岡山ブランドの構築を試みるページ

桃太郎スタジアム
「 岡山を人気者に!! 」

地域経済を活性化する、ご当地ブランディング。 ゆずの 馬路村ブランドは、成功事例の代表格。

また、世界遺産登録以降、観光客数を着実に伸ばしている 石見銀山遺跡(島根県大田市大森町内)の朗報も記憶にあたらしい。

そうした背景もあり、地域ブランド機運は高まるばかり。

その中、地域まるごとブランディングにより、地方経済の活性化を目論む『岡山ブランディング構想』。 社会貢献を心の糧に、ネットPRを推進中。

岡山国体の記念碑「 風光明媚な吉備の国 」

さて、岡山というところ、中国山地が恵む山の幸と瀬戸内海が齎す海の幸など、大自然が育む素材の宝庫。

そんな土地柄なればこそ、元気の象徴『桃太郎伝説』の発祥は、まさに必然の物語。 そして今もなお、豊かな文化は、引き継がれているのです。

しかも天然資源のみならず、ヒト、モノ、カネ、インフラと、社会的リソースまでも満ち溢れ。 不足しているものは、唯一『岡山ブランド』かも知れません。

アートな岡山の秋地域ブログ・ブランディング

深い眠りについた岡山の、埋もれてしまった岡山の、本来あるべき資産価値。

地域の資産を本来価値へと引き上げるアクションプログラム。 それを『岡山ブランディング構想』と名づけたり。 広く知られていない岡山の魅力を発信するだけで、できる岡山ブランド構築なればこそ、難しいことは何もありません。

街の魅力をブログにUp。 ネット広報とホスピタリティツーリズムで創発しようものなら、岡山ブランドは瞬く間に全国へ。 都会にはない、地方の魅力に触れたブロガーのバズ(クチコミ)により、宮崎に続いて、岡山ブームが巻き起こる!?

ウェブが創る新しい郷土 ~地域情報化のすすめ (講談社現代新書) by Amazon. )

岡山県民総ブロガー、ブログ先進県おかやま、観光Web特区『ブロゴスフィア岡山』。 そんなネーミングも悪くはなさそう。 街の魅力をブログ発信するだけの、ブランドづくりに難しいことはありません。 最後に、東京、大阪に20年暮らした北海道生まれの筆者が、全国より厳選した移住先、そこが岡山だったと添え書きし。

親切な情報には、親切な人々が集まるという因果応報の法則に従い、簡単なブログで親切情報を発信される方が増えることを、楽しみにしています。

『 岡山ブランディング構想、岡山を人気者に!! 』

[ YouTube サンベルディエールChannel より配信しているHD動画 ]

( メディア運営の設備投資がゼロに近い、宮崎県 東国原知事のオフィシャルブログ『そのまんま日記』や、YouTube利活用の『農林水産省チャネル』にヒントあり )


【 編集後記 】

ビジネスブログ利活用による地域振興ノウハウご提供Webサイト『まちづくりPRネット』。 地方経済活性化策の参考になれば幸いです。


ホーム > サイトマップ > 目次 > 地域ブランディング > ecoブロガーズ
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
【著作 ロハス de 幸せ!】 に参加中!