岡山の資産運用セミナーを記録するページ

ヴェリタスセミナー I-Oウェルス 岡本先生 2008.10.5
「 理想のポートフォリオ構築術 」

2008年10月5日(日)13:00〜15:00、日経ヴェリタス緊急特別セミナー @ ラヴィール岡山 嘉祥の間。

講師に I-Oウェルス・アドバイザーズ株式会社 代表取締役 社長 岡本和久氏を迎えての資産運用セミナーが開催されました。

米国発のサブプライムショックは、ヨーロッパの金融市場へ飛び火し、全世界の株価はメルトダウンの様相を見せ始め。 私の経験則では、近日のオーバーシュートを予感する。 そんな折、岡本先生のセミナーを聞きつけ、会場へ駆けつけた。

岡本先生とは3年ほど前、大阪でB先輩を介してランチをご一緒した記憶があたらしい。 後ろ髪を束ね、いかにも太極拳の達人という風貌。 『瞑想でつかむ投資の成功法―幸せな人生設計のためのリラックス投資』ほか、ご著書も豊富。

証券ストラテジストとしてニューヨークで十数年間、活躍されるなど、国際経験もまた豊か。 一方では、老荘に学ぶ東洋思想の体得も。 無味乾燥とした短期予測を聞く間は惜しいが、超長期で俯瞰する岡本先生の見解は何としても拝聴したかった。

起こり得る近未来の激震への備えという感覚でしょうか。


「 六つのフ(富)のアセットアロケーション 」

超長期投資スタンスを鮮明に打ち出す岡本先生の提案のひとつ。 ファイナンシャルアセット(金融資産)にはじまり、ファミリー、フィットネス(健康)、フレンド、ファン(楽しみ)、フィランソロピー(慈善活動)の頭文字、フに富をかけたもの。

詳しくは、「しあわせ持ち」になるリラックス投資入門 にて。


「 理想のポートフォリオとは 」

八つの項目にまとめられた本日のレジュメより。

こと、その中の4番目の項目“できるだけ売買をしないでよい”に、岡本先生らしさを痛感。 2000年に始めて以来、頻繁にポジション替えをしていた私は2005年末頃からか、売買を極端に減らした。 なぜなら、使う労力に対し、割が悪くなったから。

ウォール街の靴磨きの青年が銘柄を指南し、主婦が買い物袋を手に証券会社でたむろする頃、大相場は静かに幕を引く。 大恐慌やバブル崩壊前の予兆という逸話。 そびえる超高層タワーの建設ラッシュに、私は、起き得る今を見ていた感もある。

― 結論 ―

マーケットが教えてくれることは、歴史は繰り返すということ。 そして、常に学べということ。 みんなが同じことを始めたら、違うことを選択しなくては。 もし、全員がトレーダーになったなら、食べるものが無くなるということを学びたい。

真剣に農業を考えよう、そんな誓いをブログに立てながら、今日の筆を置きたいと思います。 いつも ご愛読くださり ありがとうございます


【 編集後記 】

岡本先生、B先輩、あいにくの雨の中、ご来岡くださり有難うございました。 次回は3人揃って備前ばらずしを囲み、旧交を温めましょう!!


ホーム > サイトマップ > ブランディング2.0 > ポートフォリオ > I-Oウェルス
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト