生涯学習ブログ

学び直し、リカレント教育がテーマの菅野敦也のブログです。

カテゴリー 『 岡山を綴る紀行文 』

ブログネタ
【著作 ロハス de 幸せ!】 に参加中!
岡山の魅力を綴るカテゴリー紹介のページ

心に染みる岡山後楽園
『 ミシュラン旅行ガイド 三ツ星観光地 』

 岡山後楽園が三ツ星観光地に選ばれた!?

 北海道に生まれ、東京から大阪を経た移住者が、岡山の魅力を綴ります。 なぜって岡山は、風光明媚な土地柄で、山海の幸に恵まれた素材の宝庫。

 特級の食材は、料亭、割烹の名店を栄えさせ、至高の食文化を育んだ。 元気の象徴「桃太郎伝説」が伝承されるのは、自然の成り行きなのでしょう。

 都会で忘れていた眩しい太陽光と澄んだ空気、肥沃な土壌と名水と、懐深い山並みに母なる瀬戸内海。 そんな魅惑の岡山を、ブログに綴って参ります。

もっと岡山!!|1. 岡山の自然|2. 岡山の歴史|3. 岡山の文化|4. 岡山の産業

 岡山地方の地域情報化を促進するカテゴリー『岡山を綴る紀行文』。 お時間の許す限り、ゆるりとお愉みください。


ホーム > サイトマップ > 岡山紀行 > 岡山紹介 > 岡山後楽園 > 岡山のホテル
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

わびさび(侘び寂び)の一歩

ブログネタ
【著作 ロハス de 幸せ!】 に参加中!
わびさびを綴るカテゴリー紹介のページ

岡山後楽園の延養亭(えんようてい)
「 侘び寂びをテーマに修養す 」

 カテゴリー『わびさびの一歩』は、岡山後楽園をメイン舞台に、季節の行事や、その情景を綴るコラム集。

 日本の伝統文化に触れて、美しい心を薫陶したいと思います。

 さて、わびさび(侘び寂び)とは、本来、侘(わび)と寂(さび)、それぞれ別の概念があわさった、比較的あたらしい言葉とのこと。

 古来より資源の少ない日本に暮らした先賢は、いつしか侘(わび)が連想させる「わびしさ」と、寂(さび)にみる「さびしさ」とを調和させ、質素にある本質的な「人心の美」を審美する表現に用いていたのではないかと、憶測してしまいます。

 物質の量ではなく質、情緒の豊かさを伝えるために。

 例えば武道の「カタ」なる凛々しさや、文芸術に継承された「流」や「式」という無形の美しさ。 飽きることのない陶器や漆器の「形」が伝統の美学を想わせる。 何が美しく、何がそうでないのか、美の根源を教えてくれるよう。

 人々の心を満たすもの、それはお金やモノなどの量ではないと、多くの人が気づきはじめた今、私もようやく、侘び寂びを少し理解できたような気がしたり。

 そんな「わびさび観」の芽生えを大切に、先人の文化に学びつつ、人格陶冶と修養に精励致します。 カテゴリー『わびさびの一歩』のコラムをお楽しみに。


ホーム > サイトマップ > わびさびの一歩 > 侘寂 > 後楽園アルバム
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

『 CGM(CitizenGeneratedMedia)ブランディング 』 (目次)

ブログネタ
【著作 ロハス de 幸せ!】 に参加中!
TOP|ブランディング|レシピmomoサイトマップ運営者情報想いContactUs

今すぐ始めるブランディングのページ

最高峰ブランディング
『 誰でもできる ブランド構築 』

ブランドづくりの起点は、情報発信。

秘境としての大自然、大地が育む天然資源、陶冶された歴史文化と手工芸など、地方の「あるべき資産価値」は、未だ計測不能。

なぜなら、その魅力を伝える情報が不足してるから。

もし同様に、御社の秀逸な製品や優れたサービスを適切に伝える情報が不足しているなら、御社を「可能性の宝庫」と呼ぶべきかも知れません。

さて、全世界に向けての情報発信が、月額数百円や年額10米ドル(約千円)で出来るとしたら、今すぐブランディングを始めるべき、といえそうです。

※ ご参考。 月約500円で1日1,000アクセス超のブログ『幸せへの一歩』。 年額約千円で運営するホームページ『SunVerdir Official Website』。

このページでは、地域が元気を取り戻す、中小企業のブランド戦略を支援するコンテンツをご用意。 御社の飛躍のヒントになれば幸いです。

マーケティングとPRの実践ネット戦略 by Amazon. )


【 ブランディングを知る学ぶ 】

1. ブランディングとは > 2. ブランディングの期待と効果 > 3. 1億総ブランディング > 4. ブランディング・マイスター > 5. The ブランディング・マスター > 6. ブランディング・デザイン(ブログブランディング) > 7. ブランド戦略 > 8. ブランド戦術

【 論よりブログブランディング 】

1. 岡山ブランディング構想 - 2. 岡山ecoブロガーズ倶楽部 - 3. スフレ専門ブランディング - 4. 桃太郎ブランディング - 5. 品格のブランディング - 6. リッツ・カールトン's ブランディング - 7. ホスピタリティ・ブランディング - 8. 検索エンジンおもてなし(SearchEngineOmotenashi)

【 YouTube動画ブランディングのプロトタイプ(試作品) 】


[ YouTube サンベルディエールChannel より配信している動画 ]


【 編集後記 】

当ブログのサイドバー右上のアクセス数にご注目。 ブログの情報発信力の強さと、広報宣伝効果をイメージ頂けると思います。

Google
 


ホーム > サイトマップ > ブランディング - 利用規約 - プライバシーポリシー - リンク
Copyright (C) 2005-2010 SunVerdir. All Rights Reserved.

『 ユビキタス・ブランディング論 』 (1/8ページ)

ブログネタ
【著作 ロハス de 幸せ!】 に参加中!
次世代ブランディングを探究するページ

あまねくブランディング!?
「 ブランディングの意義 」

ブランディングとは、対象とするブランドの「価値を高める行為」にほかならない。

そしてブランドの形態は、製品・サービスの比較において、顧客の差別化を促すために付けられた識別マーク。 そんな認識が一般的。

そもそもブランドは、牛を見分けるために押した焼印「ブランドマーク」が語源であるため、ブランド=識別という解説も、分かり易い。

論点は、当該ブランドを認識した顧客が、そこにブランド・エクイティ(資産)を見出し、そのブランドを選択するか、その一点に絞られる。

ブランディングとは、「ブランドの価値を最大化する行為」であり、同時に、「顧客のブランド選択を確実なものにする行為」にほかならない。

ブランドらしさのつくり方―五感ブランディングの実践 by Amazon. )

VSブランディング
「 華やかなるブランディング論 」

検索エンジンに「ブランディング」と入力すると、

Webブランディングやプロダクトブランディング、マネジメントブランディング論にコーポレートブランディング論等、まさに百花繚乱。

論調は、総じて、既存のマーケティング理論の上に構築された、マーケティングの一分野としてのブランディング論と読み取れる。

ブランディングについて、もし、マーケティングの教科書通りに説明したなら、中小企業の経営者を反射的に引かせるかも知れません。 莫大なコストを要求する現在のマーケティングトレンドにより、「当社には無理だ」という即断を予感してしまうから。

そんな中小企業主の溜息に待ったをかける、使える『 ユビキタス(広くあまねく存在する)ブランディング論 』を下記の通り、提唱申し上げる次第です。


『 ユビキタス ブランディング論(Ubiquitous Branding Theory) 』

広くあまねく存在するユビキタス・コンピューティング。 その遍在性がブランディングに可能性をもたらし、顕著になる今。 いつでもどこでも誰でもが、情報発信の恩恵に授かる理想のインターフェース(メディア環境)が整い、ブランド構築が容易になった。

それをユビキタス・ブランディングと呼ぶ。 ローコストかつハイパフォーマンスの次世代型ブランディングで、CGM(CitizenGeneratedMedia)において革新的で効果的。

1億総ブランディング を可能にする理論。

※ CGM(CitizenGeneratedMedia)は、地域住民の情報発信がメディア化したもの。 CGM(ConsumerGeneratedMedia)と似て非なり。

[ YouTube 動画ブランディングのロールモデル ]


 次ページ「ブランディング効果」に続きます


【 編集後記 】

 ブログブランディングは、貴方と、貴方のビジネスの価値を高める行為である。 そう、直感された方は、6/8ページ へお進みください。


ホーム > ブランディング目次 > ユビキタス(1/8)> ブランディング効果(2/8)
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

ブランディングの期待と効果 (2/8ページ)

ブログネタ
【著作 ロハス de 幸せ!】 に参加中!
ブランディングの効果を確認するページ

ブランディングの期待
「 ブランディングに期待すること 」

眩いまでにビジュアルを刺激する鮮烈なデザイン、心に響く魂のサウンズ、情動を揺さぶるセールスレター。

ひとたびブランディングが機能すると、必然的に売上は増え、在庫消化による品薄状態が、希少性という価値を生む。 やがてプライシングにおける価格優位性が観測され、それはウェルカムな収益増に結びつき、資産価値は増大の一途を辿りゆく。

マッキンゼー プライシング by Amazon. )

例えば上場企業の増益は、株価を押し上げ時価総額を上昇させ、企業価値の増大というブランディングの効果を如実に示す。 「価値を高める行為」の結実だ。

ブランディング効果
「 ブランディングの効果 」

 儲かる、しかも継続的に、持続可能。

それは、当該ブランドが 1. ブランド認知率向上による「第一想起ブランド」に移行し、2. 競合を引き離す「ブランドシェア拡大」がはじまり、3. プライシング優位性による「主体的価格づけ」が可能となり、4. 新規顧客獲得、5. 既存顧客(ことロイヤルカスタマー)の定着が顕著になるなど、ブランディング実施後の効果に起因する( ケロッグ経営大学院 ブランド実践講座―戦略の実行を支える20の視点 by Amazon. )。


「 ブランディングの波及(おまけ)効果 」

1. エクセレントカンパニーとしてのパワー(企業)ブランドの確立、2. 信用力Upによる資金調達力Up、3. 生産性の向上、4. 従業員の帰属意識の高まりによる社員定着率の改善、5. リクルーティング力増大による優秀な人財の獲得効果にも期待。


「 チェックしたいブランディング事例 」

1. メゾン(王侯貴族)ブランドが放つオーラについて
ルイ・ヴィトン、エルメス、シャネルなど、ラグジュアリーブランド御三家の秘密は、「伝説」にあるとするブランド文化論( ブランドの条件 by Amazon. )。

2. トヨタを冠しないプレミアム『レクサス』ブランド
パワーブランド『トヨタ』に頼らないレクサスブランド。 高品位な社会観と、先駆的世界観に触れられたらしめたもの( レクサス ホームページ )。 ※ 日経BPコンサルティング調査「ブランド・ジャパン2007」においてトヨタ自動車は4年連続の首位( レクサス~完璧主義者たちがつくったプレミアムブランド by Amazon. )

3. 世界最大の時計メーカー『スウォッチ・グループ』
ブレゲ(Breguet)、ブランパン(Blancpain)、オメガ(Omega)をラグジュアリーブランドとして頂点に、ラドー(Rado)、ロンジン(Longines)の高級ラインと、ミドルラインにハミルトン(Hamilton)、カルバンクライン(ckCalvinKleinWatches)を配し、親ブランド『スウォッチ(Swatch)』はベーシックというブランド布陣。 オメガはスウォッチ? ブレゲは!? 高級時計市場のブランド魔術からブランディングの深層を学びたい( このブランドに、いくらまで払うのか―「価格の力」と消費者心理 by Amazon. )。

4. ブランドの宝庫 P&G(プロクター・アンド・ギャンブル社)
マーケティング企業といえばP&G。 ファブリーズ、アリエール、モノゲンユニ、ヴィダルサスーン、コーラック、パンパース、ウィスパー他。 マックスファクター、ヴィックス、ジレットなどの買収企業を含め、膨大な数のブランドを保有する、世界屈指のブランディング企業。 MBA(経営管理学修士)のケース・スタディに利用されることしばしば。 ブランド・マネージャーを輩出する世界トップ企業に学びたく( すべては、消費者のために。―P&Gのマーケティングで学んだこと。 by Amazon. )。

5. サンベルディエール『 岡山ブランディング構想
CGM(CitizenGeneratedMedia)地域ブランディングを遂行中。

 次ページ「1億総ブランディング」に続きます


【 編集後記 】

 ブランディングに期待することは、ずばり儲かるということ。 経営者が強いブランドを育てようとする本能的な動機、ですよね。


ホーム > B目次 > Bとは(1/8) > 効果(2/8) > 1億総ブランディング(3/8)
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ