山陽本線の新駅 JR西川原・就実駅のページ

学び舎と畑の新駅 JR西川原・就実駅 2008.3.15
(画像は2008年3月15日、開業まもないJRの新駅 西川原・就実駅ホームの様子)

2005年10月に開業したJR北長瀬駅(岡山市)に続く岡山県内、

123番目の西日本旅客鉄道(JR西日本)駅が正に開業。

正式名称は「西川原(にしがわら)駅」としながら、駅名表示と車内放送は「西川原・就実(しゅうじつ)駅」となっている。

JR西川原・就実駅(岡山市) この地は岡山の学び舎、就実大学のお膝元

就実と聞けば、マラソン会のスーパースター、有森裕子選手の活躍が思い起こされる。 同女史は系列の就実高等学校のご出身。

JR西川原(にしがわら)駅(山陽本線) 2008.3.15
「 去華就実(華を去り実に就く) 」

あらためて就実大学の名は去華就実、成就すべき人間性の充実を目指す解釈に由来するそうな。

そうしてこの西川原駅開業の実現に際して、就実大学の貢献抜きには語れない。

JRや岡山市に駅舎建設の要望書を提出する誘致運動だけでなく、実際、費用面でのコラボレーションを通して実を就けた新駅だから。

実をつけない華やかな事業プランが跋扈するご時世、20年を越す実地有用、結実をみる同大学の活学に敬服する次第です。

“小さくともキラリと光る大学” そのキャッチに垣間みる向学心、岡山県が誇れる学び舎のひとつに違いありません。

「 ↓ YouTubeで見つけた映像 」


西川原駅より岡山駅への所要時間は4分と、極めて至便。 通学時間の大幅短縮による実学機会の創出に期待が募ります。

JR西川原・就実駅 開業記念入場券 2008.3.15
「 西川原・就実駅 開業記念入場券 」

記念と聞いて、思わず購入。 しかもツーセット(笑)。

旭川と学生でにぎわう駅、JR山陽本線・西川原駅と記したスタンプ・マーク。

昔懐かしい厚紙きっぷを、桜吹雪が優しく包む。

新駅の概要添えるピンクの台紙が付いて、額面どおり1セット140円。 5000枚の限定発売は、西川原・岡山両駅で最長4月14日まで。

山間から流れ出る1級河川、旭川の川岸に栄える学園都市へと発展しそう。 そんな予感がしてみたり(JR新駅見学、ぶらり散策にて)。


『もっと♪岡山』|1.岡山の自然2.岡山の歴史3.岡山の文化4.岡山の産業


【編集後記】

西川原・就実駅より徒歩約5分。 旭川の架け橋、新幹線の勇姿を眺める 岡北大橋は、鉄道ファンにお薦めしたいスポットです。
 

ホームおいでんせぇ岡山>西川原駅>青春18きっぷ岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
【 岡山ブランディング構想 】 に参加中!