鯛の蕪(かぶら)蒸しの作り方を画像で紹介するページ

鯛の蕪蒸しの完成
家庭でできる、簡単かぶら蒸し。 時間を惜しまなければ、風味もばっちり、まさに料亭のそれ。 

すり卸して出た蕪汁を頂き、お腹もすっきり!?


【 材料 2椀分 】  ( 完成まで約1時間 )

鯛の椀物の材料・鯛の切り身 1切れ ・聖護院かぶら 1/4個 ・銀杏 4個 ・百合根 6片 ・卵白 大さじ2

・酒 大さじ3 ・塩 少々

・だし 150奸 Ε潺螢 大さじ1.5 ・白醤油 小さじ1+大さじ1 ・水溶き片栗粉 大さじ1 ・おろしワサビ 適量


【 かぶら蒸しの作り方 】

1.殻付き銀杏を入れた紙袋の口を2-3回たたみ、レンジで30秒ほど加熱。 ポンポン音がしたら取り出し、殻をむきます。

2.百合根は鱗片(りんぺん)を1枚ずつはがし、酒 大さじ1 を入れた湯で、5分ほど弱火で茹でます。

3.切り身を半分にして小骨を取り除き、耐熱皿に並べ、塩・酒 大さじ1 を振って10分ほど置き、蒸気の上がった蒸し器に皿ごと入れ、10分ほど強火で蒸します。

4.蕪は厚めに皮をむき、キッチンペーパーをひいたザルの上でおろし、水気を切っておきます。

5.卵白に、塩ひとつまみを入れ、しっかり箸でかき混ぜます。

6.蕪(4.)・卵白(5.)・銀杏(1.)・百合根(2.)を、混ぜ合わせます。

7.器の底に切り身を入れて(6.)を盛り、だし汁(だし 50奸酒 大さじ1・ミリン 大さじ1/2・白醤油 小さじ1を合わせたもの)を張り、5分ほど中火で蒸します。

8.だし 100奸Ε潺螢 大さじ1・白醤油 大さじ1 を沸かし、水溶き片栗粉を入れて作った とろみあんを掛け、おろしワサビを天盛りして出来上がり。


【 チェックポイント 】

鯛に代えて、小骨の少ないスズキなどの白身魚、穴子、エビを使っても、もちろん普通の蕪でも、美味しく作れるレシピです。


【 編集後記 】

すりおろして出てきた蕪の汁を飲み干すと、お腹すっきり。 爽やかな感じがくせになりそうな、薬膳的料理かも!? ゆう


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > 蕪蒸し > 大根煮 > リンク
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
【 レシピmomo 】 に参加中!