ハモの有馬煮の作り方を画像で紹介するページ

鱧(はも)の山椒煮(有馬煮)の完成
その生命力の強さにより、京の都の料理文化に加わったと聞く、高級食材の鱧(ハモ : Wikipedia)

元気が湧き出ること、請け合いです。


【 材料 1尾分 】  ( 完成まで約30分 )

鱧(ハモ)の有馬煮(山椒煮)の材料・ハモ(骨切り済み) 1尾

・水 150cc ・煮切り酒 150cc ・みりん 45cc ・濃口醤油 30cc ・実山椒の佃煮 大さじ1


【 鱧の山椒煮の作り方 】

1.小さ目のフライパン(テフロン加工)に、皮目を下にしてハモを入れ、中火で軽く焼き始めます。

2.焼き目がついたらハモをひっくり返して軽く焼き、再び、ひっくり返します。

3.フライパン(2.)に、水・煮切り酒・みりん・濃口醤油・実山椒の佃煮を入れ、弱火に落とします。

4.煮汁を魚にかけながら10分ほど煮て、汁が半分の量になり、照りがでたら出来上がり。


【 チェックポイント 】

煮詰まった煮汁は、焦げ易いのでご注意を。 鱧の皮目をこんがり焼くと、香ばしく。 鱧丼や、鱧茶漬けなど、色々お試しくださいね。


【 編集後記 】

東京在住の頃、鱧は、おいそれとは手が出ない高級食材。 瀬戸内海の近くに暮らしてからは、随分、身近な食材になりました(嬉)。


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > 鱧煮 > 穴子煮 > リンク
Copyright (C) 2005-2009 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
『 レシピmomo 』 に参加中!