ジョブ型雇用の “ 議員スコア ” を考えるページ


J.Score 現在のスコアがれる地方議会議員の行動変容

議員スコア、首長スコア。新しい生活様式のジョブ型雇用と、議会のスコアリング 〜 急がれる地方議会議員の行動変容」と題した noteブログをエントリーしたのは2020年8月28日8時台で、その日の午後2時すぎ。“ 安倍首相が退陣表明 ” の第一報が伝わるなど、令和の読みを「ゼロ和」とする未来志向の私にとって、印象深い一日と相成りました。


そうして上記は、内閣官房「就職氷河期世代支援プログラム」に関連するコラムで、冒頭「進行するIT化の下で高度人材が不足する一方、専門知識に乏しい中間層の所得低下が目立ち、このままでは日本経済の競争力が国際的に低下しかねないとの危機感があるためだ」と就職氷河期層に重ねて記述してはいるものの、実は地方議会に重ねれば「高度人材が不足する地方議会において、専門知識に乏しい議員により地域の所得(競争力)は低下の一途…」と置き換え可能。地方議会の難点を解説するとき、時代から取り残された議員が安穏と生きられるメンバーシップ型の引用は効果的で、それにより新しい生活様式における議員はどうあるべきかの説明には、ジョブ型雇用の引用も効果的。そうしなければ地域まるごと、時代から取り残されてしまいます。


選んではいけない議員首長を選んだ地域が沈むのは、自然の理(SEALDsの合言葉「落選させよう」)。


員スコア、首長スコア。新しい生活様式のジョブ型雇用と議員ランキング

議員スコア(首長スコア)とは、社会貢献度の評価が不透明な議員人事考課に関連し、新たな日本社会に求められるジョブ型雇用に鑑みるAIスコア等を含む論理的な評価だけでなく、見返りを求めない仁徳と功業のスコアリングから為る徳業スコア等による情緒的な評価を組み合わせて議員の資質や素養を類推する、新しい生活様式の議会の構成員を評価、スコア化する概念。投票時の参考のみならず、落選運動にも役立つ指標。

首長スコアならびに議員スコアの低下は即ち地方議会の品質の低下であり議員定数の是正において必須の指標。一例として首長スコアが低すぎると酷評される岡山市議会の場合、昭和のうちに廃線されなければならない日本一短い路面電車を、よもや延伸するという驚くほどナンセンスな市政が前進しており、街は衰亡まっしぐら。議員スコア(首長スコア)は、人口移動にみる転出超過と密接な関係にあるものと、類推される。

首長スコアならびに議員スコアの改善は即ち地方議会の品質の改善であり議員の行動変容を促す住民によるデジタル陳情書( DX Petition )と議員スコアをセットで実装することによる改革効果に期待が高まる。

事例 )MaaS陳情の岡山市議会議員 全員による反対派閥の論理と、住民陳情の不採択事情の表層化


ブラックボックス化した議会の中で、国民あるいは市民の従来の陳情書は頻繁に不採択になる一方で、デジタル陳情書は遍く閲覧可能であるため陳情の議決結果(例として岡山市議会)において広く市民あるいは国民に精査されることから議員は責任感を持たざるを得ず、恣意的な不採択を免れやすい。さらに陳情に対する賛否(例として岡山市議会)の参照により、国民あるいは市民の問題提起に対する各議員の使命感の崇高さ、資質を推察できる点において、行動変容を余儀なくされるBeyondコロナ時代に臨み、DX陳情書は誠に画期的。


令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『スーパーシティ構想』からの再掲ですが、「スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 議員スコア( Senator Score )とは
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)