岡山の人材マッチングプログラムを記録するページ

岡山リサーチパークのオブジェ
本フォーラムは

社会の先達が有する経験価値を次の社会を担う企業に継承すべく

OB人材と成長企業のマッチング機会創出を目的に開催されたもの。


【 基調講演 】

演題1. 「 豊富な知識、経験を持つ人材の活用 」 13:35-14:20  講師 社会保険労務士 三宅健 氏

演題2. 「 新しい省エネ手法ESCO事業 」 14:25-15:10  講師 (財)省エネルギーセンター ESCO事業推進部 課長 鎌田直樹 氏

3. OB人材活用事業の説明 15:10-15:20  4. 交流会・個別無料相談会 15:30-17:00

日時 2007年11月6日(火) 13:30〜17:00 テクノサポート岡山 中会議室  主催 企業等OB人材マッチング岡山協議会


「 豊富な知識、経験を持つ人材の活用 」

講演1.は人口減少と超高齢化社会の到来、加えて団塊世代の大量退職に直面する日本の労働力人口推移の検証よりスタート。

高齢社会白書・厚生労働白書・労働力調査等の添付資料にみる数値トレンドは、国存続の危機を十分に感じさせる深刻な内容。

社会・企業ぐるみで若年層・子育て世代・高齢者向けの就業支援なくして必要十分な労働力の確保はあり得ないという警鐘も。


「 鳥なき里のこうもり 」

日進月歩ならぬ秒針分歩、ドッグイヤーからマウスイヤー。 いづれも時代の速度が未曾有の加速をしているたとえ。

大企業が突然死しても驚かない、ローマが一日で出来ても不思議もない。 そんなパラダイムシフトが連続する時世。

社会インフラもビジネスモデルもめまぐるしく変わる環境において、永年の社内エキスパートに潜む脅威をさらりと解説。

外部に通用する人材が必要だということ。


「 企業等OB人材活用のツボ 」

高い知見と華々しい実績に裏打ちされたコンサルタント的人材に多く見られる傾向は、往々にして決めつけと押し付け。

OB人材採用までに独自の企業風土や文化を理解させ、進むべきベクトル合わせを綿密に行なうことが活用のキモとなる。

大切なのはマルチな人材の即戦力化。 咀嚼の精度はさておき、就職氷河期から一変、都会では採用氷河期が叫ばれる。

採用氷河期―若手人材をどう獲得するか by Amazon.

新人確保に奔走する大企業。 中小企業は企業等OB外部人材とのマッチングで勝機を見ることに!? 頑張りましょう。


「 新しい省エネ手法ESCO事業 」

引き続き演題2.をリポート。

さて ESCO(エスコ)とは、Energy Service Companyの略。 事業所や大規模オフィス等の省エネルギー化を得意とする事業者群。

例えば 蠧立製作所・高砂熱学工業蝓Ν蟷撹陲覆鼻

そして ESCO事業の目的は、省エネルギー設備の導入を民間の企業活動として広く浸透させ、地球環境の保全を継続させること。

顧客に対する省エネ効果の計測と保証を行ない、資金計画まで包括的に提案するワンストップ的ソリューションでもあるのです。


不都合な真実 アル・ゴア氏 by Amazon. 」

今日、環境問題に対する意識の広まりが世界の人々の間で起こり、エコ製品・サービスを好むマーケットが急速に拡大中。

省エネルギー(エコ)化に取り組む企業が評価され、それ自体がプロモーション活動に匹敵するとまで言われています。

エコを怠る企業には、まさに不都合な真実。

原油をはじめ資源価格の高騰と、企業経営に迫る不都合な真実を解消すべく、ESCO事業の導入検討はいかがでしょうか!?


「 交流会ほか 」

登録OB人材の自己紹介あり。

ISO・特許関連・生産管理等の専門コンサルタントをはじめ、造船業・電機業界で培った豊富なノウハウ有する人財が集合。

幾多の経験に裏打ちされた語調には、スペシャリストとしての活躍はもとより、新たな人材育成に期待を感じさせるもの。

経営者は人材がいない足りない若手がいないと嘆くより、企業等OB人材マッチング岡山協議会に相談するのが先決かと。

そうして本フォーラムを通じて岡山の中小企業の活性化を願います。 貴重な機会に心より感謝。 ありがとうございます


【編集後記】

自己紹介にて場を読まないサンは、ブログブランディングと 岡山ブランディング構想 を連呼してしまい、またも反省の本日(涙)。


ホームサイトマップブランディング 目次>人財フォーラム>岡山B構想岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
【 岡山ブランディング構想 】 に参加中!