岡山のウォーキングスポットを紹介するページ

桃太郎スタジアム
岡山の県立スポーツ&リゾートセンター。

それはアスリートを育み続ける陸上競技場「桃太郎スタジアム」はじめ屋内体育館「桃太郎アリーナ」、

「野球場」「テニスコート」「プール」「武道館」「弓道場」など、自然と調和するバラエティな体育施設群。

しかも歴史が楽しく学べてしまう史跡のオマケつき。

岡山市いずみ町の 岡山県総合グラウンド は、縄文時代後期までタイムスリップ可能な「津島遺跡」を含める複合スポーツエリア。

「遺跡&スポーツミュージアム」 木立を抜けて来る爽やかな風

伝説のシルバーメダリスト
さて、晴れの国と呼ばれる岡山は、スポーツ盛んな元気な街。

昭和37年 第17回大会に続き、平成17年「晴れの国 岡山国体」と銘打った第60回目の国体が開催された土地。

そんなスポーツランド岡山が輩出したオリンピック選手の筆頭は、炎のスプリンターと呼ばれた陸上の人見絹江選手。

1928年8月2日 アムステルダム・オリンピック女子陸上競技800m走で、日本人女性初の(銀)メダリストとなったアスリート。

その際、優勝選手と人見選手はゴールに倒れ込み失神。 女子800m走は2大会連続で見送られるという壮絶なエピソードも残される。

バルセロナ五輪「アニモ」像
画像は桃太郎スタジアム(陸上競技場)正面玄関近くのモニュメント。

アニモとは、スペイン語で「魂・勇気・気力」。 そうアニモとは、「有森裕子」選手の愛称です。

彼女は1992年のバルセロナ五輪で銀、1996年 アトランタ五輪で銅メダルを獲得した女子マラソン界のスーパースター。

岡山のアスリート 有森選手
今年2月の東京マラソンをラストランとして引退するも、その偉大なる記録たるや山の如し。

アスリートの定番メニュー 高地トレーニングは彼女の発案で、

また、プロ宣言を行ない事実上のプロ第1号になるなど、日本プロランナー界の草分けでもあるのです。

(画像は遺跡&スポーツミュージアムで撮影許可を頂いたもの)

有森選手の銀&銅メダル
そして人見絹江選手は有森選手の同郷の大先輩。

そんな二人が銀メダルを手にしたのは8月2日(日本時間)とか。

年度は離れていても、世界のトップアスリートを結ぶのは、スポーツ王国 岡山の絆であったといえそうです。

と、想いが巡る桃太郎スタジアム ウォークが面白く。


『もっと♪岡山』|1.岡山の自然2.岡山の歴史3.岡山の文化4.岡山の産業


【編集後記】
テニスリゾート(岡山県総合グラウンド 南コート)
画像は野球場横のテニスコート(南コート)。

レストルームのお洒落な感じは県立というよりリゾートの雰囲気。 スポーツ大好き 健康志向の街 岡山ならでは


ホームサイトマップおいでんせぇ岡山>桃スタ>れんげ祭り岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!