最高峰のブランディングを探究するページ

『リッツ・カールトン 20のミスティーク(秘密)』
「 リッツ カールトンズ ミスティーク」

 ミスティーク(mystic)とは、神秘的、神秘性。

 ホスピタリティ(おもてなし)ビジネスを学ぼうと、一冊の良書を手に入れた( リッツ・カールトン20の秘密―一枚のカード(クレド)に込められた成功の法則 by Amazon. )。

 驚くばかりの宿泊料金。 ホテルの外観や内装など、ビジュアル比較では説明がつかないその価格。 リッツカールトン ミスティークを知らずして、理解は遠く及ばない。 神秘とまでいわしめたリッツ・カールトンの、ブランディングの秘密に迫りたく。

ミスティークという満足の最上級
「 信条を刻むクレドカード 」

 リッツ・カールトンのスタッフが必携するクレドカード。

 そのカードに、モットー、基本理念『クレド』、従業員への約束、サービスの3ステップと、裏面には行動指針『サービス・バリューズ』が記載されている。 以下、

『 モットー 』 ― 「 We are Ledies and Gentlemen serving Ladies and Gentlemen. 」 紳士淑女のお世話をするのは私たち紳士淑女です。

『 従業員への約束 』 ― 「 〜信頼、誠実、尊敬、高潔、決意を原則とし〜持てる才能を育成し、最大限に伸ばします。 〜充実した生活を深め、個人のこころざしを〜 」。 根幹に、従業員一人に一日2千ドルの決裁権、エンパワーメント(権限委譲)あり。

Empowerment is freedom , No empowerment is jail. 』 ― 「 権限委譲とは自由を意味し、そうでなければ監獄も同然。 」など。


「 リッツ・カールトンの成功要因 」

1. 従業員の選定 2. オリエンテーション(目標の共有) 3. トレーニング(訓練) 4. ラインナップ(朝礼)と、シンプルに体系化して、考えた。

 それは、個々の自由裁量を幅広く与えると同時に責任を自覚させる、分かり易さが成功要因、ということだ。 従業員一人ひとりを尊重し、相互に高め合い、活き活き働く環境において顧客満足を創出し、リッツ・カールトン伝説は創造されてきた。

 当り前のことを当たり前に続けられる、神秘性。


「 ミスティークを体験するには 」

 ザ・リッツ・カールトン 東京ザ・リッツ・カールトン 大阪 とも、宿泊料は驚愕のそれ。 百聞は一見に如かずだが、まずは一書を手にすることからお勧めしたく。

 リッツのホスピタリティについて、世界のリッツすべてを巡った井上富紀子氏に学ぶのが先ではないか、そう考える次第です(同氏のブログ『いのうえふきこ.NET』)。


【 編集後記 】

 『リッツ・カールトン20の秘密―一枚のカード(クレド)に込められた成功の法則』には、人生を豊かにする哲学がある、と静かに申し添え。


ホーム > ブランディング目次 > ミスティーク > 岡山ブランディング構想
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!