鯛の海藻蒸しの作り方を画像で紹介するページ

鯛の蒸し煮(海藻蒸し)の完成
リーズナブルな生の海藻で白身魚を包み込み、蒸し煮にするなら、高級海鮮料理に様変わり。

瀬戸内の逸品地魚、鯛の蒸し煮を作ります。


【 材料 白身魚1尾分 】  ( 完成まで約30分 )

鯛の海藻蒸し(蒸し煮)の完成・鯛 小1尾 ・生切り昆布 2つかみ ・レモンなど

・天然塩 少々 ・酒 大さじ4 ・オリーブオイル(またはガーリックオイル) 大さじ2


【 鯛の蒸し煮の作り方 】

1.ウロコと内臓を取った鯛に、軽く塩をしておきます。

2.フタ付きの鋳鉄製の鍋の底に、生切り昆布 1つかみを広げて鯛(1.)を載せ、酒 大さじ2・オリーブオイル 大さじ1を振りかけます。

3.鯛(2.)に、残りの生切り昆布をかぶせて、酒 大さじ2・オリーブオイル 大さじ1を振りかけ、フタをします。

4.鍋(3.)を中火で熱し、蒸気が出たら弱火に落とし、20分ほど蒸し煮にして出来上がり。


【 チェックポイント 】

蒸し煮は、少ない水分で調理するため焦げ易く、火加減にはご注意を。 蒸し煮にレモンを絞り、ガーリックオイルを振りかけ、香ばしく。


【 編集後記 】

大阪へ引っ越した頃、明石の鯛に鳴門の鯛と、瀬戸内海のブランド鯛の美味しさに驚きました。 岡山の“下津井ブランド”も、お忘れなく!!


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > 鯛蒸し煮 > 鯛蒸し > リンク
Copyright (C) 2005-2009 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
『 レシピmomo 』 に参加中!