倉敷美観地区&大原美術館を画像で紹介するページ

倉敷美観地区
美しい白壁を残す倉敷美観地区と、世界の「大原美術館」。

江戸時代、天領(幕府の直轄地)として栄えたこの街は、昭和になり国内に先駆け西洋美術の最高傑作を収集開始。

倉敷の文化土壌は、大原孫三郎・児島虎次郎という日本屈指の文化人を輩出、世界の名作・名画の日本上陸を実現させました。

エル・グレコ作「受胎告知」など、在日が奇跡といわれる名画を保有。 「OHARA MUSIUM」は世界の美術館として知られています。

ロダン作「カレーの市民」
ルノワール「泉による女」・セザンヌ「水浴」・モネ「睡蓮」・ゴーギャン「かぐわしき大地」はじめ、

ロダン・ピカソ・ルソー・マティス・ロートレック・セガンティーニ・モディリアーニ・フォートリエ・マイヨール、

岸田劉生・藤島武二・青木繁・棟方志功の名作がずらり。

他にも児島虎次郎氏の収集による古代エジプト・中世イスラムの古美術品等、6000年もの時代を遡るアートなタイムスリップもお楽しみ頂けます。

“カフェ エル・グレコ”
そうして IVY SQUARE(アイビースクエア)近くの「児島虎次郎記念館」を巡り、

立ち寄ったコーヒーショップは大原美術館のすぐ横、その名もカフェ「エル・グレコ」。

くらしき情緒を醸す個性溢れる喫茶店。

隣席のアイスクリームコーヒーを横目に、「次はそれ頼もう」と呟き家路を急ぐステキな散策となりました。

美しい倉敷美観地区と世界の名作集う大原美術館。 次の散策機会には、アートのクロスポイント倉敷を歩いてみませんか。


【編集後記】

名作「宴(えん)」
最高峰の芸術作品に触れた帰り道。

グランヴィアホテル岡山 2階の回廊にて人間国宝 藤原雄翁の作品「宴(えん:EN)」に遭遇。

何度と通り過ごした名作に、はじめて気がつく今日。 名画鑑賞の学習効果のお蔭か、名作とのご縁を頂きました(嬉)。


ホームサイトマップおいでんせぇ岡山>倉敷>新春の装い岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!