食習慣を改善する講演会のページ

MOMOTAROH FANTASY 2006 山陽新聞社 本社前
「 不都合な真実的、栄養学 」

少し前まで、朝バナナダイエットブームで品切れ続出だったのに。 今やバナナの叩き売り……。

まさに、みのもんた症候群(Wikipedia)による超常現象!? 影響力の強い人物の発言に右往左往する、個別の判断を惑わせる情報過多社会の珍事とも。

そんな今世は、食べ過ぎ飲み過ぎメタボな時代なのだから、あらためて食習慣の知識を得たいと考え、ベストセラー『粗食のすすめ (新潮文庫)』の著者、幕内秀夫(まくうちひでお)先生の『美味しい食事の罠―砂糖漬け、油脂まみれにされた日本人 (宝島社新書)』を手に取った。 それは食生活を改善させる頼もしい指南書だった。

栄養教育にパラダイムシフトを齎す、不都合な真実も満載。


「 お金の要らない食生活改善 」

もし仮に、健康を劇的に改善する食品があったなら(例えば納豆やバナナ)、劇薬として薬局で扱うべき。 ずばり本質を貫く厳しいタッチで始まる食習慣への提言も、最後は、シンプルに考えましょうと、具体的な5つの食の改善方法で結ばれた。

栄養は胃袋だけでなく、心からも吸収するものです(『美味しい食事の罠』P169)。 最初は耳の痛かったお話も、平易な食の指南が、スーッと腑に落ちてくるという感じ。 しかもお金はかからない。 大事なことは、生活習慣を改める最初の一歩。

これまたオープンソース化現象か、善い話は、お金を求めない。


「 幕内秀夫先生の岡山講演が決定!! 」

さて甘党や、こってり好きの耳は痛むと思うけど、それで健やかな毎日を送れるとすれば、どうだろう。 しかも主催者は、『みんなの笑顔のためにできることをやろう』をスローガンに掲げる 医療法人なかの歯科クリニック 人気の院長先生だ。

講演会キャッチは、“日本人の正しい食事の復興”を!

タイトルは、幕内秀夫が緊急提言!『美味しい食事の罠』 ― ガンが警告!あなたの食生活が危ない ―  2009年2月19日(木)、会場は岡山屈指の多目的スペース、さん太ホール(山陽新聞社 新本社)にて、定員は300名とのこと。

さらに聴講費無料と、善い話は、お金を求めない。 詳細等、中野院長先生のブログエントリー『幕内先生の講演会』をご参照!! 両先生の善意に感謝するばかり。

いつもお世話になり、ありがとうございます。

[ 岡山屈指の多目的空間 『さん太ホール』 ]

大きな地図で見る

※ 幕内先生 直伝のブログ『幕内秀夫の食生活日記
※ なかの歯科クリニック院長先生のブログ『ステキなえがお

肥沃な大地に暮らす岡山の サンベルディエール は、豊穣なる岡山の食文化に感謝して、健やかな生活を提唱する善意のイベントを応援しています。


もっと岡山!!|1. 岡山の自然2. 岡山の歴史3. 岡山の文化4. 岡山の産業


【 編集後記 】

 今朝、自費診療で打つ点滴 に癒されるという都会のビジネスマンの映像を観て、まずは食の改善が先ではないかと、唖然とした次第です。


ホーム > サイトマップ > 生涯学習岡山 > 食セミナー > ecoブロガー
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!