クリームみつ豆の作り方を画像で紹介するページ

クリーム蜜豆(みつまめ)の完成
夏の季語でもある蜜豆は、日本を代表する人気の甘味。 抹茶風味やフルーツ蜜豆など、応用自在。

まずは定番の、クリームみつ豆を作ります。


【 材料 2人分 】  ( 完成まで約半日 )

みつまめ(蜜豆)の材料・赤えんどう豆(乾燥) 100g ・水 2カップ+2カップ ・重曹 小さじ1/2 ・天然塩 小さじ1/2 ・寒天 適量

・水 100cc ・黒砂糖 75g ・和三盆糖 65g ・水飴 大さじ1 ・バルサミコ酢 小さじ1/2 ・アイスクリーム、フルーツなど


【 クリーム蜜豆の作り方 】

1.鍋に、赤えんどう豆・水 2カップ・重曹を入れ、ひと晩つけておきます。

2.鍋(1.)を強火にかけて沸騰したら煮こばし、鍋に豆を戻し、水 2カップを入れて中火で沸かし、弱火に落として25分ほど茹でます。

3.豆(2.)が軟らかくなったのを確認し、塩を入れて火を止め、そのまま(常温で)冷まして塩豆の完成。

4.指定された量の水で寒天を煮溶かし、流し缶に入れ、冷蔵庫で冷やしておきます。

5.小鍋に、水 100cc・黒砂糖・和三盆糖・水飴を入れ、ゆっくり中火で煮溶かし、2分ほどしたらバルサミコ酢を加えて火を止め、黒蜜(くろみつ)の完成。 あら熱が取れたら、冷蔵庫で冷やします。

6.さいの目に切った寒天(4.)を器に入れ、塩豆(3.)を散らします。

7.好みのアイスクリームやフルーツを盛り付け、黒蜜(5.)をかけて出来上がり。


【 チェックポイント 】

えんどう豆を茹でる際、湯の蒸発により豆の頭が水面から出ないよう、適量の水を補充します。 バルサミコ酢に代えて、一般の米酢でもOK。


【 編集後記 】

基本の蜜豆に、求肥白玉を添えたり、餡子(あんこ)を盛れば、あんみつに。 和の甘味のバリエーションをお楽しみください。


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > みつ豆 > お汁粉 > リンク
Copyright (C) 2005-2009 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
『 レシピmomo 』 に参加中!