岡山パリ祭の商店街風景を記録するページ

アムスメールタワーとトリコロールステージ
画像は2007年7月15日(日) 岡山市上之町商店街の様子。

江戸時代以降、オランダ文化と深い結びつきを持つ岡山。

そうした歴史を物語る、オランダ由来の名称・呼称が残されています。 

音楽の殿堂 シンフォニーホール擁する上之町商店街もそのひとつ。

AMSMAIL(アムスメール)上之町は、

オランダ王国の首都 アムステルダムと花市場のアルスメールが組み合わされ誕生した上之町商店街の愛称と記載され。

岡山 上之町 「パリ祭」 2007 岡山カルチャーゾーンにある異国情緒

福岡上之町商店街 パリ祭 2007
そんなオランダの情景も、今日はパリの雰囲気を醸し出す。

次第に近づくアコーディオンの調べ。

パリの目抜き通りを想起して、何を聞いてもオー・シャンゼリゼ。

小さ目ながらエッフェル塔も見えてきた。

表町へ続くアーティスティック・マーケット
さて1963年、石井好子女史がはじめた年に一度のシャンソンの祭典 パリ祭

フランス映画「ル・カトルズ・ジュイエ(革命記念日)/ 7月14日」の封切に際し、配給会社が名づけた「巴里祭」がその名の起源とか。

そうして2007年7月15日(日)は岡山シンフォニーホールにて、石井好子氏・菅原洋一氏はじめゲストに朝丘雪路氏を招いての岡山パリ祭。

素晴らしい歌声が会場を魅了する今頃かも。

シャンソンで創るエッフェル塔
画像はイベント・ゾーンでエッフェル塔づくりに夢中の子どもたちと、参加するサポーターの微笑ましい光景。

今日はうって変わって眩しいお陽さま、台風一過。

突風に流れてしまった岡山後楽園 早朝の催し(観蓮節)も、オーシャンゼリゼ♪に早変わり(岡山の日曜日)。


『もっと♪岡山』|1.岡山の自然2.岡山の歴史3.岡山の文化4.岡山の産業


【編集後記】

来年の観蓮節(かんれんせつ)で逢いましょう
画像は2007年7月15日(日) 岡山後楽園入り口すぐの花鉢の蓮(今年の観蓮節は台風事情にて中止)。

お花は自然の贈り物、来年を楽しみに待つことに。 もちろんパリ祭も(笑)♪


ホームサイトマップ後楽園アルバム>パリ祭>茶摘み岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!