煮魚(煮付け)の作り方を画像で説明するページ

鯛のあら炊きの完成
岡山の地魚、新鮮な鯛の切り身をGET! さっそく、煮付け(煮魚、あら炊き)にチャレンジ。

カレイにメバルやサバなど、応用可能です。


【 材料 1皿分 】  ( 完成まで約30分 )

・タイの切り身 300g(3-5切れ)程度 ・ゴボウ 1/2本 ・米 小さじ1 ・白ネギ 1/2本

・水 100奸 Ε瀬靴料 1包 ・砂糖 大さじ1 ・酒 1/2カップ ・実山椒佃煮 大さじ1 ・ショウガ 少々 ・醤油 大さじ1 ・ミリン 大さじ1 ・水飴 小さじ1


【 ごぼうの下準備と鯛の霜降り 】

1.米を入れた湯(または米のとぎ汁)で、ゴボウを軽く煮ておきます。

2.切り身からウロコと汚れを落とし、表面を固めて旨みを逃がさないよう、霜降りします。

鍋に、切り身がつかる量の水と、酒・ショウガ・ネギの青い部分を入れて沸騰させ、切り身をサッと湯に通し、冷水でつけ洗いして、ペーパータオルで拭き取ります。


【 アラ炊きの作り方 】

1.フライパン(又は浅いナベ)に、水・ダシの素・砂糖・酒・実山椒の佃煮・ショウガを入れて熱します。

2.沸いたら切り身・ゴボウ・ネギの白い部分を入れ、落し蓋(クッキングペーパー可)をして強火で5分煮ます。

3.醤油・ミリンを加えて中火で約10分、汁が無くなるまで煮詰めます。 その間2-3回、汁をすくって上からかけます。

4.火を止める直前に水飴を加えて なじませ、照りがでたら出来上がり。


【 チェックポイント 】

先に醤油を入れると身が硬くなるので、あとで加えます。 コンニャクを一緒に煮たり、木の芽を添えてGood。 完成画像は、水菜のおひたしを添えたもの。


【 編集後記 】

西川緑道(岡山市)沿いの市民マーケット 岡ビル市場 に、麗食の街 岡山の味覚が勢揃い。

瀬戸内海の素晴らしい食材に感激。 ゆう


ホーム > サイトマップ > レシピmomo >煮魚 > ぶり照焼 > リンク
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
【著作 ロハス de 幸せ!】 に参加中!