春の後楽園祭をクリップするページ

備中神楽公演 in 岡山後楽園 2008.3.2
画像は2008年3月2日(日)、岡山城を借景にした後楽園の特設ステージ。

創作備中神楽(そうさく びっちゅうかぐら)とも呼ばれる、温羅神楽(うらかぐら)の舞台。

備中神楽はその名の通り、備中地方(岡山県西部)に伝わる重要無形民族文化財として昭和54年(1979年)、国の指定を受けた伝統芸能。

[ ↓↓ YouTubeで学ぶ本場、成羽町の備中神楽。 大蛇退治(おろちたいじ)の舞の凄い映像を発見(驚)。 注)音が出ます ]


歴史のフィルターに選別された備中神楽に、桃太郎神話を加えた温羅神楽は見応え十分。 しかも福福しい 餅投げ企画 で会場は大盛況(歓)。

後楽園の枝垂れ(しだれ)梅と岡山城 2008.3.2
「 春の後楽園祭 」

日本三名園のひとつ、特別名勝 岡山後楽園 毎年恒例の早春の風物詩。

紅梅・白梅 香る中、3月2日の開園記念日を入園無料とするなど、盛りだくさんのイベントが嬉しい後楽園の雛祭り。

お茶会(野点)はじめ、後楽園弓道射会・那須与一に挑戦・親子三代ひな祭り着物ショー・備中神楽&餅投げ・子ども狂言体験会、

祝い餅つき・貝会わせ体験会・投扇興体験会・ひなミュージアム・おかやまの銘菓大集合などなど、楽しい催事が目白押し。

さらに独楽(こま)・剣玉(けんだま)・お手玉・竹馬等「昔遊びであそぼ!」が大人気。 なかには親子で取り合う微笑ましい光景も。

後楽園 寒翠のテディ雛(シュタイフ社製) 2008.3.2
「 おひな様ラリー at 寒翠 」

おひな様でめぐる後楽園と銘打ち、

園内6ヶ所の特設お雛さまを鑑賞するスタンプラリー。

子どもはもちろん、大人も楽しめる粋な演出。 しかも5番処の雛人形はナント正真正銘、本物のテディベアのお雛様(興)。

シュタイフ(Steiff)社の商標「BUTTON IN EAR」が目に止まる。

ほらほらネズミのお雛さま!? 孫の手を引くおばあちゃんの言葉に、おや、ネズミだったかな? と自信なくパネルを見直して(笑)。

(子年ですものネ) 名園の お茶目な仕掛けも 面白く

岡山後楽園の弓道射会 2008.3.2
「 後楽園の弓道射会 」

処は正門よりすぐ左手の弓場(ゆみば)にて。 ここは文武両道、怠ることなきよう設けられた稽古場とか。

歴代藩主が家臣の弓術を上覧していたそうな。

さて、先月2月1日の 芝焼き観賞 より1ヶ月。

歴史風情に洗練される庭園は人々に憩いの場を提供し、今日も、そしてこれからも、地域の資産として受け継がれていくことでしょう。

そんな魅惑の日本名園に、心から感謝の日曜日。 四季の風情を お届けしたくなる庭園です(特別名勝 岡山後楽園のひな祭り報告)。


『もっと♪岡山』|1.岡山の自然2.岡山の歴史3.岡山の文化4.岡山の産業


【編集後記】

岡山後楽園、次のビッグイベントは時代絵巻を髣髴とさせる4月6日(日)の 御神幸(ごしんこう)。 これもまた待ち遠しくて♪
 

ホームサイトマップ後楽園アルバム>ひな祭>雪景色岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
【 岡山ブランディング構想 】 に参加中!