梅雨時期の倉敷観光を記録するページ

フレンチレストランは重要文化財
画像左はホテル日航倉敷のフレンチレストラン 八間蔵(はちけんぐら)のアプローチ。

奥行き八間(14.5m)に由来する八間蔵は、もとは大橋家の米蔵。

1973年(寛政5年)に建築された大橋家住宅は現在、国指定重要文化財。

その名家の蔵の内壁は、ひんやり快適な平目地瓦張り。 断熱・防寒・防湿に加え、防火を備える完璧な設計思想。

220年を経て毅然と、仏蘭西料理の館を演じています。

モネとシトロエンXM-X
身に余る会食を終え、至福のひとときを散策に充て。

ブラリ歩いて約5分。 倉敷の、いや、世界の資産 大原美術館が見えてくる。

空はあいにくの雨模様。

(画像のシトロエンはアーティスト2人によるユニット Rogues’Gallery(ログズギャラリー)のドライブ・パフォーマンス「ガソリンミュージック&クルージング」に使用された実車)

睡蓮、雨
さて、睡蓮の身になれば、雨はあいにくではなくウェルカム。

慈雨が洗練する蓮の花のイエローはひときわ新鮮。

透き通るような美しさ。

「睡蓮、黄色のハーモニー」と名づけたしファインショット。

モネの睡蓮の池 米蔵だった大原美術館の工芸・東洋館

モネの睡蓮の池
「睡蓮」で名を馳せるクロード・モネは、「光の画家」と称されたフランスの印象派。

季節の遷移を色彩と陽光を巧みに操り描き出す天才画家。

1890年代より描きはじめた連作『睡蓮』はあまりに有名。

睡蓮、微笑み
画像はフランス・ジヴェルニーの自宅、モネの庭(アトリエ)から株分けされた正真正銘の「モネの睡蓮」。

大原美術館のスイレンは咲き始め。

頬を赤らめ微笑むような色彩がよろしく、梅雨時の雨を狙い、倉敷美観地区 大原美術館の睡蓮を鑑賞するのも一興です。


【編集後記】

現代作家にスポット当てる大原美術館の新規事業「Artist Meets Kurashiki(略称AM倉敷)」の会期は2007年7月8日(日)まで。


ホームサイトマップおいでんせぇ岡山>モネと睡蓮>カフェ岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!