岡山より横浜 野毛ナイトを記録するページ

創造実験都市「みなとみらい21」
画像は山下公園より大桟橋埠頭(国際客船ターミナル)越しに撮影した みなとみらい21

桜木町のシーサイドは開発が進み20年前の記憶から様変わり(驚)。

さて、東京駅より京浜東北・根岸線 快速電車にて約40分。

港町風情漂う今日の宿泊地、JR関内(かんない)駅に到着。 行く手を阻む巨大なドームは横浜スタジアム。

火が点きそうになる少年野球心に水をかけ、大人の落ち着き取り戻し。 いざいざ、目指すは桜木町。

港町の老舗 JAZZ BAR
発展と変貌を繰り返す都会で変わらないもの……、ひとつは港町のジャズかも知れない。

米国ジャズ・ジャンルの音楽雑誌に『Down Beat』というのがあるそうだ。

燃えるほど赤いホームページの、流れるような渋い文中にその名が刻まれる。 店名の由来に違いない。

昭和ジャズ喫茶伝説 by Amazon.

驚愕のレコード枚数
1956(昭和31)年オープンの、ジャズバーの老舗「ダウンビート」。

レコードストックは3,600枚と紹介誌にあるものの、果たしてそうだろうか。

36,000枚でも頷いてしまうに違いない。
 
「三畳間ほどの独立したレコード演奏室があり、つくりつけのレコード棚と、二連のLPプレイヤー、アンプ……(Yokohama down beat ホームページより引用)」

空間に翻弄されるとともに、シビレていたようだ。

岡山より横浜を臨む 「音楽通」 窓を開ければ 野毛Jazz が聞こえる港町

アルテックA7型 ボイス・オブ・シアター
何度とお替わりした水割りが、バーボンかスコッチだったのか、あまり気にならない。

若かりし日の遊び心に火が灯り、燃え上がる。

外は宵、Jazzに酔い、雰囲気は良く、気にする間がもったいない。

さて、ウッドベースは弾くものも、この店では押すものだった。 「ベースを押して左に進んで I have to go.」なるほど。

窓を開ければ港が見える
画像は山下公園 ポーリン橋に近い「世界の広場」より「水の階段」方面を撮影したもの。

覗き見る 横浜ランドマークタワー は地上70階・296mと日本一の高さを誇るインテリジェントビル。

モルトかバーボンか、記憶させないエキサイティングな Jazz Bar をあとに、明朝は山下公園散策と決め込んだ。

「 桜木町を降りれば 野毛Jazzが聞こえる 」と結びたし。

快く撮影OKしてくれた気の好いママにありがとうと、素適な思い出に感謝を添えて(変わらない港町 野毛Jazzをクリップ)。


【編集後記】 

K社長 ありがとうございます 馳走さまでした。 次は岡山のジャズスポットへお誘いしたく、ご来岡が楽しみです。


ホームサイトマップおいでんせぇ岡山>ず木町>ダ屬し岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!