いちじくタルトの作り方を画像で紹介するページ

無花果(いちじく)のチーズタルトの完成
不老長寿の果物と伝わる無花果(イチジク)を使った、見た目に豪華なチーズタルトを作ります。

地産地消の恩恵授かる、季節のスイーツ。


【 材料 21cmタルト型1個分 】  ( 完成まで約3時間 )

無花果(イチジク)のフルーツタルトの材料・薄力粉 75g ・強力粉 75g ・無塩(発酵)バター 75g ・ブラウンシュガー 5g ・塩 2g ・全卵 1個

・無花果(イチジク) 5個 ・好みのジャム 少々

・リコッタチーズ 200g+50g ・卵黄 1個 ・粉糖 25g+10g ・レモン 1/2個 ・コアントロー 小さじ1 ・ピスタチオ 10g ・型用 無塩バター 強力粉 少々


【 いちじくチーズタルトの作り方 】

1.バターをダイス状に切り、ボウルに入れ、冷やすなどして、ダレない状態を保ちます。

2.ボウル(1.)に、薄力粉・強力粉を振るい、ヘラで切るようにしてかき混ぜ、そぼろ状になったら手で拝むように、すり混ぜます。

3.ボウル(2.)に、ブラウンシュガー・塩・溶き玉子を加え、さっくり混ぜ、ひとまとめにした生地をビニール袋に入れ、軽くつぶし、冷蔵庫で最低1時間寝かせます。

4.生地(3.)をビニールシートにはさみ、麺棒でタルト型より ひと回り大きく伸ばし、片面のビニールシートをはがします。

5.生地(4.)を、薄くバターを塗って強力粉をはたいたタルト型に載せ、軽く押しつけながら、敷き詰めていきます。

6.生地の余り部分は、麺棒を転がして押し切り、タルトの底に、フォークでピケをします(空気の逃げ穴をつけること)。

7.別のボウルに、リコッタチーズ200g・卵黄・粉糖25g・レモン(しぼり汁と、すりおろした皮)・コアントローを入れ、ホイッパーで かき混ぜます。

8.ボウル(7.)にピスタチオを加え、さっくり混ぜ、タルト型(6.)に流し込み、ヘラを使ってならします。

9.予熱200℃のオーブンで、35分ほど焼いて取り出し、粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やします。

10. 容器に、リコッタチーズ50g・粉糖10gを入れて混ぜ合わせ、冷蔵庫から取り出したタルト(9.)の上に薄く伸ばし、輪切りしたイチジクを美しく並べ、好みのジャムを塗って出来上がり。


【 チェックポイント 】

生地を前日に作り、ひと晩寝かせる方法がお薦め。 余りの生地(練りパイ)は、タルトと一緒に焼き、ひと口パイに仕上げました。


【 編集後記 】

岡山県産の無花果(いちじく)は、桃に引けを取らない逸品フルーツ。 観光立県岡山の、地産地奨の推進に心がけています。 ゆう


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > タルト > チーズケーキ > リンク
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
『 レシピmomo 』 に参加中!