ブランディングについて考えるページ

ブランド創出物語
「 ブランド構築(創出)の流れ 」

2009年6月10日、コーポレートブランド(CB)価値2009年版を伝える日経朝刊の見出し、“任天堂、3位に躍進”。

首位はトヨタ(7回連続)、2位はキャノンと報じられ。 さてブランドとは、顧客(市場)より企業に授与された“信頼の証”。 その信頼を高める行為が、企業ブランディング。 そうしたシンプルな理解に基づけば、ブランド構築(創造)とは、市場との信頼づくりにほかならない。 と、軽やかに結論に達してしまいます。

では、どうすれば市場の信頼を得られるか。 これまたシンプルで、企業や企業の製品・サービス情報を、市場に届けるのみ。 やがて(良くも悪くも)適正な評価がくだされる。 但し以前は、情報を届けるコストが割高だった。

なるほど企業ブランド価値ランキングの上位を占める大企業群。 ブランド戦略と銘打ち費やした広告宣伝コストの大きさが窺えましょう。

( 次代のブランド戦略の参考書として 『フラット化する世界 [増補改訂版] (下)』『ソーシャル・ウェブ入門―Google、mixi、ブログ…新しいWeb世界の歩き方』 by Amazon. )


「 ブランディングツールとしての試作品 」

インターネットは世界を結ぶインフラとして社会に定着し、従来の情報配信コストは、創造的に破壊され。 情報消費社会に有用なコンテンツを作成することでWebサイトは、検索エンジンにより無料で紹介される。 実際、ウェブ社会に呼応すべくブランド構築ノウハウを模索するサンベルディエール運営の動く試作品としてのブログ、『幸せへの一歩』のレシピコンテンツがヒットして、1日1,000アクセスに達したり。

アドレス(正確にはURL)を持ちながら、月額運営コストは数百円。

ブログブランディングという未知のビジネス領域において、いち早く“次代のブランド構築ならサンベルディエール”というブランド認知を確立させる、ビジネスブログの試作品。 それが当ブログ『幸せへの一歩』であり現実に、市場の評価を実証するべく実績が必須となるわけです。 そして1日1,000アクセスの実績を得た今。

ブランド構築コンサルティング・ファームサンベルディエールとして、資本力不足により市場への情報配信を諦めていた経営者様にブログブランディングを提案、ノウハウをご提供し、あるべきブランド価値の創出サポートに努めたく。

中小企業のブランド戦術として、お役に立てれば幸いです。 

( 経営者様に有益なブランディングサービスGoogle プロフィール検索』『SBI Business』、参考ツールとして 『[ポーケン / Poken] - Panda』 by Amazon. )


【 編集後記 】

当ブログの1アクセスを、パンフレット1枚を配布したものと考え、月額運営コストを割り算してみると、パンフレット100枚の配布コストは1円、と算出されました。 折しも低炭素社会づくりに向けて“温暖化ガス15%削減”が掲げられており、その観点から、紙やインクを使わず刷り過ぎによる廃棄もないウェブ上のパンフレットは、その温暖化ガス削減効果において天文学的な数値(率)を提示するものと直感し、次世代型のインターネット広報ツールとして理想的ではないかと直観する次第です。


ホーム > サイトマップ > ブランディング > ブランド構築ノウハウ > リンク
Copyright (C) 2005-2009 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!