次世代ブランディングを探究するページ

あまねくブランディング!?
「 ブランディングの意義 」

ブランディングとは、対象とするブランドの「価値を高める行為」にほかならない。

そしてブランドの形態は、製品・サービスの比較において、顧客の差別化を促すために付けられた識別マーク。 そんな認識が一般的。

そもそもブランドは、牛を見分けるために押した焼印「ブランドマーク」が語源であるため、ブランド=識別という解説も、分かり易い。

論点は、当該ブランドを認識した顧客が、そこにブランド・エクイティ(資産)を見出し、そのブランドを選択するか、その一点に絞られる。

ブランディングとは、「ブランドの価値を最大化する行為」であり、同時に、「顧客のブランド選択を確実なものにする行為」にほかならない。

ブランドらしさのつくり方―五感ブランディングの実践 by Amazon. )

VSブランディング
「 華やかなるブランディング論 」

検索エンジンに「ブランディング」と入力すると、

Webブランディングやプロダクトブランディング、マネジメントブランディング論にコーポレートブランディング論等、まさに百花繚乱。

論調は、総じて、既存のマーケティング理論の上に構築された、マーケティングの一分野としてのブランディング論と読み取れる。

ブランディングについて、もし、マーケティングの教科書通りに説明したなら、中小企業の経営者を反射的に引かせるかも知れません。 莫大なコストを要求する現在のマーケティングトレンドにより、「当社には無理だ」という即断を予感してしまうから。

そんな中小企業主の溜息に待ったをかける、使える『 ユビキタス(広くあまねく存在する)ブランディング論 』を下記の通り、提唱申し上げる次第です。


『 ユビキタス ブランディング論(Ubiquitous Branding Theory) 』

広くあまねく存在するユビキタス・コンピューティング。 その遍在性がブランディングに可能性をもたらし、顕著になる今。 いつでもどこでも誰でもが、情報発信の恩恵に授かる理想のインターフェース(メディア環境)が整い、ブランド構築が容易になった。

それをユビキタス・ブランディングと呼ぶ。 ローコストかつハイパフォーマンスの次世代型ブランディングで、CGM(CitizenGeneratedMedia)において革新的で効果的。

1億総ブランディング を可能にする理論。

※ CGM(CitizenGeneratedMedia)は、地域住民の情報発信がメディア化したもの。 CGM(ConsumerGeneratedMedia)と似て非なり。

[ YouTube 動画ブランディングのロールモデル ]


 次ページ「ブランディング効果」に続きます


【 編集後記 】

 ブログブランディングは、貴方と、貴方のビジネスの価値を高める行為である。 そう、直感された方は、6/8ページ へお進みください。


ホーム > ブランディング目次 > ユビキタス(1/8)> ブランディング効果(2/8)
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト

ブログネタ
【著作 ロハス de 幸せ!】 に参加中!