第16回 全国有名朝市フェアを記録するページ

備前岡山京橋朝市 第16回 全国有名朝市フェアの様子
画像は2007年10月7日(日)7時過ぎ 備前岡山京橋朝市会場 第16回 全国有名朝市フェアの様子。

今月の京橋朝市は、北海道から九州まで各地の名産品が集まる年に一度のお祭り朝市。

釧路や呼子の海鮮に、四国や鳥取の特産品が勢揃い。 もちろん岡山の、山より海より秋の味覚は所狭しと並べられ。

旭川のほとりは、いわば岡山のグルメゾーン。

拡大地図を表示  備前岡山京橋朝市の会場

グルメを魅了する岡山の野菜たち
黄ニラ1束100円や、ひと盛り千円の天然舞茸に歓声も。

その歓喜の雄叫びの張本人は今ここに……。

土がついたままの元気な根菜・野菜はもちろん、ひと山350円の利平栗を見過ごすことなど許されない。

岡山の山から頂く嬉しいプレゼント。 さっそく 黄ニラと舞茸のスパゲッティー 構想を描く脳裏は美味しいパニックに。


さて、空腹を刺激する旨し匂いが漂う会場、お気に入りの雑煮の店へと歩を急ぎ。

残り在庫が僅かな放し飼いの卵など、もたもたしてると人気店から売り切れる。

ハゼのだしで作られる一杯300円(オンマウス画像は大盛り500円)の雑煮は日本一なればこそ、慌てて列に並んだり。

料亭の域にあるべき逸品ゆえに、お薦めする次第。

備前岡山「かくしずし」の薀蓄
画像は岡山郷土料理研究会の かくしずしの説明書き。

備前岡山かくしずしの名の由来は江戸時代の倹約令。

教育家として名高い岡山藩主 池田光政公の「食膳は一汁一菜」というお触れに対し、グルメな町人たちが絞った知恵の産物。

山海の麗食尽くす具材を重箱の底に隠した返し寿司。 見た目に白いご飯をひっくり返すと、ゴージャスな ちらし寿司が現れる仕掛け。


この隠し寿司、第16回 全国有名朝市フェアの成功を強く印象づけるもの。

天下御免 備前グルメ岡山の食材を、豪華に盛ったばら寿司に連なる長蛇の列。

福寿司の大将の華麗な手さばきで盛られる1パック300円のビックリ価格と相まって、飛ぶように売リ切れた。

眺めるだけでも幸せな気分に浸れる寿司会場より、両手いっぱいの食材を手に、満面の笑みを浮かべてつく家路(岡山朝市会場にて)。

来月の岡山朝市は2007年11月4日(日)。 色づく山の珍味と瀬戸内海の新鮮魚介で溢れるデリシャス岡山。 京橋朝市の公式ページ


『もっと♪岡山』|1.岡山の自然2.岡山の歴史3.岡山の文化4.岡山の産業


【編集後記】

画像は緑色したワニ型カヌーの京太(Kyota)と朝美(Asami)の進水式のシャンパンシャワー前。

オンマウス(2枚目)画像はシャンパンファイトの様子。

母親に抱かれた赤ちゃんが、生まれて初めて浴びる酒にしゃっくり、いや、びっくり泣き出すシーンに ほのぼのと。 


ホームサイトマップおいでんせぇ岡山>朝市フェア>朝市カヌー岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
【 岡山ブランディング構想 】 に参加中!