ブログネタ
リカレント教育 に参加中!
キャッシュレス決済が地方創生に及ぼす影響を説くページ

OMO と AIスコア_J.Score
発を生み出すホラクラシー組織づくり

前号。9月25日のエントリー「オープンAPI。信用スコアとインクルージョン社会」で報告しておりましたAIスコアリング(個人の信用力をスコア化して格付する)サービス “ J.Score ” によるマイスコアが11月17日、748ポイントに上昇しましたので急ぎご報告。その間に、スタートアップに備えるアンテナ感度の鋭い大学生から連絡をいただき、eメールによる情報交換機会を授かったり、前人未踏の事業ドメインに踏み出す私を目がけて貴重なネタは続々集まってくるなど、有り難いことばかり。

ライフ・シフトに積極果敢に取り組む私は早期退職を敢行し、移住したり転職したり再就職したり。走りながら学び直しを継続するなか今春はSociety 5.0への移行に伴い表出するであろう、未知の社会課題を速やかに解決できる辣腕の同志10名で “ NPO法人 超教育ラボラトリー Inc. ” をスタートアップし、急発進に備えて現在アイドリング中。メンバー皆さまには、あらためて感謝の念に堪えません。

さて、本題へと。そして今号のタイトル
『QRコード決済の普及率と、地方創生に垣間見る緊密な関係。もし支払額の20%が還元される観光地や商店街があったとしたら…』みな様こぞって来訪リピートされるのではないでしょうか。

と、その前に、今やキャッシュレス先進国である中国の、スマホQRコード決済の普及状況および個人信用評価システム “ 芝麻信用 ” について下記の動画で確認・共有しておきたいと存じます。



QRコード決済の普及率は地方創生の特効薬か !?


勝者一社が利益総取りするプラットフォーム事業において、金融機関やIT企業によるキャッシュレス決済アルマゲドンニュースをメディア各社は一斉に報じておりますが、すっぽり抜け落ちている「人口の奪い合いと化した地方創生から鑑みる、地域間におけるキャッシュレス決済インフラ普及率競争」に私は独り着目しています。キャッシュレス決済を対象に国は5%の還付を、民間各社は〜20%の還元を打ち出していることから、より多くの恩恵を得られるのは普及が早い=普及率の高い地方や地域の商店街。しかもアリペイ等のオプション効果から鑑みるなら、普及率の高い観光地ほど多大な還付・還元を得ることは明白。

その点に勘づいた私は既に地方自治体や観光機関、地域の商店街等とスマホQRコード決済の情報を共有し、キャッシュレス決済が地域社会に齎す共通の利益を確認しています。『QRコード決済の普及率と、地方創生に垣間見る緊密な関係。もし支払額の20%が還元される観光地や商店街があったとしたら…』と題した本コラムの意図することころに気づいた行政機関や観光地、商店街の皆さまは早晩スマホQRコード決済の普及を素早く推し進めるため、官民連携を掲げて取り組み始めるものと私は期待いたします。

売り手良し、買い手良し、世間良し。 三方良し

「もし支払額の20%が還元される観光地や商店街があったとしたら」みな様こぞって来訪すること請け合い。地域社会は共通の利益を得て地方を振興。その目的において私は、キャッシュレス社会実現のための啓発活動に精励中。マイ・ライフワークの主たる一つは地方創生ですので、今しばらくはスマホQRコード決済の普及事業の推進と、J.Scoreの研究および各種実証実験をもって社会貢献を継続いたしますので、今後の連携を何卒よろしくお願いいたします。ここまでお読みくださり、ありがとうございます.人


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO 菅野敦也
デジタルマーケティング技術を駆使して組織マネジメントを効率化。ES、業績向上 Win-Win の実りある働き方改革を提案いたします!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業4社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > スマホQRコード決済と地方創生
Copyright (C) 2005-2018 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)