倉敷美観地区の夏をクリップするページ

天領倉敷美観地区
画像は2007年8月4日(土) 夕刻 倉敷美観地区の入り口あたり。

歴史的な街並みを幻想的に照らし出す、癒しの夜間景観照明が灯る少し前。

倉敷天領太鼓の打ち出しまで、あと2時間(興)。

「 くらしき花七夕祭 2007年8月4日(土)- 8月5日(日) 」

パンフレットが記す倉敷 涼花夜街散歩の文字に魅かれて導かれ。 風情溢れるこの街並を、七夕短冊飾りで彩るその風流さ。 

倉敷美観地区 「花七夕祭」 江戸幕府直轄の歴史情緒に華を添え

花七夕「有隣荘」
画像は大原孫三郎翁が建てた別邸「有隣荘」。

風韻の夕べと題された夜間特別開館。

風韻とは「すぐれた趣(おもむき)。風趣。雅趣。 三省堂提供 大辞林 第二版より」。

花七夕「大原美術館」
振り返ると眞板雅文氏 コーディネートによる七夕飾り。

(野外彫刻家の眞板(まいた)氏は日本全国で数々の賞を受賞する実力派)

その向こうに見える大原美術館。

日本の伝統文化と西洋美術が出逢う、まさにアートのクロスポイント。

花七夕「風韻の夕べ」
今夜はナイトミュージアム in 倉敷美観地区。

倉敷民藝館・日本郷土玩具館、そして大原美術館の夜間延長に誘われる七夕の夜。

ゆかた姿で観賞するエル・グレコやピカソなど、いつもと違う味わいを、見つけられるかも知れません。

ゆかたDE入場無料の嬉しいサービス、織姫さまへの特典もまた魅力的。

花七夕「倉敷天領太鼓」
画像は豪壮なる 倉敷天領太鼓

打楽器が織り成すシンプルな響き。

あたかも江戸の都文化とリンクした、そんな天領 倉敷を表現するような。

腹に伝わる大太鼓があたりを清め、くらしき花七夕の夜は少しずつ更けてゆきました。 来年も宜しくお願いします 倉敷天領太鼓 by Amazon.


『もっと♪岡山』|1.岡山の自然2.岡山の歴史3.岡山の文化4.岡山の産業


【編集後記】
花七夕「織姫星と彦星」
大原美術館の工芸・東洋館の中庭では織姫星(こと座のベガ)と彦星(わし座のアルタイル)の天体観望も。

しかもTVで人気の星の王子さまのエスコート。 来て観て良かった♪


ホームサイトマップおいでんせぇ岡山>花七夕>モネの睡蓮岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!