岡山の夏祭りをクリップするページ

桃太郎まつり 2007 岡山さわら連
画像は2007年8月4日(土)、さん太広場 オープニングセレモニー「さわら踊り」演舞の様子。

うらじゃパレード&うらじゃ総おどりに楽しい縁日・大道芸 ファミリーフェスタをパックした

「おかやま桃太郎まつり2007」は今年も真っ盛り。

吉備の国 岡山は、総おどりの真っ只中へと(おかやま桃太郎まつり 2007年8月4日(土)- 8月5日(日) 終了しました)。

第14回(2007年)うらじゃのテーマは「誇り」 〜 おかやま魂 〜

おかやま魂を演舞に込めて踊りに暮れた2日間。 岡山から世界へ発信する夏祭りのメッセージは少しずつ、着実に伝わってるはず。

皆さま お疲れさまでした(感謝)。

うらじゃ おどり連のエントリー懸垂幕
8月4日(土)、うらじゃパレード会場は 表町商店街

元気なおどり連の中から選ばれし表町賞の受賞連は、天満屋さんはじめ8つのおどり連。

詳しくは << うらじゃオフィシャルサイト >>

中でも新人賞受賞の「山盛り連」が凄いことに……。

うらじゃ2007 総おどり!
画像は2007年8月5日(日)夕刻、市役所筋の うらじゃパレード会場。

ところ一面、ソウルを揺さぶる炎のダンシング。 観衆は「おかやま魂」を肌で感じる情熱の渦に飲み込まれ。

そんな渦中で大人に負けじと力いっぱい踊る 吉備っ子たち。

うらじゃ2007 鼓舞♪
カッコイイ(凄)。

カラダで想いを伝える瞬間が かっこいい。

俊敏に踊りブレイクするキレの良さに、魅了されっぱなし。

(うらじゃコンテストの最高位「誉(ほまれ)」受賞 おめでとうございます)

うらじゃ2007 瞬発力
さて「うらじゃおどり」とは、

温羅(うら)化粧と呼ばれる鬼のメイクと仮装姿で、古代 吉備国の歴史を称える鬼まつり。

歴史に今の文化が加わりはじまった、情緒溢れるダンス祭ならではの趣も。 うらっ! 決まった!!

うらじゃ2007 飛躍
永い歳月を越え、吉備王国より伝わる「温羅伝説」の情熱が魂の真髄にある、

だから力強い。 一足飛びに横へと思えば、一気に高く飛び上がる。

あたかも温羅の想いを継承するような、そんな逞しさ。 そこにダンサーのほとばしる気迫と気概が加わって。

うらじゃ2007 絢爛
優しさ伝える華麗な舞も、うらじゃの見どころ。

テーマ曲「うらじゃ(原曲)」のアップテンポが楽しければ、しっとりオリジナルな曲調もまた愉し。

元気をたくさん頂いてしまった気もします(嬉)。

うらじゃ2007 誇り♪
2007年の うらじゃコンテストで、8つの踊り連が栄えある「誉」を手にすることに。

画像は最優秀賞「誉(ほまれ)」を受賞した踊り連の「俄嘉屋(にわかや)」さん。

さすがの趣向とメッセージを伝える しなやかさ。 観る者の心をとりこに、取材のカメラは釘付けに。

うらじゃ2007のテーマは「誇り」。 誇らしき岡山の魅力を全国から世界へと、しなやかに継承してくれました。

うらじゃに参加した踊り連の皆さま、そして応援に駆けつけた皆さま、来年もこの場でお会い致しましょう。 益々お元気で!

『もっと♪岡山』|1.岡山の自然2.岡山の歴史3.岡山の文化4.岡山の産業


【編集後記】

2007年8月5日(日)の夜は、うらじゃ総おどりと後楽園「おかやまJAZZフェスティバル ジャズ・イリュージョンPart1」がバッティング。

うらじゃファンでジャズファンでもあるから苦渋の選択。 というより、豪華なイベントを天秤にかける、贅沢な岡山の夜でありました(喜)。


ホームサイトマップおいでんせぇ岡山>桃太郎まつり>うらじゃ岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!