岡山のビジネスセミナーを記録するページ

岡山でビジネスするなら
セミナーの目的は、

旅行業界で躍進続ける H.I.Sの成功事例を基に、

「人を削らず、経費を削る」経営管理と経営戦略を中小企業に提供すること。


【 経営セミナー 】 演題「 2千億円企業への軌跡 〜人を活かし経費削減するテクニックとは〜 」

講師 ビッグ・フィールド・マネージメント株式会社 代表取締役・スカイマークエアラインズ株式会社 監査役 大野尚(おおの ひさし)さま

著書 これならできるよね。―中途半端な僕にもできた「成功の基礎のキソ」 by Amazon.

2007年6月18日(月) 13:30−15:30 岡山商工会議所 1階 大会議室  主催 岡山商工会議所 中小企業新興部 経営指導課


「 誰にも負けない、絶対やるの心得 」

講師は自らを「外こもり(イタリアにこもった)」と称す傍ら、H.I.S上場の立役者として役員の重責を果たした大野氏。

コンサルティング会社の代表取締役・航空会社の監査役・福岡大学非常勤講師、さらにTV・ラジオで活躍するビジネスアスリート。

実績に裏打ちされた経験と気概を備えるスーパー講師。


「 お金をかけずにスグ出来ること 」

海外旅行専門会社として設立まもない H.I.S九州営業所の拡大にあたり急ぎ、取り組んだのは他社をベンチマークすること。

顧客視点より観察すると解決すべき課題が2つ見えてきた。 整理・整頓・清掃・清潔・しつけの「5S」と「挨拶」だった。


「 達成すべき目標を設定 」

世界一の挨拶とは、その数値化は極めて難しい。 そこで他社社員の優れた挨拶を見つけ出し、目標に設定。

それを超越するOJT(On-the-Job Training)に精励した。


「 スピード 」

加えて他社のベンチマークにより、スピードの重要性を痛感。 「ちょっとお待ちください」「少々お時間を」と、とにかく待たす。

簡単な問いさえ即答できない。 分かったことは、自社製品・サービスの浅い理解が機会損失の原因であるということ。

ポイントは、1. 挨拶・清掃など行動を起すスピード、2. 即答のスピード、3. 課題・問題解決への着手のスピード、とのこと。


成功の秘訣、キーワードは「あきらめない」

I can't ではなく常に I do で考える。 あきらめれば可能性はゼロになる。 トップ自ら諦めず継続することが大切と。

それが成功の秘訣と繰り返す。


「 目標達成は段取り力 」

1日の仕事を時間割りに仕立て、完了・未了チェックを行ない、問題解決の習慣を身に付けることが達成への早道とのこと。

1日の次は1週間、ひと月の先は1年と、将来ビジョンが描けるようになる。 夢のビジュアル化ができたらすぐにスタートだ。

『 当たり前のことを当たり前にする。 特別なことは何もなかった 』


「 お金をかけずに出来ること 」

無料パブリシティを活用する大野氏流ブランディング。

持てる情報を惜しみなく伝えて、一般客→ファン客→知人客→友人客→信者客へと、顧客の支持と信頼を集めた成功事例。 

流浪体験で得た海外旅行ノウハウを無料で提供していると、良いクチコミが広がりはじめ、パーソナルブランドが構築された。


「 集中とスピードと継続 」

ビジネスの成功要因は大きく3つ。

集中のための良いリラックスが出来るかどうか。 既に述べた3つのスピード。 そしてあきらめないという継続。

加えて「MMY(マネテ・マネテ・ヨクスル)」、良くするところに優位的差別性が生まれ、ブランドが根づくという粋な提案も。


「 トップがすべきは自分より優秀な人材の育成 」

セミナーのラストシーンで共感を覚えた言葉。 人を活かしムダ、ムラを排除することで、企業を元気に。

すべての製品・サービスは人を介して値がつくと、商売原則に立った人の育て方・活かし方を教授して下さいました。

人生山有り谷あり、諦めなければまた、山頂に立てるという教え。 ありがとうございました


【編集後記】

セミナーの醍醐味は臨場感。 講師の考え方はもとより、書では体感できない気概に触れられる良い機会。 名刺交換のおまけまで(嬉)。


ホームサイトマップブランディング 目次>セミナー>セールスレップ岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!