生涯学習ブログ

学び直し、リカレント教育がテーマの菅野敦也のブログです。

ブランドジャーナリズム研究所 : Brand Journalism Laboratory

公式HPブランディングレシピmomoサイトマップ運営者情報想いContactUs


岡山城と烏。人生100年時代の ブランドジャーナリズム

コンテクスト最適化(コンテンツマーケティング)技術でトラフィックを集める『生涯学習ブログ』および、地方創生キュレーションFBページ『あいらぶ岡山』は、オウンドメディアのロールモデルを担うシェアリングエコノミー社会の試作品。エクセレントカンパニーを目指す貴社に必須の “ ブランドジャーナリズム ” に関するご相談は、ContactUs よりお願いいたします。




挨拶 - 理念 - 由来 - CSR - 利用規約 - プライバシーポリシー - リンク
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

ICTは、新しい生活様式(≒ Society 5.0シティ)の新しい学び方を見つける起点の創造ツール 〜 歩行者天国を構想アートする STOの視点 〜

地域行政の課題解決に不可欠な “ 構想アートSTO考のページ


ークでもスーツでもない構想アーティスト岡山版MaaS パーク&BRTライド for Society5.0シティ

2020年8月2日(日)日経朝刊(全日版12面)文化時評『歩行者天国という「夢」』に読む、私が産湯を使った旭川市の日本初の恒久的歩行者天国 “ 平和通買物公園 ” にあわせて、今日で50年を数える東京・銀座歩行者天国は興味深い。折しも2017年6月配信の拙コラム「岡山市長選挙。市民が創るマニフェストは、インバウンド100万都市おかやま成長戦略の一丁目一番地!」を想起し、読み返した私。

そこには2014年9月エントリーの拙コラム「東京もビックリ! 日本一の歩行者天国 “ おかやま桃太郎大通り ” 回遊プロジェクト始動しました !!」のリンクを貼りつけてあり、約6年前の構想は今なお健在。日経クロストレンドの記事『「歩行者天国」が都市の新潮流に Withコロナ時代のMaaS(3)』社会的距離を持続する都市空間リデザインの動向を読むとき誰しも腑に落ちるであろう、「岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験」の重要性。歩行者天国のリデザインもまた構想アーティストの使命とも。


岡山市では西川緑道公園筋歩行者天国「ホコテン!」事業が動いてはいるものの、そもそも機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通機関の定時性・速達性の確保は実質的に破綻しており、クルマ社会おかやま市の大罪を放置したまま街なかイベントに投資するのは交通渋滞のマッチポンプであり、それは許されざる確信犯。

それはさておき「日本一の歩行者天国 “ おかやま桃太郎大通り ” 回遊プロジェクト」もまた実現させたく。身につけたアナロジー思考から岡山版スーパーシティ構想など続々湧き出るアイデアを恣意で終わらせず、実行さらに実現へ導く技能をイノベーション構想リテラシーと定義づける私。そろそろ準備に入りましょう。


ーシャルテクノロジーオフィサー(STO)の視座を涵養するために

先般。Webサイトの文言「社会課題に取り組むNPOの現場に活動しコレクティブインパクトを生み出すためのソーシャル・テクノロジー・オフィサー(Social Technology Officer)募集!」に強く魅かれた私。


情報通信業界において全国主要な大市場を走り回るマーケター職を担った私は47都道府県中44の県庁所在地を訪ね、東京〜大阪はもとより地方の都市デザインを具に見つめてきたからか、構想アート力を活かして街の成長ポテンシャルを調べ上げ、近未来にあるべき相応しい当該地域のリデザインは得意とするところ。販路拡大、新規事業の創出などビジネス領域における経験を社会課題の解決に活かそうと考え、忽ちエントリー。

Code for Japan は、私たちひとりひとりが主体的に地域課題を捉え、手を動かしながら解決していくことができる様々な仕掛けを生み出し、オープンに公開しています――。社会を変革する様々な仕掛けを生み出す技術を持つ者 ≒ STO と咀嚼する私は、行政・市民・企業の三者による、地域づくりへの挑戦に備えます。


Society 5.0 ≒ 新しい生活様式に求められる、新しいスキルを、すべての人に。
※ 8/8のテーマの一つは Google で、非営利団体向けプログラムの導入議論で創発喚起に期待も。

SDGs新しい生活様式のサスティナビリティを担保する新しい街づくりの哲学そのもので、地域の深淵に横たわるディープイシューを解決する技術の一つはDXであって、教育機関としての公民館が次の世代にとって有用であるには、どの時代においても安定的に社会イノベーションを涵養する創造拠点であることが重要。

そう考える私が岡山市公民館ICTボランティア研修会に寄せる期待は “ 〜 GIGA公民館EdTech構想 〜 ” で、JMOOC をはじめとする Massive Open Online Courses (MOOCs、ムークス)環境をも備える学びの場。VUCA(予測不能な状態)を乗り越える志を育む人財育成もまた、ICT の利活用なくして語れません。


キャッシュレス、在宅勤務… ICTの革新が地域を変える――。Google MeetMS TeamsZoom などオンライン会議システムが遍く普及する現世はもはやサイバーフィジカルシステム(CPS)に内包されており、Society 5.0 への移行を実感せずにいられない。地域社会の未来が心豊かであるたには「創造的な人材の育成」が重要で、その鍵を握る ICT教育。公民館ICTボランティア皆さま益々のご活躍に期待するばかり。

研修当日。私から提案したい一つ目は、岡山市公民館ICTボランティア理念の創作で、「これからの学び」を支援するための様々なソリューションを提供してくださる Google for Educationクレドは “ みんなでつくろう、これからの学び方 ” 。新しいスキルを、すべての人に。は正に「ガレージから Googleplex へ」の原点にあった概念ではなかろうか。ついでに Google Japan チャンネルは、学びネタの宝庫なのです。

と、最後のラストは “ 8 月 12 日(水)「The Anywhere School 」を開催 ” をシェアして終話予定。


サイバー社会を東奔西走する者の使命はデジタル・ディバイドの解消で、暮らす地域社会に貢献したい。

ピョンと噺は飛んで、Society 5.0に臨む私がスーパーシティ岡山の実現を目論み自治体に向けて放ったOMO作品の新作は『地方議会のトリセツ』で、岡山市議会へ提出(郵送)した陳情第18号は、いつになく不採択ではなく継続審査と相成りました(嬉)。従い報恩謝徳、異能β 0 to 1チャレンジを継続いたします。

2020年7月5日 緊急報告: 岡山市議会Webサイト 請願・陳情の議決結果を閲覧の後、問い合わせたところ、未採決の「スーパーシティ」構想に関する陳情第18号は継続審査であることを確認いたしました。スーパーシティ岡山プロジェクトの実現に向けて精励するとともに、無念にも不採択となった陳情第14号ならびに陳情第20号に関連し、特定企業ファーストの岡山なれば “ 告白ドミノ ” の可能性も排除することなく、地方議会の刷新を更に厳しく進めることを、お誓いいたします。

令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『異能ベータープログラム』からの再掲ですが、「スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 歩行者天国を構想アートするSTO
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

DXデザイン思考は、新しい生活様式(≒ Society 5.0シティ)に必要不可欠な、イノベーション構想リテラシー 〜 GIGA公民館EdTech構想 〜

アナロジー思考から鑑みる “ 遠い類推DXデザイン思考のページ


ークでもスーツでもない構想アーティスト「学びの空白」懸念 from 日本経済新聞社.

2020年7月24日(金)日経朝刊(全日版)トップ記事を補完する小見出し “「学びの空白」懸念 ” に目は釘付けに。折しもG-Apps.jpのコラム “ ICT教育の目的とは?失敗しないための目的の明確化と共有の仕方 ” が強調するICT教育の導入・活用における最終目標「創造的な人材育成は、どうしたら地域社会に根付くか。それを考えあぐねていた時だから。

学校教育のみならず人生100年時代のリカレント教育においても “ 新しい生活様式 ” のなかで暮らすことを決意した私達は遍く「サイバーフィジカルシステム(CPS)」ならびに「Society 5.0」を理解し受け容れ、誰もが快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることのできる人間中心の社会創りを共通の使命としたい

そのとき忽ち浮かんだ構想は、デジタル公民館に新しい価値を付加する、GIGA公民館EdTech構想。※ 現時点、教育機関としての公民館は早晩 “ 未来の教室 ” を担うはず。という私の仮説に基づいています。

⇒ CPS(サイバーフィジカルシステム)とは?IoTとの違いは?

身につけたアナロジー思考からGIGA公民館EdTech構想など続々繰り出されるアイデアを恣意で終わらせず、実行さらに実現へ導く技能をイノベーション構想リテラシーと定義づける私。どうしたら手に入る?


務に実装されたEdTechと、無意識に会得した「調べ学習」≒ アダプティブラーニング

1986年一部上場、電機メーカーに就職まもなく鎬を削る国内販売会社へ出向となり、東京秋葉原〜大阪日本橋の量販メガ市場で鍛えられ、情報通信事業部(本体)へ異動後は、通信キャリアと協業するマーケター職としてICTの変遷を具に観てきた私。1990年代 販社ではNEC往年のグループウェア StarOfficeを、事業本部では Microsoft Exchange Serverを、管理職となり特許を取得した三洋テレコミュニケ―ションズ時代はサイボウズを利活用するなど時代の先端を駆ける精強な UX(ユーザーエクスペリエンス)を蓄えるなかで、今やDX推進の鍵とまで呼ばれるデザイン思考を強かに体得。2006年に同社を退職。地方都市へ移住後はクラウドサービスの走り GoogleApps無料版で無料のWebサイトを立ち上げたり、Society 5.0時代に備える NPO法人のWebサイトGoogle非営利団体向けプログラムを借りて無償運営できたり、當にDX技術のお陰様。

いま振り返らばWin95が職場に速やかに導入された1995年以降、サプライ・チェーン・マネジメントが整備され社内稟議は電子決裁システムに移行しeラーニングを受講する中サイバーセキュリティ技術も体得したり。いち早くEdTechドップリの日々を経たからか2001年、日本版401k(確定拠出年金)を即ちチャンスと捉えてマイポートフォリオの運用開始。拙コラム “ 意味深なセマンティック相場 ” で報告の通り元本500万円は10倍超となり地方都市の不動産投資に切り替え、退職、移住を敢行。當にDXデザイン思考のお陰様。

そうして岡山市へ移住した2006年以降。再就職、転職に臨むにつけ私を強かに担保してくれるのが、これまたDXリテラシー。50歳台なら極めて難しいオフィスワーク職の転職も、大企業のブランチであるほどクラウドベースのCRM/顧客管理システムやSFA/営業支援システム、MA/マーケティングオートメーションを巧みに操る即戦力が求められるがゆえに、いづれも東京本社の人財大手企業や時として国内屈指の保険会社だったり今を時めくFinTech企業でさえ年齢克服、晴れてジョイン。當にイノベーション構想リテラシーのお陰様。


石混交のサイバー空間の情報から「玉」を抽出するネット検索リテラシー

なぜ移住先は岡山だったの?と、しばしば問われる私の仮説は、この街は「やがて人々を集める素晴らしい街になる」はず、という当時の私の仮説に起因すると思われる。いちいち説明が面倒なので用意してあるトークスクリプト(シナリオ)は「海の幸と山の幸に恵まれた晴れの国で一級河川が3本もある素敵な県だから〜」という無味乾燥とした内容ながら、じゃぁそのことをどうやって知ったの?とするツッコミは未だに皆無。

前述。情報通信業界において全国主要な大市場を走り回るマーケター職を担った私は47都道府県中44の県庁所在地を訪ねていたことから、地方の主要都市の土地勘は相応にある上に、あとは言わずもがなネット検索リテラシーのお陰様。全国津々浦々成長ポテンシャルを調べ上げ、居住地の選定を終えるやいなや移住の礎となる不動産物件の竣工(約3年前に)情報をキャッチし資料請求から購入契約へ。玉石混交のサイバー空間は、チャンスとリスクが混在する表と裏と闇の3部構成だから、これからを生きる人々に問われる、ICT教育

今の私はギークでもスーツでもないけれど、どこでも心豊かに生き抜く持続可能性を担保する、DXデザイン思考を授けてくれた社会に報恩謝徳したくICT教育に関し、地域に貢献するための出番に備えています。以下は蛇足ですが、5月3日マイナポータルから不備なくインプットした特別定額給付金のアウトプットは22日後。お世辞にも実用的とは言えないシステム改修の協力は惜しまないし、マイナポイント事業のPC予約に際し、レガシーブラウザ IE11が要求される痺れる環境サポートも、ICT教育の一環として私は厭わない。

サイバー社会を東奔西走する者の使命はデジタル・ディバイドの圧縮で、暮らす地域社会に貢献したい。


GIGAスクール構想の実現に呼応する「GIGA公民館EdTech構想」

身につけたアナロジー思考からGIGA公民館EdTech構想など続々繰り出されるアイデアを恣意で終わらせず、実行さらに実現へ導く技能をイノベーション構想リテラシーと定義づける私。どうしたら手に入る?

上述。先ほど立てた問いに対して一つ、ご報告。2018年11月の拙コラム “ QRコード決済の普及率と、地方創生に垣間見る緊密な関係。もし支払額の20%が還元される観光地や商店街があったとしたら… ” エントリーから1年9ヶ月を経て、“ がんばろう岡山市!スマホ決済最大20%が戻ってくるサマーキャンペーンのご案内 ” このような形で実現をみようとする今だから。“ 遠い類推 ” が秘めている仮説の検証を始めます。

新しい生活様式に呼応する新しい公民館のあり方について調べ学習、必要な話題を検索するなかGIGAスクール構想に辿り着き、≪文部科学大臣メッセージ≫ の拝読により、DXお節介の魂に火は灯り。実現へ導くイノベーション構想リテラシーを駆使した「GIGA公民館EdTech構想」の展開を目論んでいるところ。

子供たち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育 ICT 環境の実現に向けて
〜令和時代のスタンダードとしての1人1台端末環境〜
≪文部科学大臣メッセージ≫

 12 月 13 日に閣議決定された令和元年度補正予算案において、児童生徒向けの1人1台端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備するための経費が盛り込まれました。

 Society 5.0 時代に生きる子供たちにとって、PC 端末は鉛筆やノートと並ぶマストアイテムです。今や、仕事でも家庭でも、社会のあらゆる場所で ICT の活用が日常のものとなっています。
社会を生き抜く力を育み、子供たちの可能性を広げる場所である学校が、時代に取り残され、世界からも遅れたままではいられません。

 1人1台端末環境は、もはや令和の時代における学校の「スタンダード」であり、特別なことではありません。これまでの我が国の 150 年に及ぶ教育実践の蓄積の上に、最先端の ICT 教育を取り入れ、これまでの実践と ICT とのベストミックスを図っていくことにより、これからの学校教育は劇的に変わります。
 この新たな教育の技術革新は、多様な子供たちを誰一人取り残すことのない公正に個別最適化された学びや創造性を育む学びにも寄与するものであり、特別な支援が必要な子供たちの可能性も大きく広げるものです。
 また、1人1台端末の整備と併せて、統合型校務支援システムをはじめとした ICT の導入・運用を加速していくことで、授業準備や成績処理等の負担軽減にも資するものであり、学校における働き方改革にもつなげていきます。
 忘れてはならないことは、ICT 環境の整備は手段であり目的ではないということです。子供たち
が変化を前向きに受け止め、豊かな創造性を備え、持続可能な社会の創り手として、予測不可能な未来社会を自立的に生き、社会の形成に参画するための資質・能力を一層確実に育成していくことが必要です。その際、子供たちが ICT を適切・安全に使いこなすことができるようネットリテラシーなどの情報活用能力を育成していくことも重要です。
 このため、文部科学省としては、1人1台端末環境の整備に加えて、来年度から始まる新学習指導要領を着実に実施していくとともに、現在行われている中央教育審議会における議論も踏まえ、教育課程や教員免許、教職員配置の一体的な制度の見直しや、研修等を通じた教員の ICT 活用指導力の向上、情報モラル教育をはじめとする情報教育の充実など、ハード・ソフトの両面からの教育改革に取り組みます。

 今般の補正予算案は、すでに児童生徒3人に1台という地方財政措置で講じた ICT 環境整備に取り組んできた自治体、またこれから着実に整備に取り組もうとする自治体を対象に、1人1台端末とクラウド活用、それらに必要な高速通信ネットワーク環境の実現を目指すものです。そして、この実現には、各自治体の首長の皆様のリーダーシップが不可欠です。
 この機を絶対に逃すことなく、学校・教育委員会のみならず、各自治体の首長、調達・財政・情報担当部局など関係者が一丸となって、子供たち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育 ICT 環境の実現に取り組んで頂きますよう、心よりお願い申し上げます。

令和元年(2019 年)12 月 19 日
文部科学大臣 萩生田光一


Society 5.0シティの実現に必要不可欠な「イノベーション構想リテラシー」

SDGs新しい生活様式のサスティナビリティを担保する新しい街づくりの哲学そのもので、地域の深淵に横たわるディープイシューを解決する技術の一つはDXであって、教育機関としての公民館が次の世代にとって有用であるには、どの時代においても安定的に社会イノベーションを涵養する創造拠点であることが重要。

岡山市政は大正・昭和のレガシーシステムである路面電車を延伸する馬鹿げた事業は即座に取り止め、GIGAスクール構想の実現前倒しのための予算の再配分が急がれましょう。イノベーション構想リテラシーを駆使することで、ピンチの顔をしてやって来るチャンスをモノにするのがDX技術を磨いて生き抜く私の使命…。

世界の教育ICT利用率ランキングで日本はOECD加盟国の中で最下位なれば、岡山令和刷新事業に勤しむ私。≪文部科学大臣メッセージ≫ に読むように、子供達はもとより人生100年時代に暮らす私達は仕事でも家庭でも、社会のあらゆる場所で ICT の活用が日常のものとなっており、そうした社会を生き抜く力を育むことこそ ICT 教育の目指すところ。教育機関としての既存の公民館が新しい生活様式を抱擁できる、より豊かな Society 5.0シティを創造する未来の教室であるための「GIGA公民館EdTech構想」を共有します。


ピョンと噺は飛んで、Society 5.0に臨む私がスーパーシティ岡山の実現を目論み自治体に向けて放ったOMO作品の新作は『地方議会のトリセツ』で、岡山市議会へ提出(郵送)した陳情第18号は、いつになく不採択ではなく継続審査と相成りました(嬉)。従い報恩謝徳、異能β 0 to 1チャレンジを継続いたします。

2020年7月5日 緊急報告: 岡山市議会Webサイト 請願・陳情の議決結果を閲覧の後、問い合わせたところ、未採決の「スーパーシティ」構想に関する陳情第18号は継続審査であることを確認いたしました。スーパーシティ岡山プロジェクトの実現に向けて精励するとともに、無念にも不採択となった陳情第14号ならびに陳情第20号に関連し、特定企業ファーストの岡山なれば “ 告白ドミノ ” の可能性も排除することなく、地方議会の刷新を更に厳しく進めることを、お誓いいたします。

令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『異能ベータープログラム』からの再掲ですが、「スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > DXデザイン思考イノベーション構想
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山芸術創造劇場を「週末の風呂」「我田引水」よもや「腐った楽園」にさせない OMOアートふたたび。 Created by DX構想アーティスト.

アナロジー思考から鑑みる “ 遠い類推OMOアート論のページ

岡山市のBRT化の兆し
末の風呂と揶揄される岡山市の芸術事業

岡山芸術創造劇場(仮称)整備が穏やかに進行している雰囲気を、秋田公立美術大学アーツセンターあきた、引き続きアーツ前橋を視察なされる独創の森山市議のFBフィードから類推している私。そのとき、書き込まれた各種ご意見を拝読するなか咄嗟に推察したのは、「芸術」と「娯楽」を明確に区別し、社会的な目的を理解なされる方は殆どいらっしゃらないのではなかろうか、ということ。

岡山市の街の文化レベル(民度)の低さ岡山市長選挙投票率が 28.35%であること、待機児童数は常に全国ワースト屈指でありながら首長リコールに発展しないこと、極めつけは大正・昭和のうちに廃線されているはずの路面電車を驚く勿れ延伸しようとする事業の進捗等に鑑み推測は難くないけれど、それでも岡山市議会議員の森山 幸治さんが危機感を募らせるように、岡山市のアート事業の見直し立て直しは待ったなし。


「芸術」と「娯楽」を明確に区別する技芸の基本を身につけた市民が岡山芸術創造劇場(仮称)を監視しなければ、天下り連を癒やす週末の風呂は増えるばかりか、あいちトリエンナーレの悲劇をなぞることになりましょう。毎度お馴染みの顔ぶれで構成された NPO法人アートファームという団体の関与も、注視が必要。


SDGs新しい生活様式のサスティナビリティを担保する新しい街づくりの哲学そのもので、地域の深淵に横たわるディープイシューを顕に炙り出す表現手法の一つが現代アート(あるいは超現実主義)であって、岡山芸術創造劇場(仮称)が次の世代にとって有用であるには社会イノベーションを育む創造拠点に仕上げることが重要。そのときOMOアートの実装をもって、ピンチの顔をしたチャンスをものにするのが私の使命…。


ーカルエリートが我田引水に勤しむアートビジネスの危険性

札幌〜東京〜大阪を経て2006年、岡山へ移住した私。2010年の時点で既に閉塞社会の力学に感づいていたものの、OKAYAMA AWARD(オカヤマアワード)を喧伝する報道に接するやいなやムラの論理の深淵さを再認識。ムラ社会の舎弟関係構築システムにストップをかけるとともに旧態依然とする社会階層を創造的に破壊しなければ、この街は、恵まれた天然リソースや交通の要衝としてのアドバンテージを活かして人々を集めるどころか、県都であるがゆえ岡山県の資産価値を減損させることになる。急ぎ OMOアートの先駆者が立ち上げたFBページは、岡山芸術交流 Okayama Art Summit 開催応援まとめ “ 言論の不自由展・その後 ”

行政主導の芸術事業に関わる税の配布先は事前に決められていて、自信をもって「必ず」と言い切れるほど税の無駄遣いリスクを孕んでおり、コラム “ アートと地方の危険な関係〜「アートフェス」はいつまで続くのか? ” が指摘するように、ローカルエリートヒエラルキー再編の手口はワンパターンで、下記の通り。
地方を「大都市」に従属させる構造的問題P6.より引用

この「承認のゲーム」は、アーティストにとって死活問題となるだけではない。より広くみれば、それは地方に国家や大都市の価値観やイデオロギーを持ち込む機会になっている。

大枠としていえば、アートフェスティバルの多くは、大都市からやってきたプロデューサーやキュレーター、または中央とのパイプを持つ地元政治家や自治体職員が、学生ボランティアや住人を動員するというかたちで動いていく。

アートフェスティバルはそうしてローカルエリートたちのヒエラルキーを再編し、強化する機会となるのだが、では、そもそもなぜ別の場所ではなく、その地方や地方都市でアートフェスティバルがひらかれるのだろうか。

その答えは、究極的には「大都市」の都合によるというしかない。

「大都市」に集まる権力や資本や広告代理店、メディア、観客が望むものを与えること。それが他の場所ではなくその場所に補助金が投下され、多額の投資を呼び寄せ、結果として多くの観光客を招く秘訣になっている。

問題は、そうしてアートフェスティバルが開かれていくなかで何がみるに値するアートかどうかを選択する権利が、「大都市」(またはその傀儡としてのキュレーターやローカルエリート)にますます委ねられることである。


傀儡市政と民間事業者の結託による岡山芸術交流は、偏向メディアセルフブランディングに加担することで偶像としてのローカルエリートを輩出したり、少なくはない自治体職員がアートフェスに動員されるばかりか平成31年度当初予算 主要事業の要求一覧 岡山芸術交流 2019(Okayama Art Summit 2019)180 百万円を拠出させられたり市民にとっては損失だらけで、仕掛け人は我田引水やりたい放題。「芸術」と「娯楽」と同様、「事業」と「策略」を判別できない岡山市民を容易く手玉に取るアート事業は、げに怖ろしい。

SDGs新しい生活様式のサスティナビリティを担保する新しい街づくりの哲学そのもので、地域の深淵に横たわるディープイシューを顕に炙り出す表現手法の一つが現代アート(あるいは超現実主義)であって、岡山芸術創造劇場(仮称)が次の世代にとって有用であるには社会イノベーションを育む創造拠点に仕上げることが重要。そのときOMOアートの実装をもって、ピンチの顔をしたチャンスをものにするのが私の使命…。


ァンタジックな芸術論を語りあうだけで死んでいける腐った楽園

上述タイトルは、私淑してやまない橘玲さんの日々刻々『日本の美術界は「腐った楽園」』からの引用で、拙ブログ「Beyond下剋上のイノベーション。腐った楽園のディープイシューを解決に導き蘇生する、Withコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)」でも紹介した名コラムの一作ですが、文中に読む村上隆さんの言説『エセ左翼的で現実離れしたファンタジックな芸術論を語りあうだけで死んでいける腐った楽園』は、今日の岡山市の芸術レベルの正鵠を射抜く、これぞ社会の深淵な部位を描写した紛れもない現代アートの名作。

 日本の美術業界のこうした構造を歯に衣着せずに批判したのが現代美術の村上隆氏で、「エセ左翼的で現実離れしたファンタジックな芸術論を語りあうだけで死んでいける腐った楽園」と形容しました(『芸術起業論』)。「芸術家とは芸術によってカネを稼げる人間のことだ」とする村上氏が、日本の美術界で嫌われるのも当然です。

 日展は、「内閣総理大臣賞」のような国家の権威を利用して大規模なビジネスを行なってきました。師弟関係で部外者を排除し、受賞歴によって階級が上がっていくムラ社会にあるのは、仲間内の自己満足(マスターベーション)だけです。

 開かれた世界(市場)との回路を閉じてタコツボ化した組織は、必然的に腐っていきます。その気になって探してみれば、あなたのまわりにも同じように「腐った楽園」がいくらでも見つかるでしょう。  『週刊プレイボーイ』2013年12月2日発売号

SDGs新しい生活様式のサスティナビリティを担保する新しい街づくりの哲学そのもので、地域の深淵に横たわるディープイシューを顕に炙り出す表現手法の一つが現代アート(あるいは超現実主義)であって、岡山芸術創造劇場(仮称)が次の世代にとって有用であるには社会イノベーションを育む創造拠点に仕上げることが重要。そのときOMOアートの実装をもって、ピンチの顔をしたチャンスをものにするのが私の使命…。


ピョンと噺は飛んで、Society 5.0に臨む私がスーパーシティ岡山の実現を目論み自治体に向けて放ったOMO作品の新作は『地方議会のトリセツ』で、岡山市議会へ提出(郵送)した陳情第18号は、いつになく不採択ではなく継続審査と相成りました(嬉)。従い報恩謝徳、異能β 0 to 1チャレンジを継続いたします。

2020年7月5日 緊急報告: 岡山市議会Webサイト 請願・陳情の議決結果を閲覧の後、問い合わせたところ、未採決の「スーパーシティ」構想に関する陳情第18号は継続審査であることを確認いたしました。スーパーシティ岡山プロジェクトの実現に向けて精励するとともに、無念にも不採択となった陳情第14号ならびに陳情第20号に関連し、特定企業ファーストの岡山なれば “ 告白ドミノ ” の可能性も排除することなく、地方議会の刷新を更に厳しく進めることを、お誓いいたします。

令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『異能ベータープログラム』からの再掲ですが、「スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山芸術創造劇場 Okayama Creative Theater
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

東京一極集中クライシスと、遠い類推。「グローバル拠点都市」東京都は現実的ではないが、「スーパーシティ」岡山市は拡張現実的ではある。

アナロジー思考から鑑みる “ 遠い類推構想アート論考のページ

『 拡張現実的 』 川田十夢さん
に落ちた『 拡張現実的 』by 川田十夢さん.

今年1月のコラム “ グーグルが「一流と凡人」を見分ける、たった1つの違い ” を何かで読み返した私は、あらためて「遠い類推(かけ離れた物事をつなげる発想)」を身に纏う人財とは?を禅問答の如く繰り返す中、県立図書館で借りザザッと流し読みした本の著者こそ紛れもなく、シリコンバレーのレジェンド『1兆ドルコーチ』と称賛されるビル・キャンベル氏の御眼鏡に適う人物であろうと推定的に断定。

そのズバ抜けた人財はAR三兄弟を立ち上げた川田十夢さんで、タイトル『拡張現実的』を開いて飛び込んできた目次に踊るテーマと小見出しに私は、しばし釘付けになったりも。なにわともあれ川田十夢さんは、近未来をアリアリ描き見つめている人だと決めつけ検索クエリ「川田十夢」をクリック忽ち。

通りすがりの天才・川田十夢さん拡張現実的

そうして今朝のダイヤモンド社コラム “ コロナ後に人の心は変わるのか?「後悔しない生き方」を選ぶ人の条件 ” に接し下記コメント投稿した内容は、【 Beyondコロナの死生観を磨く日曜オススメの一冊

ですから、いつ死んでもなるべく後悔がないように、生き方、働き方を根本的に考え直す人も増えると思います――(P.2)。
1円の得にならないばかりか「へんな人」のレッテルを貼られるのがオチだけど、それでも徳業だと自分に言い聞かせ、地方議会の刷新に挑む偏屈な私でさえ、精神科医Tomyさんの死生観に激しく共感。もう一つ、

そういう意味では、東京のような都会で人工的なものに囲まれて孤独を感じている人より、もともと人が少ないけど自然豊かな田舎で暮らしている人のほうが、地に足のついた生活をしている印象がありますね――(P.3)。
札幌から上京、東京〜大阪ベースに25年。全国主要都市を東奔西走したマーケター職の私が選定した移住先は岡山県岡山市で、地方都市に潜んでサイバー空間から世界と東京の遷移をウォッチしてきたので、精神科医Tomyさんの言説に共鳴しきり。Withコロナで右往左往する、辣腕のコンサルタントさんや著名な有識者諸氏を少なからず散見するものの、残念なことに「食料自給率」からBeyondコロナの『東京一極集中クライシス』を鑑みるツワモノは見当たらず。なればこそ私は、

「スーパーシティ」構想の実現に臨み、新しい生活様式に必要不可欠なデジタルトランスフォーメーション技術に磨きをかけたりも。田舎暮らしはノンビリか?と問われるなら、十人十色と答える私。想い起こさば移住のトリガーは水疱瘡(ごとき)で、それでも生死を彷徨った経験があり、地域社会を健やかに刷新しようとする徳業の志もまた、その頃に研ぎ澄まされた死生観の賜物。社会貢献事業は日々の充実を担保してくれるけど、ノンビリとは程遠く(;・∀・)。そうやって、

「後悔しない生き方」を選ぶためには、即ちベースとしての死生観を洗練し、人生100年時代のマイライフワーク(私の使命と志)を確立するのがベターかと存じます。お時間ある時よろしければ!


ということで通りすがりの本、出会い頭のコラムをつなげることで炙り出されたディープでフェイクな私のブログエントリーも現実的ではないが、拡張現実的ではある。かも知れないとするならば、あるあるスーパーシティ岡山インキュベーションプログラム。拡張現実的だった新しい生活様式の中で、それは現実になる。


界と伍するスタートアップ・エコシステム拠点都市の形成

そうするなか一昨日の産経新聞Web記事 “ 《独自》日本版シリコンバレーへ 政府が東京・横浜など4都市圏を選定 ” に接し下記コメント投稿した内容は、【 急がれるローカルハブ岡山スーパーシティ構想

グローバル拠点都市こそ地方に構築されるもの(ローカルハブ)で、新しい生活様式が督促するスーパーシティ構想の一翼は、例えば、スーパーシティ岡山構想。国と国民わたし達は東京一極集中の延長線上に、よもやシリコンバレーの模倣の先に豊かで健やかな Society 5.0 は存在し得ないことをアリアリと認識し、新機軸の構築に着手することが国家的急務なのだと確信します。ローカルイノベーション、その実現は私の使命。お時間ある時よろしければ! ← 7月11日 NewsPicks および LinkedIn に投稿した内容ここまで。


そうやって、持続可能な開発目標(SDGs)11「都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする」を中心に据えて、Society 5.0に臨むスーパーシティ岡山の実現を目論み地方公共団体と連携したく放った画策が『地方議会のトリセツ』で、岡山市議会へ提出(郵送)した陳情第18号は、いつになく不採択ではなく継続審査と相成りました(嬉)。従い報恩謝徳、0 to 1チャレンジを継続いたします。

2020年7月5日 緊急報告: 岡山市議会Webサイト 請願・陳情の議決結果を閲覧の後、問い合わせたところ、未採決の「スーパーシティ」構想に関する陳情第18号は継続審査であることを確認いたしました。スーパーシティ岡山プロジェクトの実現に向けて精励するとともに、無念にも不採択となった陳情第14号ならびに陳情第20号に関連し、特定企業ファーストの岡山なれば “ 告白ドミノ ” の可能性も排除することなく、地方議会の刷新を更に厳しく進めることを、お誓いいたします。

令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『異能ベータープログラム』からの再掲ですが、「スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > スタートアップ・エコシステム拠点都市
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ