岡山市の重要文化財を紹介するページ

国指定重文 岡山城『月見櫓』特別公開 2008.11.3
「 岡山城 月見櫓(つきみやぐら) 」

画像は2008年11月3日(月・祝)、岡山城 本丸の北西側を守護する隅櫓、月見やぐら。

この日は無料開放、一般公開の最終日。

入り口にて、設計図や成り立ちが書かれた1枚のコピー、大変貴重な資料を頂いた。 そこには、和戦両用の隅櫓(すみやぐら)と記される。

月見の名の通り、和の空間は、四季の小宴にもってこい。

岡山城 月見櫓 有事の備え 『石落し』 2008.11.3
「 迎撃の仕掛け、石落し 」

画像は、唐破風(からはふ)造りの出格子窓(でごうしまど)に設けられた、石落し(いしおとし)。

( ※ 石落しとは、下側の敵を撃退するための設備 )

さて、この石落しを通過する石の大きさからすると、狐狸や猫を追い払うには最適なサイズだが、実際は……と、思わずほくそ笑む。

岡山城 月見櫓 臨戦の備え『武者隠し』 2008.11.3
「 臨戦の備え、武者隠し 」

画像は、月見櫓二階の武者隠し(むしゃがくし)。 中腰にて降りてみると、不思議な情感が湧いてきた。

NHK大河ドラマ『篤姫』の時代を髣髴としてみたり。

和睦するにも命がけ。 そうした社会の背景にある緊張感、言い表せない神妙な気分を記録しておきたく、幾度も何度も押すシャッター。

重要文化財 月見櫓より望む 岡山市街 2008.11.3
「 政令指定都市の眺望を 」

とくとご覧あれ。 2008年10月10日の閣議の結果を受け、岡山市の政令指定都市移行が正式決定。

岡山市は2009年4月1日、晴れて全国18番目の政令市(※)となることに。 ※ 地方自治法 第252条の19第1項で規定される市(詳しくは、Wikipedia )。

そういえばJR岡山駅ナカ(※)は、既に都会の資本で溢れてる。 ※ 主に鉄道会社が駅構内に展開している商業スペースの通称(Wikipedia より)。

四国を結ぶ交通の要衝、新幹線が全停車するJR岡山駅のSHIPS、FREE'S SHOP、alfredo BANNISTER等により、都会ナイズされてゆく。

一方で、旧態依然とする資本の淘汰は、静かに進む。

国指定重要文化財 岡山城 『月見櫓』 2008.11.3
「 変わるもの、変わらないもの 」

風雨に磨かれし歴史文化は変わらない。 変わるものは文明で、栄枯盛衰、文明は移りゆく。

繰り返す歴史絵巻では、都に飽きた人々が地方へ押し寄せる。 壮大ではないけれど、岡山城の月見櫓を目の当たりに、そんな気がしたり。

魅力ある自然と歴史文化を紡ぐ街、傍らで、変化というチャンスに満ち溢れる街、エキサイティングな岡山市内散策が今、一興に存じます。


もっと岡山!!|1. 岡山の自然2. 岡山の歴史3. 岡山の文化4. 岡山の産業


【 編集後記 】

 全国18番目の政令指定都市移行に際し、岡山地方のブランド調査や、法人の支店設置に関するご相談等、ContuctUs より承っております。


ホーム > サイトマップ > 岡山紀行 > 政令指定都市 > 岡山のホテル
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
『 岡山ブランディング構想 』 に参加中!