るなら、大阪14年を含めた大都市圏での生活あらばこそ、地方都市への移住構想は豊かに膨らみ夢は目標に置き換わり、OODAループは円滑に回って2006年。20年間に渡りマーケターに鍛えてくれた上場企業に深謝し、10倍超に育てたポートフォリオをキャッシュポジションに移して不動産(住宅)投資へ切り替え、退職・移住を以って計画完遂。

地方暮らしで物件価値は上昇し、自らはローカルキャリアを手に入れる。そんな時間投資もまた成功。


東京時分は秋葉原エリアを中心に担当し、大阪へ異動後は情報通信事業本部で東京メガマーケットおよび全国主要都市でのマーケティング職を担った私に、静かに忍び寄る巨大都市生活のパラダイムシフトに気づかせてくれたのは、紛れもなくブラウザ。時代をサーフィンする私は、Netscape NavigatorからChromeへ。検索窓から覗いて学ぶ住宅双六のこと定常型社会へ遷移のこと、それに沿う構想を描いておくのもまた大事。

1次情報を吟味し、編集。暮らしに活かせる応用技術なくして地方都市での快適な生活は成立し得ない。


翻って1次情報を吟味し、編集。暮らしに活かす技術があれば快適な地方の生活は担保されましょう。

さて、冒頭。東京一極集中の終わりに関し、私は預言者ではなく構想アーティストなので、いつでも反都市化の始まりに対応できる構想を描き備えておりました。一つは極力お金をかけず、法人格を所有すること。それは民間への委託事業に入札エントリーするには法人格が必要で、民間事業者同士のコンソーシアムにおいても法人格を持たなければ協業は難しい。さりとてダウンサイジングの時勢、持続コストは極力ゼロがよい。

なればと、未来指向の同志とともにNPO法人を立ち上げ、岡山県と市の入札資格を獲得。臨む、3期目。

Beyondコロナの首都圏をサポートするのは地方都市であり、同時に岡山県の場合は県都を担う岡山市の使命であって、首都圏・関西圏ほか大都市圏から地方を目指す人々を事業ターゲットに据えた、実のある地方創生プロジェクトを構想し起動すべき時機。ということから今号のタイトルは、リモート化で格差を拡大させないための「Beyondコロナの国家プロジェクト 〜 地方創生 Society5.0シティ構想 〜」を掲げる次第です。


型コロナの標的はオールドタイプ社会イノベーション督促ウィルスか !?
 〜 リモートワークが催促する「新しい生活様式」≒ Society 5.0シティ


岡山へ移住して約14年、閉塞社会の地域課題を具に抽出してきた私。Web記事「リモートワークこそ、新しい働き方をプロトタイプする好機である」は正鵠を射ており、COVID-19そのもの超高齢化社会と人口爆発を是正する自然の摂理と仮定するならば、旧態依然として腐った楽園を築いた岡山市のオールドタイプからニュータイプへ世代交代を催促する某であり、いわば「社会イノベーション督促ウィルス」とも換言可能。

Beyondコロナは意外にも健やかな社会(Society5.0シティ)の始まりだと私は愚直に信じています。

NEWS PICKS WEEKLY OCHIAI: 【落合陽一】コロナ格差と教育を考える

トークセッション動画の中で「ニュータイプの時代」を上梓された山口 周さんはリモートワークによるパフォ−マンスの個人格差に触れていますが、例えてマイ徳業ワーク “ おかやま市 MaaS プロジェクト ” は社会課題に向き合うコレクティブインパクトの試作物であり、仮想空間の中で完結をみるサイバー事業。


SDGsはイノベーションの宝庫と考える私は、いつまで待っても解決されない全国ワースト屈指の待機児童問題を氷山の一角とする岡山市は何故ディープイシューの宝庫なのか。それら問題の本質はベンチマークによって発見できるので、リモートワークを通して一騎当千の変革の志士に徹し、刷新を継続しようと存じます。


令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 Beyondコロナ 国家プロジェクト2020 】2020.4.26 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『Beyondコロナの GovTech & CivicTech』からの再掲ですが、「Beyondコロナ 国家プロジェクト2020」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 地方創生 Society5.0シティ構想
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

Beyondコロナの GovTech(ガブテック)& CivicTech(シビックテック) Code for Okayama(コード・フォー・オカヤマ)想起録

新型コロナウイルスに直接または間接的に罹災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。

Code for Okayama ” 5年を経て再考に就くページ

Beyondコロナ 国家プロジェクト Society5.0シティ
ブテックが行政を効率化する可能性

テックスープ・ジャパンお知らせメールを起点に昨日は朝7時より8時半まで、Code for Japan 主催 “ 緊急開催)npoのための事業変革とIT活用ミニセミナー ” を聴講。その流れに乗り、在宅勤務を終えた19時からは “ Civic Tech Live! Online ver. #3 ” も聴講したことから、Google MeetZoomMS Teams 諸々WebMTG三昧の一日。快適で高効率なワークスタイルの普及に感謝するばかりです。


さて、冒頭。初めて私が “ シビックテック(CivicTech)” に触れたのは Code for Japan 代表 関 治之さんのエントリーで、2014年当時。岡山の街づくり研究会にジョインしていた私は素敵にインスパイアされて「Civic Tech(シビックテック)。 Code for Okayama ( CfO : コード・フォー・オカヤマ )を考える」とタイトルを冠し、脊髄反射のままにエントリー。三歩歩いて忽ち忘れたものの、セミナー申し込み欄の質問「何でCode forを知ったorいつ頃からCodeforに関わっているか」により、5年半ぶりに投稿を想起。


そこからスイッチが入り、社会課題に取り組むNPOの現場に活動しコレクティブインパクトを生み出すためのソーシャル・テクノロジー・オフィサー(Social Technology Officer)募集!ページからCode for JapanのSlackへ入室。今しばらくCivicTech(シビックテック)やGovTech(ガブテック)について学ばせていただき(エンジニアではない私ではあるけれど)、腑に落ちるところあらば、Code for Okayama(コード・フォー・オカヤマ)構想を再び膨らませ、手足を動かし CfO 実現の協働へ踏み出してみようかと。

そうやって情報探求を進める中、株式会社トラフィックブレイン 代表取締役トークに釘付けに…。


それは令和元年に臨み、マイ徳業ワークの一環として位置づけた岡山令和刷新事業おかやま市 MaaS プロジェクト ” に太田 恒平さんのコンテンツは激しく重なり、オープンデータから展開される氏の専門性は海より深し。サイバー空間で太田さんを勝手同志に指名した私の気分は、力強いハンドシェイクのそれ。拙エントリー『Beyond下剋上のイノベーション。腐った楽園のディープイシューを解決に導き蘇生する、Withコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)』を具体的に実現させるにあたり、トラフィックブレイン社の自動ダイヤ改正支援システム「Dia Brain」と同社ブログのラストの行「3.合意形成」に着目しています。


太田氏ほど(私を除き)岡山市の公共交通の問題の本質に踏み込んだ県外の人を、私は知らない。


令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 Beyondコロナ 国家プロジェクト2020 】2020.4.26 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『Withコロナのサイバーフィジカルシステム』からの再掲ですが、「Beyondコロナ 国家プロジェクト2020」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > シビックテック Code for Okayama
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

コロナてんでんこ、Beyond COVID-19の生存戦略。自給自足「新しい生活様式」へ先祖返りする、Society 5.0シティ by 岡山令和刷新事業.

新型コロナウイルスに直接または間接的に罹災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。

Beyondコロナ ” の生存戦略を考察するページ

内閣官房|新型コロナウイルス感染症に伴う各種支援のご案内
山市 事業継続支援金のご案内

日本経済新聞社の “ 緊急事態宣言31日まで延長、公園や美術館は再開へ 政府方針 ” 報道を受け、急ぎ私たちの街おかやま市ならびに日本の持続可能性の灯火を消さないために、国による1次情報を正確に得るためのWebページ “ 新型コロナウイルス感染症に伴う各種支援のご案内|内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室 ” をリンクいたします。


そうやって緊急事態宣言を延長してしまった我が国の政策を、グローバルレベルでベンチマークするとき他国の興味深い施策またぞろ。一つは、人体実験とも揶揄される “「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に ” 記事から得る学びは珠玉であり、もう一つは、タンザニア・マグフリ大統領の「新型コロナウイルスをわれわれの経済を破壊する理由にするべきではない」とする主張。それは、池田信夫さんが分かりやすく解説くださる「現役世代の命と高齢者の命の選択」に呼応する内容で、「緊急事態宣言を続けると失う命が救う命より多いことは明白」を深く理解した上での国政、英断と称されるもの。


新型コロナウイルス感染症の各国対応の差異は、どこから生じるのか。私は国民的 “ 死生観 ” に因るものと断定的に考えていて、テロや内乱、それらを起因とする貧困や飢餓と背中合わせの国に暮らす人々は、新型コロナより、仕事がなくなるほうが怖ろしいと感じるのではなかろうか。これほど平和な日本に生かされる私さえ、世界の恒久平和のため次の世代のため世のため人のためという社会的使命を果たし天命を返還したときに “ 私は美しく幸せに死ぬ ” と信じているので、今なお休むことなく神に祈り、仕事を続けているのです。


ロナてんでんこ。Beyond COVID-19の生存戦略 by 岡山令和刷新事業.

令和という新元号に臨み、こしらえたライフワークとしての徳業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。

暮らす地域に感謝して、よりよい国づくりに必要不可欠である、徳業。資本主義社会が根幹から揺らぐとき、グレート・リセットは必然のものとなり、すでに起こった未来のイノベーションこそ “ 徳業スコア ” で、そこから派生するのは首長スコアリング議員スコアリングという為政者精査のための、信用スコア

翻って信用スコアが著しく低い首長や議員が炙り出されるようになると、ブロックチェーン技術の応用利用により「誰々により選ばれた」もまた可視化されてしまう、旧態依然とする人々には極めて厄介な、新しい生活様式がスタンダードになるかも知れません。そうした折柄、次代を逞しく生き抜く若い人々にお伝えしたい、コロナてんでんこ。緊急事態宣言の延長は、いわば経済的大津波を引き起こすプレートテクトニクス


経済的巨大津波に飲み込まれるであろう日本において、新しい時代を担う世代とお年寄り世代を一緒くたにして若者の動きを封じれば、みんな一緒に飲まれてしまう…大川小の悲劇を繰り返すようなもの。ならば、コロナてんでんこ。若い人たちは自らの行動は正しいと信じて、Beyondコロナを生き抜いていただきたい。


令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 Beyondコロナ 国家プロジェクト2020 】2020.4.26 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割多様にあります、バラエティ。拙コラム『「Beyondコロナ(COVID-19)by 岡山令和刷新事業. 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり。百年に一度の、百年河清の好機到来!』からの再掲ですが、「Beyondコロナ 国家プロジェクト2020」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Beyondコロナてんでんこ生存戦略
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ