ブログブランディングについて解説するページ

洗練ブランディング
「 価値を高めるメディア構築 」

ブランディングは、ブランド価値を高める行為。 ブランディングデザインは、ブランド構築のためのフレームワーク。

ブランディング構想と、ほぼ同義。 誘惑的に謳うなら、儲かるシステム創りのための、設計図を創ること( マーケティングとPRの実践ネット戦略 by Amazon. )。

熟練ブランディング
「 あまねくブログブランディング 」

大企業や芸能人のブログ開設が華々しい。 ブランド価値を高める安価なメディア創り、ブログ戦略だ。

市場に敏感な者から、積極果敢に取り組んでいる雰囲気も( 企業ブログ戦略―利益を生み出す双方向コミュニケーションの実践 by Amazon. )。


「 ブログ開設前にすべきこと 」

1. 理念づくり ― 魂を吹き込もう ―
企業の社会的使命や社長の思想、製品・サービスに注ぐ従業員の情熱も、すべては社会貢献につながるものであり、真心の共有から始めたい。

全社一致の想いを刻み込む。 簡潔なコンテキストに配慮し、軽やかで、しかも誠意が伝わるメッセージ。 ブログ創って魂入れず。 検索エンジンが見向きもしないブログにならないよう、時間を惜しまず慎重に(参考、SunVerdirの経営理念)。

2. ネーミング(命名) ― 名付け親になる ―
社長の好き嫌いで決めてはなりませぬ。 企業ミッションが伝わるリズミカルな名称、生涯使えるブログネームを考える。 従業員、エバンジェリスト(熱烈な応援者)、ロイヤルカスタマー、株主、取引先、ステークホルダー視点で乾坤一擲のネーミング!!

傑作ができたら、商標登録をお忘れなく(自力にて約10万円)。 申請フロー等、詳細情報満載の『特許庁ホームページ』を精読すれば、初めてでも大丈夫。

3. URL(UniformResourceLocator-ドメイン) ― 好感度 ―
いわゆる「http://www.〜」ホームページアドレス。 ブログネームを連想させる、極力短く、感度の高いドメイン取得がお薦め。 顧客視点、SEO対策視点から、アクセス増加に貢献すること請け合い。 livedoorドメイン なら10年間、1万円でおつり!?かも。


「 ブログを開設してみよう 」

1. ブログサービスの選択 ― 使い勝手と信頼性 ―
月額300円弱で独自ドメインが使える費用対効果の高い livedoor Blog PRO など、livedoor Blog 有料プラン機能比較表 をまずチェック。 サイト説明のためのメタディスクリプション記述ほか、自力による独創のSEO対策で、アクセス増加を目指したく。

2. 親切なタイトリング ― ホスピタリティSEO
検索者が使うキーワードを先読みするタイトルMixing。 コンテンツの充実はもとより、検索エンジンで紹介されるタイトル設定。 ブログブランディング成功の秘訣は、タイトルMixing、お忘れなく!! ( 自力で行なう無料SEOの支援サイト『 Su-Jine 』 )

3. コンテンツの肝 ― 人格を陶冶する ―
企業の製品、サービスの情報提供ブログなら、常にファクトベースの見地で、誠意をもって継続することが極めて肝要。 更新なきブログは、息をしてないのと同じこと。

幹部のブログも効果的。 法人格とは、経営者と従業員の人格の集合で、企業の品格。 そんなプラス思考が成長のポイント。 人格陶冶するビジネスブログは、エクセレントカンパニーへの近道。 ブログブランディングで徳業を目指しましょう。


『 ブログ運営上の注意ポイント 』

Webサイト運営にあたり、ITリテラシー(ITを効果的に活用する能力)と、ホスピタリティ研鑽は必須の事項。 Web上の言説は自走しやすく、それらを念頭に置いたブログ運営に精励すべきかと。 ウェブマスターに今、情報倫理の体得が求められています。 ( お薦めの参考書 ・ サイバーリテラシー概論―IT社会をどう生きるか ・ ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書 683) by Amazon. )


「 ブログブランディングの未来 」

事業報告、開発者日誌などのビジネスブログは、想定以上に効果的。 ゆえに、導入を検討している企業は多いはず。 共感を呼ぶ企業ブログにエバンジェリスト(熱烈なファン)が集まり、優秀な人財が門戸を叩くなど、思わぬ恩恵に浴することも。

バズ(口コミ)が御社のブロゴスフィアを成長させ、価値あるパワー(企業)ブランドを手にするかも知れません。 ブランディングは、ブランド価値を高める行為。 ブログブランディングにより、御社がエクセレントカンパニーとして活躍する明日が楽しみです。 ( 社内ブログ革命 営業・販売・開発を変えるコミュニケーション術 by Amazon. )

 次ページ「ブランディング戦略」に続きます


【 編集後記 】

 言語の研磨が思考を高める!? サンベルディエールが運営する薀蓄のブログ、『ハッピーポータル』も参考として、宜しければ!!


ホーム > B目次 > マスター(5/8) > デザイン(6/8) > ブランディング戦略(7/8)
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
【著作 ロハス de 幸せ!】 に参加中!