岡山の二大菊花大会を記録するページ

特別名勝 岡山後楽園 正門
画像は2007年11月7日(水)、岡山後楽園入り口(正門)の風景。

今年の後楽園菊花大会は記念すべき第50回。

加えて「まなびピア岡山2007 協賛」と記された横断幕。

いつにも増してお徳感が漂う特別名勝 岡山後楽園の菊花展は只今、開催中。

岡山後楽園の大菊花壇
さて、この後楽園は1700年(元禄13年)、

岡山藩主 池田綱政公の命により完成をみた日本屈指の大名庭園。

日本三名園とは水戸の偕楽園と金沢の兼六園、そして岡山後楽園。

そんな名庭への入園料は、大人(15歳以上) 350円 小人(5歳以上-15歳未満) 140円と、お徳感でいっぱい。 

しかも第50回 岡山県後楽園菊花大会(2007年10月20日(土)-11月18日(日)、詳細は 岡山後楽園 公式Webサイト)。 

おかやま菊花大会の三本仕立て(盆養)
画像は2007年11月7日(水)、烏城(うじょう)公園の おかやま菊花大会風景。

後楽園南門より月見橋(旭川)をぶらりと渡り10分弱、烏城(岡山城)の本丸下段を絢爛豪華に飾る菊花展。

三本仕立ての大菊花壇、こと、内閣総理大臣賞(推薦)に魅せられ、すっと流れる10分強。 過ぎ行く時間を忘れてしまいます。

後楽園菊花大会の菊盆栽
画像は岡山県後楽園菊花大会の菊盆栽。

散り始めた三本仕立てや福助作りの大菊花壇に代わり、懸崖作りや菊盆栽が今から主役。

流線がしなやかに描く盆栽の優美な世界。

思わず わびさび を感じてしまう今、傑作の見事な容姿を是非、来年も鑑賞したいもの。 毎年恒例、ありがとうございます。

おかやま菊花大会の菊盆景
画像は おかやま菊花大会の菊盆景、文部科学大臣賞(推薦)の岡山城。

この大作、小菊のつぼみからみて会期終了辺りが見ごろかも(嬉)。

因みに岡山城の おかやま菊花大会は、岡山県後楽園菊花大会より一日早い 11月17日(土)が最終日(お急ぎを)。

岡山の二大菊花大会開催は、まさに「春蘭・秋菊ともに廃すべからず」状態(両者ともに優れており甲乙つけ難いの意)。

そうして菊の花言葉は高尚・高潔・真実・愛。

菊花ファンに愛される岡山市の花は菊、そんなくくりをもって擱筆したいと思います(岡山後楽園&岡山城の菊花大会の徒然に)。


『もっと♪岡山』|1.岡山の自然2.岡山の歴史3.岡山の文化4.岡山の産業


【編集後記】

後楽園菊花大会の魅惑の画像はブログ DiMAGEの世界、おかやま菊花大会の風景は いよいよおじさん日記 がお薦めかも♪


ホームサイトマップ後楽園アルバム>菊花大会>花火大会岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
【 岡山ブランディング構想 】 に参加中!