岡山-琴平-高松-岡山、日帰り旅行を提案するページ

青春18きっぷ、こんぴらさん、日帰りの旅。 2009.1.7
「 神様はスイーツがお好き!? 」

2009年1月7日(水)大安、通称“こんぴらさん”で親しまれる、金刀比羅宮(ことひらぐう)を御参拝。

8時23分、快速マリンライナー11号は、JR岡山駅を発車。 JR坂出駅で南風リレー号に乗り換え、10時1分、JR琴平駅に到着。 途中、瀬戸内海を眺望し、讃岐富士(飯野山)を写真に収め、アンパンマン特急を見送った。

颯爽と参道を目指し、御本宮まで785段の石段の、365段目にそびえる大門にて一服。 弾む息も、眼前に広がる風景は、素晴らしい。

500段目の資生堂パーラー“神椿(KamiTsubaki)”に誘引されるパートナーを連れ戻し、652段目の本宮手水舎で雑念を祓い、御本宮へと。

御神徳を仰ぎ、高台(展望台)にて、神の絶景も授かった。

[ YouTubeの旅情、岡山-こんぴらさん-高松。 ]


しあわせさん。こんぴらさん。 と記された黄色の横断幕が、何とも縁起良く。 小鳥のさえずりと、繰り返した深呼吸が、今なお記憶に心地良く。

久米通賢翁と入浜式塩田 @ JR坂出駅 2009.1.7
「 歴史に回帰するエコの旅 」

( 画像は、塩田の父と呼ばれる、久米通賢〔くめ みちたか〕翁の顕彰レリーフ〔坂出商工会議所〕 )

ジェット機で地球の裏側まで飛んで行く旅は魅惑的だが、車窓の風景が愉しめる、JRとくとくきっぷの旅も、これまた魅力的。 途中、乗り換えの待ち合い時間に、歴史の偉人と袖触れ合うように、他生のご縁を授かることも。

こんぴら船々 追風に帆かけて シュラシュシュシュ 〜 一度まわれば。 江戸時代のブームとも聞く金毘羅参りの道中、一度まわれば、やはり旅は歴史に回帰する…。 そんな言葉遊びも楽しい、エコなる旅に、満悦してしまう。
 
そうしてJR高松駅 15時39分発 快速マリンライナー44号は、16時33分、JR岡山駅に到着。 今年も、こんぴらさんと、青春18きっぷに感謝するばかり。


もっと岡山!!|1. 岡山の自然2. 岡山の歴史3. 岡山の文化4. 岡山の産業


【 編集後記 】

 輸送燃料を大量消費する旅行を「肉食系の旅」とするなら、この旅は、「草食系の旅」!? またも、言葉で遊んでしまいます(笑)。


ホーム > サイトマップ > 岡山紀行 > こんぴらさん > 岡山ホテルズ
Copyright (C) 2005-2009 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
『 岡山ブランディング構想 』 に参加中!