岡山のM&Aセミナーを紹介するページ


本セミナーの目的は、モノづくり岡山県の産業空洞化を背景に、中小企業の後継者問題の解決策とM&Aノウハウを学ぶもの。


【 特別講演 】

演題 「 中小企業のための M&Aセミナー 」 〜 社員を幸せにするM&Aの進め方と その事例を大公開!! 〜

講師 株式会社日本M&Aセンター 情報開発部 副部長 佐古田真史 さま  共著 中小企業M&A成功事例ファイル by Amazon.

2007年3月27日(火) 15:30-17:00 岡山ロイヤルホテル 2F 光楽の間  主催 ベンチャーマーケット岡山運営協議会


「 株式会社日本M&Aセンターとは 」

同社はこと、中小企業の存続と発展を目的として設立された再生・成長提案を得意とする独立系のM&Aコンサルティング会社。

複雑な中小企業のデューディリジェンス(企業価値査定)が強み。


「 M&Aのあるべき意味・意義、その効果 」

M&A(企業の合併・買収)は「敵対的」? 大企業の場合、ライバル企業への仕掛けが大半であり、その一面が強調されるところ。

一方、同社が意図するM&Aは主に「後継者問題」の解消。

優良企業なのに後継者がいない。 経営革新・成長戦略が思いつかない。 そんな中小企業をサポートするのが「日本M&Aセンター」。

積み重ねる信頼と、その理念がまた美しい。

戦後、日本経済を牽引した中小企業経営者の「後継者問題」を解決して、事業を継続させるための「友好的M&A」を模索する。

加えて、中小企業の成長・発展を実現する経営戦略の立案を推進するなど、その想いは極めて濃厚。 中小企業のためのM&A。


「 中小企業M&Aの具体的3事例 」

本セミナーはノウハウと事例を惜しまず提供。 M&Aへ至った経緯や解決策、施策の効果・効能など、味のする興味深いものばかり。

例えば「金型メーカーのV字回復」「老舗旅館の復活」等。

いづれも債務超過・破綻ギリギリ企業がM&Aノウハウを借り、甦る成功事例。 M&Aの意義・重要性が集約されていた。


「 M&Aを美しく成功させるツボ 」

さらに忘れてならない「守秘義務」の大切さ。 扱いひとつ間違えば、社員も取引先とも不安の淵へ追いやることになる。

成功は「信頼」の上に築かれると、教えてくれる。


株式会社日本M&Aセンターは、高貴な社会観の上にソリューションビジネスを展開する会社。 押さえておきたい企業です。

愛するビジネスの継続・発展のためにも……。


最後に同社レジュメより「企業は社会公器。活かせる人に任せるライフスタイルの変化」 この一文を加えて擱筆致します。

ありがとうございます


【編集後記】

同社の相談件数は急増の一途、月1件から週1件に。 問い合わせメールは日に2-3件へと。 やはり押さえておきたい企業です。


ホームサイトマップブランディング 目次>M&A>戦略マップ岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!